四国岡山旅13・道後でスタバ

04 22, 2018
四国岡山旅2日目のつづき。道後温泉をブラ歩き中。『魚武』で夜ごはんを食べたところから。

4月10日。
19時30分。伊予鉄道の道後温泉駅へ。

明治洋風建築の駅舎が一棟そのままスタバになっている。

昨年末にオープンしたばかりのこのスタバ・・・2階が洋館風になっていて、なかなか素敵。

そしてこの洋館スタバに宿の浴衣姿でそのまま入った私たち・・・私たち以外、浴衣の人はいなかった。浮かれているのは私たちだけか。

でもまぁそもそもお客さんはほとんどおらず、浮かれている私たちが浮くほど人がいなかったので良かった。ほぼ貸切状態。


静かで心地いい。

窓際席に座り、なおやんはスタバラテ、私は抹茶ラテ、あとはザッハトルテを二人でつつく。

浴衣でスタバ。乙なもんです。

窓からは道後ハイカラ通りが見える。

・・・と、窓の外を眺めたり、お互いの顔を見たりしながら、ゆっくり過ごす。
しかし、しみじみ顔を見合っていたら、なんかお互いのホクロの位置が気になってきて、急にホクロ占い大会が始まった。

私のホクロをネットで占ったところ、
「お金のない人や家庭に縁がある」
「自分に自信のない人が多い」
「セクハラに注意」
と、良いこと無しだった。

一方、なおやんのホクロは
「負けず嫌い」
とのこと。たしかに、世間に対してはそうでもないけど、私に対してはものすごく負けず嫌いなところがある。この前、なおやんが洗濯物を干すところを後ろからそっと眺めていたら、一番日が当たるところにたまたま私の服がかかっていたのに、それに気づいたなおやんは私の服を奥の方に追いやって、その一番良い場所に自分の服を掛け直していた。日当たりまで負けず嫌い。


20時20分。ホテル『道後やや』に帰還。
エレベーター前のおもてなしデスクには、豚汁が用意されていた。

かつおダシの手作り豚汁。

お部屋でさっそくいただく。

美味しい~!ご飯が欲しくなる。

と思ったら、21時、今度は鯛めしのおにぎりが用意された。

夜に食べるおにぎり・・・受験生のお夜食みたいで心ときめく。この鯛めしおにぎりと豚汁の組み合わせがまた絶妙で、最高のお夜食になった。


22時。道後温泉本館へ。やっとお風呂に入る。

去年入った時はものすごく混んでいたので、私の中で「道後温泉=芋洗い」という印象がついていたんだけど、今回は驚くほど人がいなかった。女湯は5人くらい。男湯の方は貸切状態の時間もあったらしい。閉館ギリギリの時間だったからかな(札止めは22時半)。快適にお湯につかれた。

この後、宿に戻ってぐっすり就寝。

これにて2日目終了。
最終日の3日目は、またサロンカー伊予路に乗って岡山へ戻る行程。

四国岡山旅12・道後の夜ごはん

04 22, 2018
四国岡山旅2日目のつづき。松山に到着後、道後温泉の宿にチェックインしたところから。

4月10日。
18時半。部屋で浴衣に着替え、夜のおでかけ開始。
まずは共同浴場・道後温泉本館へ。

夕方は温泉は混んでるかもしれないので(去年はものすごく混んでいて芋洗い状態だった)入るのはもっと遅い時間にして、今は建物をしみじみ眺めるだけにしておく。

なんというか・・・建物からプライドを感じる・・・ひしひしと。


重要文化財なのに現役ってところがかっこいい。イキイキ文化財。
この建物を見ると『千と千尋の神隠し』の油屋(湯屋)を思い出す。八百万の神々が疲れを癒しに集まる油屋・・・この道後温泉にも集まってるかもね、神様たち。

18時40分。夜ごはんタイム。
今回は道後ハイカラ通りの端っこにある『魚武』に入ってみることにした。

伊予の郷土料理が食べられると聞いて。

ボックス席に座り、まずは『鰆の焼霜造り』を味わう。

鰆を刺身で食べることなんてなかなかない(少なくとも家では食べない)ので、じっくり味わって食べる。と言いつつ1分で食べ終わる。

次。宇和島風鯛めし。

もう、これは外せないでしょう・・・愛媛に来たら絶対食べる。

ご飯の上に鯛をのせ、玉子入りのダシをご飯にかけ、薬味をのせる。

美味しい・・・卵かけご飯と漬け丼が大好きな私にとって一石二鳥の食べ物。

あとは、瀬戸内真蛸天ぷらをつまむ。

細かいぶつ切りで来るかと思いきや、大きめの薄切りで来たので、ちょっと驚いた。タコのお刺身がそのまま天ぷらになった感じ。


お腹いっぱいになったところで、お店を出て、今度は道後温泉駅舎にできたというスタバへ行ってみることに。

つづく。

四国岡山旅11・お宿『道後やや』

04 18, 2018
四国岡山旅2日目のつづき。松山に到着後、路面電車で道後温泉に向かっているところから。

4月10日。
17時45分。道後温泉駅に到着。

明治洋風建築のシックな駅舎。昨年末、この駅舎にスタバがオープンしたというのを聞いて気になっていた。また後でお茶しに来よう、と話す。

道後ハイカラ通りを抜けて、まずは本日の宿へ向かう。

みかんスイーツと坊っちゃん団子の誘惑に負けそうになりながらも、なんとか進む。

商店街に住んでいる猫さんたちに挨拶しつつ・・・

猫がいる商店街はどこも元気。まさに招き猫だね。

本日のお宿『道後やや』は、道後ハイカラ通りから少し歩いたところにある。

ふふ・・・このホテル、いろいろすごいのだ。

まず入ってすぐ、フロントの前には夢のような蛇口が。

みかんジュースがドバドバ出てくる蛇口!しかも、3種類のみかんジュースの飲み比べができるときた(温州、清見、不知火)。

お部屋に上がる前にさっそく飲み比べてみる。

なみなみと注ぎましてっと・・・。
全部それぞれ美味しいけど、私は温州(甘め)、なおやんは不知火(すっぱめ)が好きと判明。
(この後も、フロントの前を通るたびに蛇口を回してグビッと飲んだ。「不知火と清見のミックス」とか「温州と不知火のミックス」とか、自分たちでブレンドまで試したり・・・やっぱり「蛇口からジュース」って子供の頃からの夢だから、どうしたってテンションが上がってしまう)

さらに、このみかんジュースの蛇口コーナーのお向かいには、今治タオルバーがある。

外湯専用の貸出タオルで、10種類の中から好きな肌触りのタオルを選んで、温泉に持っていける。

触ってみると、ふんわり系やハード系、薄め、厚めなどなど、いろんなタオルがあって面白い。

奥深い今治タオルの世界・・・。
ちなみにお部屋に備え付けのタオルももちろん今治タオル。ゼータクなこった。

さてさて、そろそろお部屋に上がるかね・・・と思ったら、エレベーター前におもてなしデスクが!

時間により、さまざまなおもてなしが用意されているという。

18時の時点では、みかんヨーグルトが用意されていた。

愛媛のみかんがたっぷり入った手作りヨーグルトドリンク。もちろんグビッといただく。

そしてやっとこさお部屋へ。

リーズナブルなダブルルーム。・・・ルームっていうか、部屋がベッド、ベッドが部屋、というくらいのコンパクトさだけど、まぁ寝るだけなので無問題。

さっそく浴衣に着替える。

せっかくの温泉街、浴衣でそぞろ歩きたいじゃない。(しかし、いったいどこまでを『温泉街』と呼んでいいのか、ちょっと迷う。温泉街の結界を出たら、こんな浴衣姿で街を歩いていたらちょっと変だものね・・・)

アメニティは、オーガニックのみかんシャンプーなど。

どこまでもみかん。みかんみかんみかん。
だってここはみかんの街・・・


さてさて、時間は18時半。温泉にも入りに行きたいけど、その前にまずは夜ごはんを食べに行くことにする。

つづく。

四国岡山旅10・松山に到着

04 17, 2018
四国岡山旅2日目のつづき。岡山からサロンカー伊予路に乗り、松山を目指しているところから。

4月10日。
15時。引き続きサロンカー伊予路の車中・・・。最後尾の展望室に私たちが入れる時間になったので、さっそく行く。

バーカウンターがあってムーディー。なにやらカラオケでデュエットを歌いたい気分になってくる・・・♪もしも~きらいで~なかったら~何か一杯のんでくれ~(『居酒屋』より)

展望室はかなり広く、ゆったりとしている。

こんな贅沢な空間で鉄道旅ができたら全然疲れないだろうな・・・(しかし今回我々がここにいられるのは指定された30分間だけ)

最後尾の展望窓から後方の景色を楽しむ。

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る

・・・という高村光太郎の詩を思い出しつつ。

遮るものが何もないのでよく見える。
隣の線路を走っていくアンパンマン特急も。


四国中を駆け巡るアンパンマン列車。・・・『アンパンマンのマーチ』を口ずさみながらアンパンマン列車で通勤できたら朝から楽しいかも。(・・・と思ったけど、「何が君の幸せ~何をして喜ぶ?解らないまま終わる~そんなのは嫌だ!」って歌詞・・・逆にネクタイを捨ててしまいそうだ)


16時55分。やっと松山駅に到着。

はーーついたついた!みかんの国だ~

ホームには、みきゃんちゃんがお出迎えに来てくれていた。

会いたかったよ、みきゃん・・・

松山に来るのは約11ヶ月ぶり。

今夜は道後温泉に泊まるんだよ

17時19分、松山駅前から路面電車に乗り、道後温泉へ向かう。

温泉、みかんジュース、鯛めし・・・味わいたいものが、たくさんある。

次、いよいよ道後温泉へ。

つづく。

四国岡山旅9・伊予西条で休憩

04 17, 2018
四国岡山旅2日目のつづき。岡山からサロンカー伊予路に乗り、松山を目指しているところから。

4月10日。
13時23分。伊予西条駅に到着。

ここで乗客は一旦みんな降りて、駅前の鉄道文化館の見学をする。発車は1時間半後なので、結構ゆっくりできる。

位置関係はこんな感じ。

伊予西条で降りることなんてなかなかないので、この貴重な時間を存分に楽しむぞ。

サロンカー伊予路にしばし別れを告げる。

1時間半後に戻ってくるからね

駅を出て散策開始。

まずは地元のおかしやさんをチェックするよ!

なおやんが目をつけていたお店、『とらや』さんへ行ってみる。

駅ロータリーにある老舗のお菓子屋さん。

中に入ると、ケーキはもちろんのこと、いろんな焼き菓子がズラーっと並んでいて、クッキー馬鹿の私はもう大興奮。
さっそくチーズクッキーやジャムクッキー、ミルククッキー、マドレーヌなど、いろいろ選び、さらに車内で食べる用のケーキも2つ購入し、お店に取り置きしておいてもらう。

※1時間後、駅に戻る直前に取りに行き、車内でさっそくケーキを食べてみた。

ショートケーキとモカケーキ。昭和の懐かしい味に、二人で「うんうんコレコレ!」と頷きながら食べた。クッキーの方もサクサクしていてどれも美味しく、「もっと買っときゃよかったー!」と後悔した。買ったのは12枚(2枚入×6個)だけど、50枚くらいは買ってもよかったかも。


・・・話を伊予西条駅の散策に戻す。
駅からすぐのところにある四国鉄道文化館へ。

北館と南館に分かれているんだけど、まずは北館の方へ行ってみる。入館料は両館共通で300円(サロンカー伊予路の乗客は無料だった)。

中に入ると、0系新幹線とDF50ディーゼル機関車がドーンと並んでいた。

ほー・・・(←車両にはそんなに興味がない人)

しかしこの0系新幹線は、グッドデザインだよねぇ。

まさに、万人から愛される顔。鳥好きの私にはインコを真正面から見た顔に見えるんだけど・・・

と、私が0系新幹線にインコを重ねて見ているうちに、いつのまにかなおやんが消えた。
どこ行ったんだろ・・・と探したら、こんなところにいた。

DF50の運転席。ここで「ブーン!」と運転ごっこをして一人楽しんでいた。(後ろで見ていた幼稚園生くらいの男の子が、なおやんが「ブーン!」と言った瞬間にダッシュで逃げていった。変質者だと思われた模様)

次は南館の方へ行ってみる。

建物からなんかハミ出てる。

館内にはC57形蒸気機関車と、キハ65形急行用気動車が並んでいる。

ふーむ・・・(←相変わらず車両には興味なし)

SLの方がハデに見えるけど、なおやんは
「僕はSLより断然気動車なんだよなー。こんなのが家にあったら最高だなー」とか言いながら、キハ65の前で立ち止まっていた。

しまいには、
「・・・気動車、買う?」
とまで言い出した。恐ろしい所有欲。


そろそろ駅に戻る時間。

伊予西条・・・初めて降りたけど、なかなかに内容の濃い時間を過ごせた。

最後、駅に入っているJR四国系列のパン屋『ウィリー・ウィンキー』を覗き、帽子パンがあるかどうかチェック。・・・残念ながら、なかった。
これまでの私の調査結果によると、

高知駅→ある
高松駅→ある
伊予西条駅→ない
松山駅→ない
宇和島駅→ある

となっている。以上、帽子パンチェックでした。

14時47分、再びサロンカー伊予路に乗り込み、伊予西条駅を出発。
松山まであと少し・・・

つづく。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム