いざ、京都へ

01 21, 2016
おはようございます。今日はこれから京都へ行きます。

9時30分。東京駅に到着。
まずは売店に行き、新幹線の中で食べる何かしらかを物色。なんか、食べたい。東京みやげ的なものを。
でも、どれも高い。高すぎる。饅頭1個250円とか、無理無理。
まぁ、朝ごはんは家で納豆ご飯を食べてきたので、ここでは何も買わなくてもいいか・・・と諦める。

でもやはり不安なので(禁断症状になるのが)キオスクで一応アルフォートだけ買っておく。これで安心。

19番線ホームへ。


のぞみ317号に乗車。京都まで約2時間20分。近いもんだ。

今回はKYONとの二人旅なんだけど、KYONは京都で午前中用事があるということで、朝早い新幹線で先に行ってしまわれた。なので、お昼過ぎに現地で待ち合わせということにしている。

KYONとの京都旅はすっかり恒例になったけど、初めて二人で行ったのはたしか10年前。あの時の私たち、28歳だった・・・
あの時は羽田から大阪伊丹空港まで飛行機で行って、そこからバスで京都に向かったんだけど、飛行機が苦手なKYONが、飛行機が離陸する直前に
「・・・今日の機長の運勢が知りたい」
と言っていたことを思い出す。西洋占星術に長けているKYONらしい言葉・・・。これで機長の運勢が最下位(←朝のニュース番組の星占いコーナー的に)だったらと思うと、恐怖で震える。

9時53分、のぞみ317号が東京駅を発車。
車窓を楽しみつつ、アルフォートを食べつつ、いざ京都へ。



つづく。

京都に到着

01 21, 2016
ひとつ前のつづき。新幹線で京都に向かっているところから。

9時53分に東京駅を出たのぞみ317号。
アルフォートを食べながら、富士山を眺める。

うう・・・近づいてくる近づいてくる・・・(いや、私が近づいているのか?)

どんどん巨大になっていく富士山。

・・・こわい。
実は私、富士山恐怖症なのであった。でも、怖いもの見たさで見ておく。

そういえば、昨日名古屋あたりは雪が積もったみたいだけど、街を見る限りはもうほとんど雪は溶けていた。京都はどうかな。まだ雪は残ってるかな。

その後、車内販売の綺麗なお姉さんと若い車掌さんがお互い譲り合って通路を通っているところを目撃し、 そこから勝手に恋愛ストーリーを思い浮かべているうちに、あっという間に12時14分。京都に到着。

着いた着いた。

地下鉄に乗り換え、烏丸御池駅に移動。

とりあえずここらへんは雪はないようだ。

まずは、今日泊まるホテルに荷物を預ける。
そしてそのホテルのフロントでKYONと合流。

つづく。

COFFEEポケットでランチ

01 21, 2016
京都女子旅のつづき。

13時。烏丸御池にある『ホテルギンモンド京都』にてKYONと合流。
フロントに荷物を預け、街歩き開始。

この「京都女子旅」は今回で6回目になるんだけど、私たちが初めて一緒に京都に来たのは、ちょうど10年前のこの時期(1日ずれているだけなので、ほぼ「10年前の今日」)。
10周年記念ということで、今日は10年前に巡ったコースをそのまま辿ることにする。28歳の時に歩いた道を38歳の私たちが再び歩くと、どうなるのか。という実験。

まずはお昼ごはん。
初京都旅の時に入ったお店は、ここ。

町家の佇まいが素敵な『たま妓』。
たしかここで、ナントカ御膳を食べたはず・・・と思い出しながら、お店の外に貼り出されているランチメニューを見てみたら、そのナントカ御膳はなくなっていて、ランチは三千円以上のコース料理のみになっていた。お昼から三千円か・・・ううむ・・・
28歳の私たちはお金がなかったけど、38歳の私たちも相変わらずお金はないので、ここは華麗にひるがえし、他の店に入ることにする。

『たま妓』のすぐ近くに、かわいらしい喫茶店を発見。

『COFFEEポケット』。今日はここでランチを取ることに決定。

店内はこじんまりとしていて、妙に落ち着く。

KYONと「ここにして大正解だね!」と頷き合う。

メニュー。

雑穀パンのサンドイッチやトーストなど。

ミックスサンドとミックスジュース(KYONはカフェオレ)を注文。


サンドイッチは卵・ハム・野菜がサンドされている。好きなものが全部入ってる。
ミックスジュースは、関西に来るとなんだか飲んでしまう。味はまろやかさん。

ここで改めて、10年前の初京都旅のことを思い出す。
そう、あの時・・・あの時は、事前にものすごく細かく計画して、しおりまで作って(しかも、そのしおりを作るためだけにお泊まり会までした)、しおりには「何時何分、○○へ行く」と時間と場所を詳細に記載し、それだけではなく「旅のコンセプト」や「持ち物」や「自己紹介」のページまで作り(自分たちしか見ないのに自己紹介って・・・)とにかく、ものすごく力が入っていたわけだけど、いざ京都でその計画通りにまわろうとしたら、まぁ時間がないこと。ずっと、慌てていた。「ヤバイ!しおりに書いている時間に間に合わない!」って。自分で自分の首をしめるとは、まさにこのこと・・・

しかし10年経った今、我々は成長し、「細かく計画しない・時間を見ない・その時の流れに任せる」ということを覚えたのだった。その方が、断然有意義に過ごせることがわかったので、今回も一応「10年前のコースをたどる」というテーマはあるけれど、いい意味で適当に動いていくことにする。

つづく。

六曜社地下店でドーナツ

01 21, 2016
京都女子旅のつづき。COFFEEポケットでランチを食べたところから。
10年前の初京都旅のコースを辿り中。

14時。地下鉄に乗り、烏丸御池駅から丸太町駅へ移動。
駅を出て京都御苑の前を通り、途中、松屋常盤(『味噌松風』という古くから伝わる京菓子の老舗専門店)や行願寺や下御霊神社に寄りつつ、寺町通りへ。
寺町通りに来たら、ここに入らずにはいられない。

村上開新堂。

なおやんへのお土産(と言いつつ私の方が大量に食べる予感)として、10個入りのロシアケーキを購入。

包み紙がレトロ。

↓ロシアケーキ(公式サイトよりお借りしました)

もうこれ、ほんと大好物。
私は焼き菓子星人なので、軽い気持ちで1枚食べ始めたら、その勢いで5枚とか食べてしまう。危険。私に見せるの、ほんと危険。

この寺町通りももちろん、10年前の初京都旅のコース。
そしてこの後、若かった昔の私たちは本能寺へ行き、「ここが本能寺か!」「織田信長!」「明智光秀!」と興奮したんだけど、今日の私たちは
「本能寺はもう行かなくていいよね」
「あの本能寺、実は移転されてあそこにあるんだよね」
と冷め冷めモード。

というわけで、本能寺はパスして、次に行ったところを辿る。
本能寺の次に向かった場所・・・それは、『六曜社地下店』。


・・・当時、この喫茶店にものすごく憧れていた私たちは、ドキドキしながらこのお店に入ったんだけど、その時の私たちにはちょっとオトナ過ぎた・・・というか、私たちが勝手に「きっとこのお店は、タバコをふかしながら詩を書いたりする創作系のオトナたちが珈琲を飲む場所なんだ」と思い込んでいたので、ビビってしまい、なぜか縮こまってミルクコーヒーを飲んだのだった。しかも、例の自作のしおりに書かれていたスケジュールよりかなり時間が押していたので、アツアツのミルクコーヒーを3分で飲み干すという苦行を強いられ(←自ら作った計画に縛られ、その計画の奴隷になるパターン)結果、口の中はヤケドでビリビリになったという・・・。
そんな、甘酸っぱい思い出がある六曜社だけど、さすがに私たちももう38歳。怖いものなど、ない。
今回はビクビク縮こまったりせず、一番奥の席にゆったりと座り、ミルクコーヒーとドーナツをじっくり味わう。

最高の組み合わせ。


ドーナツはホカホカ。

ふぅっ・・・と落ち着いていると、KYONが
「今のYUKA、ものすごく堂々としてる!10年前ここに来た時と、全然ちがう!」
と感心してきた。なので、
「そういえばKYONも、すごく堂々としてる!」
と褒め返しておいた。
そしてお互い、その堂々としている姿を写真に撮り合っておいた。六曜社で。
その後も、堂々としてる!堂々としてる!という褒め合いがしばらく止まらなかった。

つづく。

南禅寺・インクライン跡

01 22, 2016
京都女子旅1日目のつづき。
10年前の初京都旅のコースを辿り中。

16時。地下鉄で京都市役所前駅から蹴上駅に移動。
駅を出て、南禅寺方面へ。
『ねじりまんぽ』というトンネルを抜ける。

なにやら異界に繋がりそうな空気感。

『ねじりまんぽ』・・・名前も意味深。

トンネル内の煉瓦が斜めに積まれている=ねじれたように積まれているので『ねじりまんぽ』らしい。けど、ねじれているのは煉瓦ではなく時空のような・・・

トンネルを抜けると、渋い道。

1月の平日という穴場の時期に来てよかった。人が少なくて静か。

南禅寺はすぐそこ。

KYONによると、10年前の私は↑この案内板の『六勝寺こみち』という文字を見て、「速水もこみち」がどうのこうのと語り出したらしい。私は全然覚えていないけど。とにかく、10年前に速水もこみちを語っていたという事実から、「速水もこみちって、10年前からテレビに出てたってことだね」としみじみする。

南禅寺三門。

絶景かな絶景かな(と言いつつ横を素通り)

私たちが見たかったのは、三門よりも、むしろ水路閣。


南禅寺の敷地内にあるこのロマンティックな水路閣に、10年前の私たちはもう目がハートになってしまったのだった。
この水路閣で乙女チックなポートレートを撮りまくったな・・・

↑このアーチでポーズを取ったりして。夢見る夢子ちゃん状態。(今回はポートレートは撮らなかった、さすがに)

そして・・・

水路閣脇の階段を上ると・・・


そこには琵琶湖疏水の流れが。
この流れに沿って進むと、インクライン跡につながる・・・はず。(人が誰もいないので、本当にこの道であっているのか不安になる)

この、人っ子一人いない感じ。

10年前ここを歩きながら、「今ここで殺されても、誰にも発見されなさそう 」と物騒なことを話したんだけど、今回も同様。
さらに、道が狭くて、集中していないと崖下に落ちそう。


あわわわ・・・集中集中・・・

しばらく歩くと、高台に出た。

蹴上の街を見渡す。

そしてやっとたどり着いた、インクライン跡地。

ここもまたロマンティック。

ここで、線路の枕木の釘を観察する。ブラタモリ風に。
↓こちらは犬釘。

犬の頭に見える。

↓こちらは亀釘。

まるっとしていて亀っぽい。

・・・10年前はここを歩きながら恋愛について語っていた気がするけど、今では釘をじっと見るようになってしまった。10年とはここまで人を変えるものなのか。

次は出町柳に移動します。
つづく。

志る幸の白味噌汁

01 22, 2016
京都女子旅1日目のつづき。

17時。蹴上駅から出町柳駅に移動。
駅を出ると、外はだいぶ暗くなっていた。

輝くお月様。
今日の私たちは、10年前の初京都旅のコースを忠実に辿っているので、
「そうそう、10年前もこの時間にここに来たよね」
「こんな暗さだった」
と再現度の高さを喜ぶ。

出町柳といえば、川。


水の流れる音を聞きながら、10年前の旅を思い出す。
あの時はまだ旅慣れていなかったので、とにかくずっとせかせかしていて、時間が経つのも異様に早く感じたけど、今日は逆に、時間がビヨーンと伸びていっている感じがする。同じことをしているのに、今日はのんびりゆったり。

次はここから『加茂みたらし茶屋』に行って美味しいみたらし団子を食べたよね、と思い出し、もちろん行ってみることに。でもお腹はまだ減っていないから、今日はお店の前を通るだけでもいいよね、なんて言いながら。

というわけで、そのみたらし団子屋さんを目指して歩いたんだけど、これがまた、一向に着かない。
でも、方向は間違っていないから、たぶんもうすぐ着くよね・・・でもこんなに歩いたっけ?年取ったから遠く感じるだけ?それともお店自体なくなっちゃったとか?と、二人して不安になる。
結局歩くこと15分。
やっと着いた!!

と思ったら、



ノーーーー!!

・・・お腹減ってないから食べなくてもいいよね、とか言ってたけど、ここまで歩いたら意地でも食べたかった・・・。でも、夕飯前だし、やはりここは食べなくて正解なのだ、閉まっていてくれてむしろありがたいのだ、と、1秒で気持ちを切り替える。

↓ちなみにここのみたらし団子

(公式サイトからお借りしました。いいよね~おいしそうだよね~)

でも、ここでお団子を食べなかったおかげで、夕飯が美味しく食べられるね!と、ポリアンナみたいな笑顔で二人で話しつつ、バスに乗って四条河原町に移動。

夜はこれからだ。

利久辨當で有名な『志る幸』に入る。
店内は能舞台みたい。

・・・だがしかし、今は能よりご飯だ。お腹ペコペコ。

頼んだのはもちろん、利久辨當。

かやくごはん、鶏肉の旨煮、魚の焼き物、わらびの煮物、たまご、味噌和え、そして、豆腐の白味噌汁。
この白味噌汁がまた絶品で。

これを飲むためにここに来た。久々に味わう白味噌汁の味はやっぱり最高。

この後、いつものあの喫茶店へ行きます。
つづく。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (38)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (25)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (589)
2017年06月 東北うろうろ (4)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎・東京湾フェリー (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総乗りつくし旅 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠・仙台七夕祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系ラストラン (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・フェリー・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム