南房総乗りつくし1・両国から乗る

08 28, 2016
おはようございます。
今日はこれから『ありがとうニューなのはな 南房総乗りつくしの旅』とやらに乗ってきます。日帰り旅。

両国駅から出発し、総武線→内房線→外房線→東金線→総武本線・・・と進み、夜に両国駅へ帰ってくるというコース。

途中、千倉駅で約1時間、勝浦駅で約30分間停車するけど、ほぼ乗りっぱなしらしい。車内から千葉を味わい尽くすってわけだな・・・

8時、両国駅に到着。
両国駅の2番線ホームから見える、普段は使われていない(シャッターが閉まっていて上がることができない)謎のホーム・・・

↑向こう側に見えるのが幻の3番線ホーム。
今回はこの3番線から発車するとのこと。

3番線ホームへは、普段は閉まっているこの通路から上がる。

豪華絢爛なレッドカーペットが見えてきた。


アカデミー賞だろうか

レッドカーペットをしずしずと歩き、階段を上ると、そこはもう3番線ホーム。


昔はこのホームから房総方面への列車が発着していたらしい。阿房列車の世界。

さ、乗りますよー


・・・なんだろう、デジャブか?先週も乗ったような・・・(乗ったよ

中は半分座席、半分お座敷。

これも先週と同じ。

お座敷でたそがれるクマーズ

ふたりっきりだね・・・

ではでは、ひたすら千葉を走ってきます。

つづく。

南房総乗りつくし2・いつもの景色

08 28, 2016
ひとつ前のつづき。両国駅から『ありがとうニューなのはな号』に乗り込んだところから。

8時21分、両国駅を発車。


おざしきれっしゃ、しゅっぱーつ!

・・・と言っても、走るのは勝手知ったる千葉県内。
総武線各駅停車を眺めつつ・・・

見慣れた景色だけど、お座敷で正座して眺めると少し新鮮。

船橋駅を通過して・・・


万年工事中の千葉駅を通って、千葉そごうを眺め・・・

・・・と、千葉県民にとっては何の変哲も無い日常の風景を眺めているうちに、なんだか早くもお腹が減ってきた。朝ごはんは食べてきたんだけどなぁ

というわけで、ツアーについているお弁当(昼食用)が配られるや否や、すぐに食べる。

まだ9時半だけど。
天ぷらがたくさん入っていた。

お天気は曇り。

雨は降っていないけど、どんより~としている。来るか台風・・・どうだろう・・・

記念品が配られた。

わーうれしい(棒読み)

裏は行路表になっていて便利だよ?

(・・・こうやってまた、なおやんのお宝が増えていくんだよな・・・)

つづく。

南房総乗りつくし3・千倉でひとやすみ

08 31, 2016
ひとつ前のつづき。『ありがとうニューなのはな号』に乗って房総半島をぐるぐるまわっているところから。

車窓から内房の海を眺める。

台風が近づいているわりには穏やか。さすが内海。

11時45分、千倉駅に到着。

ここでちょっと きゅうけいしましょ

千倉には約1時間停車するので、一旦駅の外に出て、軽くお茶することに。
駅の目の前で見つけたこのカフェに入ってみる。

『バニラ』。ちいさなちいさなカフェ。

ケーキセットを注文。なおやんはガトーショコラ、私はチーズケーキ。


ふぅ・・・濃い乗り鉄旅の中に現れた癒しのオアシス・・・

ケーキが美味しくて、ちまちま大事に食べる。

ちまちまちまちま

『パリの小さな店案内』という素敵本がテーブルの上に無造作に置かれていたので、パラリと読ませてもらう。


もう今日はここで一日過ごしてもいいよ

・・・と、パリ気分でほっこりしていたら、私たちと同じ列車に乗ってきた濃い同志たち(全員リュック&カメラ&鉄ちゃんオーラ全開)が続々とこの癒しのカフェに入ってきて、この小さな店内はさながら鉄道フェスタ状態に・・・パリはどこへ・・・。

パリが消えたところでお店を出て、駅に戻る。
なおやんはもう少しウロウロするというので、一人で列車内に戻る。

ちょうどこの時、横サボ(列車の横についてる行き先表示器)を回すというイベント?をやっていたので、皆さんカメラを持ってそちらへ行っていて、車内にはほとんど人はいなかった。

そんな中、私たちと同じボックス席に座っていたおじいさん(小学生のお孫さんと二人で乗っていた)だけは一人車内にいたので、向かい合わせで座りながら、なんとなく話す。

「いや~孫が鉄道が好きなもんですから、苦労してこの列車の切符を取ったのですが、乗っている皆さん、本当に鉄道が好きな方ばかりみたいですね!」
「そうですねぇ・・・まぁ私はなんとなく主人の付き添いで来たんですが(笑)」
「孫は今4年生なんですが、もう幼い頃からずっと、鉄道一筋なもんで・・・サッカーや野球には見向きもしないので困ってるんですよ」
「いや~わかりますわかります・・・主人も幼い頃からそうだったみたいです・・・」
「孫が中学生になったら、もうこうやって私とは出かけてくれないでしょう(笑)だから今回もなんとかエサで釣って、一緒に来たわけなんですが・・・私はそんなに鉄道には興味がないので、こうやって長時間乗りっぱなしというのも疲れるもんですねぇ」

と、おじいさんとあれこれ話していたら、なおやんと、その小学4年生の男の子が帰ってきた。
なおやんが買ってきてくれたドラゴンフルーツのアイスを食べながら、その男の子と話す。

(それにしても赤いなこのアイス)

「えっと、きみは電車が好きなの?!」
と私たちが軽く聞いてみたところ、

少年:「うーん、ま、電車っていうか、線路?うん、線路が好きかな!3歳の頃に線路のポイント切り替えが好きになって~ベラベラベラベラ」

と鉄ちゃんモード全開で話し始めちゃった!この、スイッチ押しちゃった感・・・
(そしてそこから彼の弾丸トークは止まらなかった。彼はものすごく楽しそうになおやんと鉄道トークしていた。なおやんもなんだか楽しそうだった。私は一人、禅の本を読みながらその様子をそっと見守っていた←私はとても入れないくらい専門的な話をしていた・・・)

つづく・・・

南房総乗りつくし4・そしてまた両国へ

09 01, 2016
ひとつ前のつづき。『ありがとうニューなのはな号』に乗って房総一周中。千倉駅を出たところから。


12時50分に千倉駅を出たニューなのはな号。

・・・両国に着くのは18時40分・・・ってことはまだあと6時間も乗りっぱなしってことだ・・・
まぁ、読書しながらゆったり過ごすことにする。

一週間前にも房総に来たけど、その時はピンピンしていた稲が今回は全て倒れていた。

先週の台風上陸で倒されちゃったのかな。雨風が本当に激しかったものね・・・


農家の皆さんや被害に遭われた皆さんの気持ちを考えるとなんともつらい気持ちになる。と同時に、宇宙レベルで考えると、自然現象ってある意味では何もかもが調和のために起こっている気がするので、「そうか・・・台風か・・・これが今の地球にとっては調和の取れた姿なんだな・・・」とニュートラルに思う自分もいる。
卵巣嚢腫の手術の前日に「あなたのそれ、悪性かも」と医師から言われた時に、「悪性っつったって、そりゃある視点から見たら「悪」かもしれないけど、この病気を私の体が作り出したってことは、これが今の私にはピッタリの姿なんだよな」と思ったことを思い出す。あの体験は本当によかった。おかげで、何を見ても(特に、一見自分にとってブルーな事柄でも)深い意味では「今の私にピッタリ」なことなんだと頷くことができるようになった。そして頷くと、頑なに拒絶していた心がほどけて、ものすごく楽になるという流れ。
というわけで、急に不機嫌になったり、あれこれ物を集めまくって部屋をカオスにしたりする夫と住んでいることも、今この瞬間の私にとっては深い意味では「調和」の状況なのであろう・・・一見、なおやんグッズと私とは何の関係もない気もするけど(関係ないと思いたいよ)何もかもが容赦なく繋がっているこの世界・・・合掌・・・

と、稲から気づきをいただいたところで、今度は海を見る。

外房の海・・・ヤバイね・・・(なにが)

14時11分、勝浦駅に到着。


ここでは約30分間停車するとのこと。

勝浦といえば、お雛様。

なんという豪華絢爛な集団。

駅の目の前にある不二家に入る。

ここでスイーツを調達。アイスの半額フェアをやっていたので、もちろんアイスを買う。

車内に戻り、さっそく食べる。

お座敷でアイス。だらだら。

ひとつ前の記事に書いた通り、私たちのお向かいにはおじいさんとそのお孫さん(小学生男子)が座っていて、鉄道マニアのその男の子と、鉄道おじさんのなおやんは意気投合し、二人でずっと話していた。
なおやんが席を外した時、おじいさんから
「ご主人は子供好きなんですねぇ!ずっとこの子の話を聞いてくれるなんて・・・」
と言われたので、
「いや・・・好きというか、本人自身が子供なんだと思います・・・」
と答えとく。

さらに、おじいさんが少年に
「おじさん(なおやん)にたくさん話を聞いてもらえてよかったなぁ!」
と言うと、その少年は
「うん、すっごく楽しい!こんなに話すの久しぶりだなぁ!やっぱりね、電車好きには電車好き同士にしか通じないものがあるんだよね!」
と言っていた。なおやん、少年に認められるの巻。

その後はもう、ひたすら、乗る。
私はずっと読書をしていたけど、なおやんはなにやら具合が悪くなってきたようで(というか、もともと朝から具合はよくなかったんだけど、乗りっぱなしでさらに悪化した模様)グターっとしていた。苦行か。

そして、18時40分、やっと、やっと、両国駅に到着。


もう、本当に、長かった。両国から両国まで、約10時間の旅・・・

やりきった。

この乗りつくし旅で、私は禅の本を一冊読み終わり、なおやんは発熱した。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (42)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (30)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (688)
2017年10月 長野車中泊 (5)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム