京都旅1・嵐山の喫茶店で劣等感の話

07 27, 2017
7月25日(火)。
11時34分、京都駅に到着。
改札前でKYONと合流。
毎度のことながら、今回の旅のコースも京都人のKYONに完全にお任せする。私は川の流れに身をまかせる葉っぱ、もしくは海の波に身をまかせるクラゲ、もしくは風に身をまかせるタンポポの綿毛・・・とにかくそういう心持ちで、KYONという流れにプカプカついていくことにする。

京都駅前のホテルに荷物を預け、身軽になったところでJR嵯峨野線に乗車。
13時過ぎ、嵯峨嵐山駅に到着。

嵐山か・・・嵐山といえば、渡月橋にしか行ったことがない。今回も渡月橋に行くのかな?
・・・と思ったら、橋ではなく、たどり着いたのは喫茶店だった。綿毛、喫茶店に運ばれるの巻。

コーヒーショップ・ヤマモト。

嵐山で渡月橋ではなく喫茶店、って、なんだか贅沢。

腹ごしらえだね。

落ち着いた雰囲気。

店内では新聞を読みながらコーヒーを飲んでいる地元のおじさんたちの姿もちらほら見られ、まさに、「生活に根付いた喫茶店」という感じ。いいなぁ。

和牛カツサンドを注文。

お肉のジューシーさがたまらない。

飲み物はアイスレモネード。

のんびり飲みながら、「劣等感」について話す。
劣等感と優越感って表裏一体で、どちらかしか持っていない、ということはありえないんだよね・・・という話。
「私はコレを持っている。あの人は持っていないけど」「他の人のアレより、私のコレの方がマシ」「あの人ってかわいそう・・・コレを持っていないなんて」という「人と比べようとする心」があると、その裏側には必ず自信のなさというか、劣等感があって、その劣等感が優越感を生み、自分よりももっと素晴らしいソレを持っている人が現れたら今度はその優越感が劣等感に変わる、というサイクル。劣等感が優越感に変わり、優越感が劣等感に変わり・・・終わらぬサイクル・・・

私にもたくさん劣等感があるけれど、でもそれって、結局相対の世界でこそ生まれるものだから、環境次第ではそれが優越感に変わって、上から目線でものを見てしまうことになるんだろうな、と。いや、今だって、あるところでは上から目線、あるところでは下から目線、で、ものを見ているな・・・としみじみ思った。かなしい色眼鏡。目が曇る。そして目が曇ると、まわりを批判したくなったり、裁きたくなったり、または自分を救世主と勘違いして救いたくなったりしちゃう。お前はマトリックスのネオなのかと。

別に優越感も劣等感も悪いものではないし、それが原動力になって大きな仕事を成し遂げる人もたくさんいるけれど、KYONと話したのは、そのどちらも持たない人、人と比べる心がない人、を見ると、とてつもない大きさを感じるよね・・・と。
どの面にもこだわりがない人なんてなかなかいないけど(そうなるともはや仏陀)少なくとも、自分がこだわっているソレについて、何のこだわりも引っかかりも持たない人を見ると、なんだか救われる気がする。もう比べなくていいんだ、と、教えてもらえたような気持ちになる。

と、会って早々劣等感トークに花を咲かせたところで、喫茶店を出て、こちらの古本屋さんへ。

LONDON BOOKS。

こちらでは、京都発の小冊子『シネマアピエ』を購入。

アピエシリーズはかなり好きなんだけど、関東ではなかなか手に入らなくて。
今号のテーマは『世界旅行』。映画でする世界一周・・・素敵なエッセイが詰まった一冊。

この後、今度は天龍寺へ向かう。

つづく。

真夏のゲームに心奪われ

07 25, 2017
ひとつ前の長野・新潟旅日記を書き終える前に、もう次の旅が始まってしまった・・・(今は京都に向かっている新幹線の中)

まぁいいや。この前の旅日記の続きはまた今度書くことにして、今日からは京都日記を書くことにしよう。

今はこだまに乗ってるので、京都に着くまで結構時間がかかるので、ちょっと最近興奮したことでも書いとく。

最近・・・そう、最近は、あまりの暑さに身も心もグデグデ気味になっていたんだけど、そんな中、グデグデも吹っ飛ぶような興奮的な喜びを与えてくれたイベントがあった。
それは、

都市対抗野球!だよ!

一昨日、朝から東京ドームへ観に行ったんだけど、第1戦目の『JR東日本(東京都)VS 東芝(川崎市)』が、もう、好ゲーム過ぎて、久々に野球で打ち震えた。

私たちは東京都代表のJR東日本側応援席で観戦してみた。

無料で入れる上、応援用のタオルなんかももらえる。(その分しっかり応援させてもらった)
別にJR関係者でも何でもないけど、なんとなく・・・JR東日本さんにはたくさん貢がせてもらってますのでね・・・

東芝側も盛り上がっていた。

とは言っても、応援席はJR東側は完全に埋まっているのに対して、東芝側はかなり少なめ。一見さみしいけど、でもそれを見て、「これは・・・東芝が勝つかも」となんとなく予感した。東芝は企業的にも今はいろいろ大変な時だし、応援席も少ない。でもそんな要因が逆境となって、意外と粘り勝ちしたりするんだよね・・・と思っていた。

そしたら、本当にやりよった!
JR東が先行して点を入れるたびに、東芝も点を入れては追いつく、ということを繰り返し、結局9回、10回、11回・・・と延長しても決着がつかなかった。
そして12回。とうとう『タイブレーク』発動。

1アウト満塁からスタートするという。打順も選択制。こんなの初めて見た!

このタイブレークになっても両者とも粘りまくったんだけど、その粘り合いの結果、5-4で勝ったのは、東芝。ブラボー・・・

いやーもう、最高のゲームだった。おじさん感動した!!(おじさんじゃないけど、この時気分は完全におじさんになっていた)

また、応援合戦も楽しくて、企業の個性が出ていた。
JR東は新幹線まで出てきた。

ずるい

あと、制服で踊ったり。(写真は東京ドームに展示されていたもの)

ずるいずるい

・・・それにしても、応援団やチアガールって、なんか素敵だよね・・・いやもう、昔っから素敵だった。中学の時とかでも、応援団に入る子達は、なんというか、Aグループの人たちだった。目立っていて、スポーツ万能で、恋愛していて・・・という、Aグループ。
一方、Bグループ出身の私たち夫婦・・・大人になった今でも、応援団やチアガールの皆様を羨望の目で眺める。


いや~ほんと、面白かった。都市対抗野球、いいね。夏の楽しみが増えた。
昔、ジャイアンツのファンクラブに入って東京ドームに通っていた頃のことを思い出した(約20年前)。あの頃の私、携帯にジャビット君のストラップ、つけてたな・・・

-----

さて、今(9時10分)私の乗っているこだまは、新富士駅に停車しているところ。
京都はまだまだ先だ。

ちなみに今回はなおやんは一緒ではない。
京都旅は毎回KYONとの会合を兼ねているわけだけど、今回も例に漏れず、そう。

しかしなおやんもたまたま今日からお休みなので、私が京都に行っている間に彼もどこかに行くんだろうな・・・と思っていたら、今朝5時半頃、
「じゃ、大分に行ってきまーす!」
と言って、私よりも先に家を出ていってしまわれた。九州か・・・
2 CommentsPosted in 日記

長野新潟2・クワッとしたお顔

07 15, 2017
ひとつ前のつづき。朝イチの新幹線に乗って一人長野に向かっているところから。なおやんとは別行動中。

7時38分、長野駅に到着。
眠い目をこすりながら在来線乗り換え改札を通ると、 そこになおやんがいた。なおやんは昨夜、夜行列車『ムーンライト信州』で松本まで行き、朝も早よから松本周辺をウロウロ乗り鉄した後、長野までやってきたらしい。
「久しぶり~」
「昨日の夜ぶりだね~」
と(適当に)再会を喜び、ホームにある駅そば屋さんへ行く。

蕎麦処しなの。今日の朝ごはんはお蕎麦だ。

二人ともかけ蕎麦280円を注文。

暑い中、熱いお蕎麦をすする。もちろん、八幡屋礒五郎の七味をかけることを忘れない。
やっぱり長野の駅そばはハズレがない。朝から美味しいお蕎麦、いただきました。

ちょうど食べ終わった頃、これから乗る臨時快速『北アルプスいろどり』が入線してきた。

でた、「クワッ!」とした顔。


走るフリーザ様。

このクワッとしたお顔の車両が、今回乗る「彩(いろどり)」。

これに乗って、長野から白馬まで行くのだ。

中は、コンパートメントになっている。


海外の列車みたい。

私たちが乗るのはコンパートメントの方ではなく、こちらの座席車両。

3列シートでかなりゆったり。広い席にのびのび座る。気持ちよくて寝そう・・・広い椅子の包容力って、すごい・・・

8時01分、長野駅を発車。

いってきまぁす

窓が広く、景色もよく見える。


白馬まで約3時間。のんびり車窓を楽しむとする。(でも椅子が気持ちよくて寝ちゃうかも)

つづく。

長野新潟1・ものすごく眠い

07 15, 2017
おはようございます。
今朝は4時に起きて、5時過ぎに家を出て、そして先ほど、東京駅から6時16分発の『かがやき501号』に乗ったとこ・・・


金沢まで行きたいところだけど、今日は長野で降りる。

実はなおやんとは別行動中で、今も一人で新幹線に乗っている。
なおやんは昨日の夜、ムーンライト信州に乗って先に行ってしまわれた。

最初、なおやんからは「ゆかりこもCoccoのライブが終わったらそのままムーンライトに乗ればいいじゃない」と言われたけど、昨日は朝から仕事→ライブときて、その後夜行列車?!そして長野から先も乗り鉄三昧?!となると、さすがに身体がキツイし、それに、汗だくなのにずっとシャワーを浴びないってのもツライので(自分だけでなくまわりもツライだろう、いろんな意味で)、ムーンライトはお断りした。

というわけで、私は一晩家で寝てから、朝イチの新幹線に乗って長野を目指すことにしたんだけど、昨日のCoccoのライブの余韻が自分の中で大変なことになっていて、もう興奮が収まらず、結局昨日も寝たのは3時頃。そして起きたのは4時。まともに寝ていない。眠い・・・眠いよぉぉぉ何の苦行だよぉぉ

何も食べずに出てきたので、とりあえず、家から持ってきた『ブルース』を一切れ食べる。

沖縄で買ってきたカステラ、『ブルース』。ちょっとモチっとしている。

さて、今日は長野に着いたら、また何かに乗るらしい。(何に乗るか聞いたけど、忘れた)

あー眠い。ちょっと寝よう・・・しかし長野なんて超近いので、いくらも寝てられない。4時間くらい乗りっぱなしでもいいくらいなんだけど・・・

では、おやすみなさい。

つづく。

「逃げてもいいよ」Coccoライブ2日目

07 14, 2017
はい、今日も行ってきました、Coccoの20周年記念ライブ。

今日は「ニの巻」の方。
一昨日の「一の巻」の方は活動休止前のサポートメンバーが演奏していたけど、今日はメンバーがガラッと変わって、現在のツアーメンバーが中心。

よって、セットリストももちろん一日目とはかなり変わっていた。
そして何よりもびっくりしたのは、Cocco自身の印象も、一昨日のライブとは大きく大きく変わって見えたこと。
なんというか、今日の方がずっとずっと自由だった。
一昨日は「彼女はいったい何を降ろしているのだろう・・・(巫女的な意味で)」とちょくちょく思いながら聴いていたんだけど、今日は、最初からもう、「Cocco自身が歌っている」と感じた。すごく楽しそうで、幸せそうだった。

完全に私の主観だけれど、一昨日はやはり、初期からのファンたちの期待や思い(「Coccoの昔の曲に救われた」「昔の曲が好き」という思い)をどこか背負いつつ歌っているという感じがした。
でも、1日目の最後に『もくまおう』を歌ったことで、Coccoもみんなも自由になった気がする。

あなたにあげたいもの
独り集めて 背負った
わたしが欲しかったのは
あなたを守る力

変わっていく私を
笑ってもいい

変わらない想いを
覚えていて

(『もくまおう』より)

誰かに対して「変わらないでいてね」「ずっと昔のままでいてね」「ずっと、私が好きなあなたのままでいてね」と望むのはエゴで、みんな、変わっていくもんだよね。何もかも、諸行無常だ。

というわけで、この『もくまおう』から続く、今日の「ニの巻」は、もう最初からCoccoの歌声にもものすごい解放感があった。大人になり、自由になったCoccoの姿があった。
客層も、(ステージから客席を見たCoccoさん曰く)一昨日と比べたら若返っていたみたいだし、バンドメンバーも一昨日のベテラン勢とは対照的に、若く、勢いのある面々。一昨日はどこか「みんながCoccoを見守る」感じだったけど、今日は「Coccoがみんなを見守る」になっていた。

MCではこんなことを言っていた。

「15歳の時、まわりの大人たちに『逃げるな』って言われたけど、自分は『逃げてもいいよ』って言える大人になろうと思った。大事なのは、生きることだから。」

「もし周りの大人たちに『逃げるな』と言われ続けても、Coccoは『逃げていいよ』と言ってたなって、どうか覚えていてね」

・・・きっと、今悩んでいる若い人たちへのメッセージなんだろうけど、すみません、なぜか私も、ここで号泣してしまいました・・・(すでに散々逃げ済みだが)

そして、私の周りに座っていた男性陣(みんなおひとりさま)も、泣いていた・・・。私の右側の席にはロマンスグレーのナイスミドルのおじさまが座っていたんだけど、彼はすでに一曲目の『焼け野が原』から泣いていて、そしてMCでは我慢ならず号泣、という感じだった。おじさまの中のいったい何が、そんなに反応しているんだろうか・・・と、ちょっと気になった。


さらに、後半のMCでは、

「「歌に励まされた」「救われた」という言葉をもらったりするけど、こー(※Coccoさん、自分のことを「こー」と言います)の歌に力なんてなくて、もし力をもらったって思ってくれるなら、それは、それを受け取る力がある、あなたが凄いの。こーの力ではなく、みんなの力なの」

という意味合いのことを言っていた。はい、号泣。
そして、

「だからもう、誰かの為とか何かの為とか、そういう恩着せがましいことじゃなくて、こーはただ、歌えばいいんだよね。なんていうの?こーは他力本願で、みんなは自業自得?・・・なんか言葉の使い方、ちがうか?」

と言っていた。はい、笑いながらもまた号泣。隣のナイスミドルも号泣。

なんかもう、Coccoって嘘がないんだよね。嘘、つきたくてもつけないんだと思う。
アーティストの中には、「うまく表現しよう」「人とは違うことをやろう」「どういう風に表現すればいいだろうか・・・」と、意志を持って、何かを「表現しよう」とする人もいるけど(それはそれでいいと思う)、Coccoの場合は「何かを表現しよう」ではなく、ただ、「生きている」という感じ。その時の、そのまんまの自分を、みんなに見せてくれている。だから惹かれるんだよね・・・


いやーもう、これ以上ないほど素晴らしい武道館ライブだった。本当に。
ちょっとしばらくは、沖縄&Cocco沼にハマってしまいそう・・・

(しかし、明日は朝イチ新幹線で長野だよ・・・なんなんだろうか、このせわしない日々は)
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (39)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (27)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (619)
2017年07月 京都 (1)
2017年07月 長野・新潟 (2)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎・東京湾フェリー (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総乗りつくし旅 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠・仙台七夕祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系ラストラン (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・フェリー・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム