はじめての車中泊に向けて

09 26, 2017
一昨日の夜、急に「明日車中泊旅に出よう!」と決め、慌ててレンタカーを予約したのが22時過ぎ。
しかし、車中泊をするのは実は初めてなので、何を用意したらいいかわからない。いろいろ調べたいけど、もう夜も遅くて眠くて頭が働かない。

とりあえず寝落ちする前に、最低限のものは用意しておく。

以下、朦朧としながら用意したもの
・毛布2枚
・タオルケット2枚
・タオル類(バスタオル、フェイスタオル等)
・ボックスティッシュ
・携帯用ランタン
・ハンガー4本
・紙コップ
・ゴミ袋

後は、いつもの旅の用意(着替えとか)をリュックに詰める。

気になるのは、夜寝る時用の目張り。どうやって窓を隠すか・・・
ていうか目張り以前に、どこへ向かって走るのか・・・

いろいろ考えないとね・・・と思いつつも、もう眠くて、寝る。

翌朝(つまり出発日)。
なおやんは朝からお休みだけど、私は午前中は出勤。
お昼に仕事が終わり、帰宅する前に100円ショップに寄る。窓の目張りに良さそうなグッズを数点購入。

アルミシートとかスダレみたいなやつとか。
これと、あとは新聞紙を利用してなんとか目張りにしようという作戦。素人なりに一生懸命考えてみた・・・


という感じで始まった私たちの車中泊旅。昨日の15時過ぎに家を出発して、昨夜は福島県の磐梯山SAで過ごし、これを書いている今(9月26日11時現在。旅の2日目)はここを走行中。

なんとなく、新潟県の村上を目指しているところ。

お天気も良く、ドライブ日和。

車の旅もいいもんだねえ

旅の記録はまた後日まとめます。
0 CommentsPosted in 日記

苦い日々

09 08, 2017
この一週間(先週末あたりから今週の初めにかけて)なぜか急に不安定な波がやってきて、精神的にものすごく落ち込んだりモヤモヤイライラしたりしていた。
しかもそれは私だけではなかったようで、私の周りにいる人たち(少なくとも5人)も、同時期にそれぞれ精神的にブルーになったりイライラしたりしていた模様。やはり近くにいる人たちは波が伝染し合うのだろうか・・・(ちなみに一番近くにいるはずのなおやんは、私を置いて一人帰省していた為、このブルーの波には飲み込まれなかったという・・・逃げ上手・・・)

精神的なことだけでなく、物理的にもいろいろ顕れ、例えば物が壊れたり、身体に不調をきたして緊急入院&緊急手術にまでなってしまった子もいたり・・・本当にこの1週間、私の周りの世界はしんどいことが多かった。
私の場合は、物理的なことで言えば、コンタクトレンズの寿命が来たり(ハードなので数年使っていた)、職場のマウスが壊れたり、長年使ってきたモバイルバッテリーがダメになったりとか、まぁそんなレベルなんだけど。

でも、こういうのは「急に来た」ように見えて、実は積み重なっていたものがここに来てバーン!と全部表に出て来ただけのことなのかもな、と思う。
というのも、西洋占星術に明るいKYONにこの話をしたところ、今は星的にも「毒出し→治癒に向かう流れ」の時らしい。なるほど。

先週の不調は、ある意味咳や下痢や嘔吐みたいなもので、自分の中にある毒を出してくれたのかもしれない。毒を出す時は身体はしんどいけれど、でも、その毒出しは起こるべくして起こっているし、毒を出した後はなんとも言えない爽快な気分が待っている。毒出し期間って人生のボーナスステージなんじゃないかって思うよ・・・(と、抜けた今だから言えるけど、真っ最中の時はしんどくてそんなのんきなことは思えないんだよね)

まぁそれはいいとして、こっちの苦さは大歓迎。

ゴーヤ・ゴーヤ・ゴーヤ。
実家の庭からもらってきたものを、刻んで塩揉みしてパックに詰めて冷凍。ゴーヤチャンプル作り放題。
ちなみにこの夏、すでに3回はゴーヤチャンプルを作った。木綿豆腐は作る数時間前からしっかり水切りをして、島豆腐風の固さにしておく。
ランチョンミートはやっぱり普通の豚肉のスパムが一番。一度チキンスパムで作ってみたけど、淡白過ぎてパンチが足りなかったので。

----

さて、明日から長野経由で北海道へ行くという不思議な旅をしてきますよ・・・(長野からそのまま北上するのではなく、長野での用事が済んだらすぐに東京に戻り、家に帰らずにそのまま羽田空港に直行し、そこから札幌へ飛ぶという・・・)
明日は朝早起きして5時過ぎには家を出ねば。
0 CommentsPosted in 日記

夫婦喧嘩記録~立腹中の心

08 23, 2017
今日、同僚から「YUKAさんのところはほんと仲良しだねぇ。旅行中喧嘩したりしないでしょ?」と言われた。
・・・いや、するよ・・・

先日の青春18切符旅でも、最終日に夫婦喧嘩が勃発した。
詳しい経緯はめんどいので省くけど、大まかな流れは結局いつも同じなわけで・・・

↓いつもの流れ

・なおやん、急に不機嫌になる(なおやんの不機嫌スイッチが押されるのはだいたいいつも乗り物絡みがきっかけになっていて、あれに乗れなかったとか、この席に座れなかったとか、あっちの列車に乗ってたらもっと効率が良かったのにとか、とにかくそんなことで不機嫌になるんだけど、どちらにせよなおやんの中では全てひっくるめて「全部ゆかりこのせい!」となっている模様・・・私が何したって言うんだよ・・・)

・あーまた不機嫌になってるわね、と思いつつも、まぁ普通に話しかけ続ける私

・なおやんはずっとぶっきらぼう。不機嫌オーラ全開

・私、だんだんムカついてくる

・私、心のシャッターを閉める(つまりは無視)

・なおやん、機嫌が直ってくる(陰気雲が晴れてくる)

・私、まだムカついている。と同時に、ムカついている自分の姿がなんだか無性に可笑しく思えてきて、笑いがこみ上げてくる

・心を少し開いて話し合い開始。どっちがどう悪かったかを討論し合う(でもどっちも譲らない)

・「謝りなさい」「そっちが悪いんだからそっちが謝りなさいよ」「悪いのはそっちでしょ」「いや、そっちでしょ」と、謝れ謝れ合戦、始まる(と同時に、つねり合う←結構痛い)

・「ま、今回は許してやるよ!」「それはこっちのセリフだ!」「いや、こっちのセリフだ!」と言いつつも、なんとなく喧嘩終了


・・・今回もこのパターンをやってしまった。
まぁなおやんの不機嫌も私のムカつきもそんなに続かないので(怒り続けられる人ってすごいと思う。怒るのってかなりエネルギーがいるよ・・・)私たちの喧嘩もせいぜい1時間くらいで終了するんだけど、でも、この不機嫌合戦ってのはやっぱり疲れるもんだ。思わず「夫・急に不機嫌・疲れる」で検索してしまった私だよ・・・(なおやんはなおやんで「妻・ムカつく」で検索してたりして・・・)


それにしても、腹が立つと、つくづく相手がいつもとは違って見えるものだなぁと。
ついさっきまで「気が合う楽しい旦那さん♪」だったのが、腹が立つと一転して「悪の権化」に見えてくる不思議・・・

私もなおやんに対して腹を立てているように見えて、実は自分自身の中にある何かに腹を立てているのかもな・・・と思うけど、立腹中はもう、怒りに支配されているから、そんなことは思えないわけで。

ちょっと、腹が立っている時の自分を分析してみるよ。
立腹中は怒りパワーを持続させる為に(というか、ムカムカしている自分を正当化したいという心理が働いている気がする)怒る材料を過去の記憶の中からできるだけいっぱい引っ張り出してきて、脳内のテーブルにそのカードをザーッと並べて、「なおやんの過去の悪行集」(本人は悪行をしているつもりは全くないだろうけど)を眺め、「あの時もこうだった」「この時もそうだった」と自分が受けた傷の数を数え、「なんというやつだ!こんなに妻を傷つけて!けしからん!」と、より憤る。そして、傷ついた数だけ相手を責めていいのだ、と思い込む。傷は自分にとってはどこまでも正しく、どこまでも正義で、その自分なりの正義が、相手を攻撃する武器になる。
・・・これってつまりは戦争だな。と今では思うけど、その時はもう、戦争を終わらせるには「相手が降参する」しかないと思っているので、まぁ、やるしかないのだ。

なおやんもなおやんで「ゆかりこに傷つけられた!」と全然譲らないので、しばらくは「傷つけられた対決」が続くわけだけど、そうこうしているうちにだんだんバカバカしくなってきて、しばらくすると「じゃあ、どうやって折り合いをつけるか」という話し合いになる。

ちなみに今回は、こんな妥協案を思いついた。私からなおやんへの妥協案。
「わかった。じゃあ、今回のことはもう水に流すから、そのかわり、家に帰ってから食べるソースカツ丼(伊那市のスーパーでソースカツを買ったので、夜は丼にして食べるつもりだった)は、私がなおやんの分のお肉ももらう。なおやんは、ご飯の上に千切りキャベツしか載せてはいけないの。しかも、ソースも塩もかけてはいけない。ただ、白いご飯の上に、味のついていない千切りキャベツをのせただけの丼を食べるの。そしてその様子を、美味しいソースカツ丼を食べながら私が眺めると。・・・これで許してあげるよ」

そしたらなおやん、「ひどい!」って。ほんと、自分でもよくこんな酷いこと思いつくなと惚れ惚れするよ・・・

ちなみにそのソースカツ↓

これを食べられないなんて、かわいそう

でも、アツアツご飯に千切りキャベツをのせただけの丼を食べるなおやんの姿を思い浮かべると、なんだかものすごくおかしくなってきて、それだけでもうスッキリしてしまったので、家に帰ってからは結局普通に仲良く半分こして食べました。
そして食べながら、こんなことを話す。

「なんやかんや、なおやんには感謝してるんだよ」
「僕もゆかりこには感謝してるんだよ」
「いやほんと、感謝してるんだよ」
「僕もだよ」
「じゃあもう理不尽なことで不機嫌にならないでね」
「ゆかりこも不機嫌にならないでね」
「いや、どちらかというとなおやんが不機嫌にならないでね」
「いや、どちらかというとゆかりこの方が気をつけてね」

・・・大人になれない私たち。

さて、喧嘩記録も書いてスッキリしたことだし、ぼちぼち溜まっている旅日記でも書いていきますか・・・
0 CommentsPosted in 日記

真夏のゲームに心奪われ

07 25, 2017
ひとつ前の長野・新潟旅日記を書き終える前に、もう次の旅が始まってしまった・・・(今は京都に向かっている新幹線の中)

まぁいいや。この前の旅日記の続きはまた今度書くことにして、今日からは京都日記を書くことにしよう。

今はこだまに乗ってるので、京都に着くまで結構時間がかかるので、ちょっと最近興奮したことでも書いとく。

最近・・・そう、最近は、あまりの暑さに身も心もグデグデ気味になっていたんだけど、そんな中、グデグデも吹っ飛ぶような興奮的な喜びを与えてくれたイベントがあった。
それは、

都市対抗野球!だよ!

一昨日、朝から東京ドームへ観に行ったんだけど、第1戦目の『JR東日本(東京都)VS 東芝(川崎市)』が、もう、好ゲーム過ぎて、久々に野球で打ち震えた。

私たちは東京都代表のJR東日本側応援席で観戦してみた。

無料で入れる上、応援用のタオルなんかももらえる。(その分しっかり応援させてもらった)
別にJR関係者でも何でもないけど、なんとなく・・・JR東日本さんにはたくさん貢がせてもらってますのでね・・・

東芝側も盛り上がっていた。

とは言っても、応援席はJR東側は完全に埋まっているのに対して、東芝側はかなり少なめ。一見さみしいけど、でもそれを見て、「これは・・・東芝が勝つかも」となんとなく予感した。東芝は企業的にも今はいろいろ大変な時だし、応援席も少ない。でもそんな要因が逆境となって、意外と粘り勝ちしたりするんだよね・・・と思っていた。

そしたら、本当にやりよった!
JR東が先行して点を入れるたびに、東芝も点を入れては追いつく、ということを繰り返し、結局9回、10回、11回・・・と延長しても決着がつかなかった。
そして12回。とうとう『タイブレーク』発動。

1アウト満塁からスタートするという。打順も選択制。こんなの初めて見た!

このタイブレークになっても両者とも粘りまくったんだけど、その粘り合いの結果、5-4で勝ったのは、東芝。ブラボー・・・

いやーもう、最高のゲームだった。おじさん感動した!!(おじさんじゃないけど、この時気分は完全におじさんになっていた)

また、応援合戦も楽しくて、企業の個性が出ていた。
JR東は新幹線まで出てきた。

ずるい

あと、制服で踊ったり。(写真は東京ドームに展示されていたもの)

ずるいずるい

・・・それにしても、応援団やチアガールって、なんか素敵だよね・・・いやもう、昔っから素敵だった。中学の時とかでも、応援団に入る子達は、なんというか、Aグループの人たちだった。目立っていて、スポーツ万能で、恋愛していて・・・という、Aグループ。
一方、Bグループ出身の私たち夫婦・・・大人になった今でも、応援団やチアガールの皆様を羨望の目で眺める。


いや~ほんと、面白かった。都市対抗野球、いいね。夏の楽しみが増えた。
昔、ジャイアンツのファンクラブに入って東京ドームに通っていた頃のことを思い出した(約20年前)。あの頃の私、携帯にジャビット君のストラップ、つけてたな・・・

-----

さて、今(9時10分)私の乗っているこだまは、新富士駅に停車しているところ。
京都はまだまだ先だ。

ちなみに今回はなおやんは一緒ではない。
京都旅は毎回KYONとの会合を兼ねているわけだけど、今回も例に漏れず、そう。

しかしなおやんもたまたま今日からお休みなので、私が京都に行っている間に彼もどこかに行くんだろうな・・・と思っていたら、今朝5時半頃、
「じゃ、大分に行ってきまーす!」
と言って、私よりも先に家を出ていってしまわれた。九州か・・・
2 CommentsPosted in 日記

のんびりさんとセッカチさん

06 22, 2017
某ホテルのランチ&デザートビュッフェに行ってきた。両親を連れて、4人で。一応名目は父の日&母の日のプレゼントということで。けど、むしろ私たちが行きたかったっていう・・・。二人で行くと、なんだかものすごく贅沢をしている気持ちになって罪悪感すら覚えそうだけど、今回は口実があるので安心。

お店に着いてから、まずはグルッと偵察。


ヤバイよヤバイよ・・・

スイーツが充実し過ぎていて、なんか不安になるレベル。

・・・なおやんに見せたら大変なことになるよこれは・・・(そして案の定、何かの競技かってくらい食べまくっていた彼)

スイーツ以外も充実している。


やっぱり甘いものとしょっぱいものは交互に食べないとね。味覚が常に新鮮な気持ちでいられるように。

各々好きなものを取って、のんびり食べる。

時間はゆっくりあるからね

・・・しかし、ここで性格の違いがハッキリ出た。
なるべく長く、のんびり食べたいなおやんは、小皿でチマチマ何度も取りに行ってはモグモグ食べるのに対して、なるべく短時間でパッと食べ終えたい父は、大きなお皿に何でもかんでも一気に山盛りにのせてモリモリ食べ、早いうちに「よし!もうお腹いっぱいになったぞ。お父さんはここで締めよう」と言っていた。

ここから、のんびりさんとセッカチさんの戦いが始まった。

1時間経ち、2時間経ってもまだ食べ続けるなおやん(母と私もダラダラ食べていたけど、なおやんには負ける)。
一方、「もうそろそろ、いいんじゃないかな?!」「さ、あとは帰って寝るだけだな!」「さすがにもうお腹いっぱいだよなぁ!」と何かと締めくくろうとする父。・・・もしかして早くお店を出てトイレにでも行きたいのかな?と思ったけど、そうじゃなかった。単に、セッカチなだけだった。

その後も、なおやんがやっと食後のコーヒーを飲み出したので、父は
「・・・うむ、なおやんくんもさすがにもうお腹いっぱいになっただろう!」
とホッとしていたのに、なおやんは
「・・・さてと、これからカレーを取りに行ってきます!」
と言い出し、父は椅子からズリ落ちていた。

しかし父も負けてはいない。先にカレーを食べていた父は
「いやいや、あのカレーはなおやんくんの苦手なナスが入っていたぞ!なおやんくんは食べられないだろうなぁ・・・」
と、やんわり止めに入ってきた。必死の攻防戦。

それを聞いてなおやんはしばらく考えた後、
「・・・じゃ、カレーはやめて、もう一度スイーツ、行ってきます!」
と。父のディフェンス、効かず。

結局、12時から14時半までいた。
父は
「同じ時間に入店した人はもう誰もいない・・・こんなに長居をしたのはうちだけでは?!」
と動揺していたけど、そこは母が
「大丈夫よ!あそこにいるおばさんグループ(←自分もおばさんだが)も私たちと同じ時間に入店してたから、うちだけじゃないって!」
とフォローしていた。

なおやんは
「いやー本当は15時まではいようと思ってたんですがねぇ。まだ食べられると思う!」
と言っていたけど、さすがに、はたから見ていても本当に食べ過ぎなので、「いや、もう見ている方が苦しくなってくるから勘弁して」と私が止めた。

みんな大満足でお店を後にしたわけだけど、今回はたまたま父がセッカチさん役で、なおやんがのんびり役になったけど、こういうのってどこまでも相対的なものなので、例えば、もし、父よりももっと早食いで「どんな時でも食事時間は10分以内と決めている」というこだわりがある人が同じテーブルにいたら、父がのんびりさん役になるんだろうな、と思った。逆に、なおやんよりももっともっとのんびりな人が同じテーブルにいたら、「オイきみ!早く食べたまへ!もういい加減いいだろう!」となおやんがセッカチ役になって怒り出すかも。

結局、絶対的なのんびりさんもいないし、絶対的なセッカチさんもいないのだよな・・・としみじみするビュッフェ明け。

ちなみに私は、自分の実家ではのんき側になるけど、なおやんの実家の中に入るとおそらく一番セッカチ側になる気がする。
日本の社会では「いい加減なやつだなぁ」と言われていた人が、海外に行くと「なんてしっかりした真面目なやつなんだ!」と言われることもあるだろうし、ほんと、環境が変わると、その人にくっついていたレッテルもすっかり変わるってなもんだ。
どこまでも実体のない幻みたいなもの、レッテル・・・
2 CommentsPosted in 日記

「好き」の表情

06 03, 2017
先日、海沿いの街に泊まりに行ったんだけど(その日記はまた明日書く予定)その時、夕焼けの海と、その海に浮かんでいる船を、なおやんが穏やかな笑顔で眺めていて、その姿があまりにも幸せそうだったので、写真に撮ってみた。「お、今いい顔してるよ~いいよいいよ~」とか言いながら。ゆか山紀信。



(って、さすがになおやんの写真は載せないよ)

その写真を見て思ったけど、人って、穏やかな「好き」の中にいる時に、なんとも言えない至福オーラが出るもんだなぁと。
なおやんは船を眺めるのが大好きなので、自然とそういう笑顔になったんだと思うけど、私は人の、そういう至福オーラが出ている穏やかな表情を見るのが大好きなんだな、と改めて思った。家族でも友達でも全然知らない人でも、とにかく誰のでも、そういう表情に出会ったらものすごく幸せな気持ちになる。

誰でも好きなものを前にしたら笑顔になるだろうけど、この、穏やかな至福オーラが出るのは、決して刺激的で興奮的な「好き」からではなく、逆に、心の波が静かになるような、それこそ自分自身に立ち返るような、そんな「好き」の中にいる時に出るんだと思う。

何かを好きになったり夢中になったりすることは私もよくあるけど、でもよくよく自分を観察していると、実はそれは、自分の中の何かを埋める為や、何かから目をそらす為のツールとして好きになっている、ということもあって、それはそれでいいんだけど、そういう時はその独特の至福感は出ないんだよね・・・

何かを埋める為・・・の「何か」っていうのは、例えば不安感、焦燥感、孤独感、恐怖感、何かが足りないという思い、イライラ、モヤモヤ、ムラムラ・・・とにかくそういった、何かなんだけど。何かに夢中になると、そういうものに一時的に蓋ができるので便利なんだけど、そういう理由で好きになったものは独特の依存性があるので、いつの間にか、その「好きになったもの」の方が主人になってしまって、その「好きになったもの」に縛られている自分がいる・・・ということがある(私の場合は)。

そういう依存的な「好き」(ていうか、そうなったらもはや「執着」か)ではなくて、こう、海や山や川や青空なんかの自然を前にした時に起こる「ああ・・・ぼかぁしあわせだなぁ」というぼんやりとした思い。なんかよくわからないけれど、とにかく、♪なーんーとーなーーくーー、しーあーわーせー♪なんだと。あの静かな至福感。あれはなんともいい・・・

と、しみじみ思わせるなおやんの表情だった。海や船を前にするとあんな至福の表情をするんだねぇ・・・(しかし私を前にすると・・・)

-----

最近のひとりごはん。
埼玉県は大宮。『キャトルカフェ』にて。

セロリとイカの明太子パスタ。最高。
苦手なセロリも美味しく食べられた。


神奈川県は横須賀中央。『monstyle』にて。

野菜のプレート。ひとつひとつのお野菜が個性的で美味しい上、プレート内全部が同じドレッシングの味ではなく、エリアごとに味がいろいろ変わるので、食べていて楽しくなった。こんな野菜プレートだったら毎日食べたい・・・
0 CommentsPosted in 日記
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (42)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (30)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (688)
2017年10月 長野車中泊 (5)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム