日帰り松本1・これが最後の旅

10 15, 2016
おはようございます。
今日はこれから長野県の松本へぷらっと行く感じで。気楽な日帰り旅。

・・・なんか我ながら、引越しするする言っといて、全然引っ越さないね・・・これじゃ引越しするするサギだ。

でもようやっと、10日後に引っ越すことになったので、この松本旅が今の家から出発する最後の旅となるわけだ。ちょっとさみしい。旅の基地としては最高の家だった。次の家もそうなるといいな。

さて、今朝は4時40分に起床。
5時半に家を出発。
朝の空気はかなりひんやり。ロングスカートの中にレッグウォーマーを2枚履き込んで正解。
朝ごはんは松本に着いてから食べるつもりだったので、家では何も食べずに出たけど、よくよく考えてみたら松本に着くまでに4時間くらいあるので、その間に絶対お腹すくよね・・・と話し、結局電車に乗る前にコンビニでおむすびを購入する。

鮭と昆布のおむすび。あとで食べよう。

これを書いている今は新宿に向かっているところ。
新宿からはスーパーあずさに乗って、松本までピューッとひとっ飛びだ。

つづく。

日帰り松本2・スーパーあずさに乗って

10 15, 2016
ひとつ前の続き。新宿に向かっているところから。

6時50分、新宿駅に到着。
すぐに中央本線ホームに移動する。

特急スーパーあずさと特急あずさが並んでいる。この光景を、小学生男子の鉄ちゃん(ぽっちゃりくん)が興奮気味にパシャパシャと撮影していた。イキイキしていた。

私たちが乗るのは、スーパーあずさの方。


振り子式の特急・・・わりと酔う。揺れ方がまさに振り子。

7時、新宿駅を発車。
すぐにおむすびを食べる。

昆布と鮭。結構がっつりの量。

食べ終わってからは読書・・・といきたいところだけど、なんか酔いそうなのでやめておく。かわりに、寝る。

1時間後に目を覚ましたら、山々が見えた。


近くに座っていた山登りをするっぽい格好の皆さんが「いや~今日はハッキリ見えますねぇ!」「お、あれが◯◯ですね!」と、山の名前を言っていた。へー、と、こっそり聞く。

現在9時半。もうすぐ松本に着くかな。

つづく。

日帰り松本3・つかの間の松本

10 15, 2016
ひとつ前のつづき。スーパーあずさに乗って松本に向かっているところから。

9時45分、松本駅に到着。
隣のホームがなにやら賑わっているので行ってみる。

特急あずさ号運行開始50周年の記念祝典らしい。

50周年おめでとう。

狩人の『あずさ2号』であずさの存在を知った人も多いのでは。そしてその『あずさ2号』を、私はものまね番組で知った。

祝典のテープカットを確認したところで、駅を出る。

松本駅、快晴なり。

まずはここで軽くモーニングをば。(さっき車内でおむすびを2個食べたことはすっかり過去のこととなった)

珈琲美学アベ。松本に来たら必ず寄る喫茶店。

珈琲美学なのに、ふたりしてミルクティーを頼む。

ここは普通は珈琲だろ・・・といいたいところだけど、珈琲はどうしても体質に合わなくて・・・珈琲の香りや雰囲気は大好きだから、飲めるものなら飲みたいんだけど、いざ飲むと、変な汗が出てくるんだよ・・・

ベーコンエッグとバタートーストも頼む。

これらを二人で半分こして食べた。黄身をどうするかが問題だった。半分に割ると黄身が流れ出るし、割らないと一人しか食べられない。問題だ。(結局、半分に割って、流れ出た黄身はトーストですくって食べた)

10時40分、お店を出て松本駅に戻る。
今日は駅で鉄道の日イベントをやっていて、その中で、11時から鉄道部品販売があるので、それが目的でなおやんは松本行きを提案したのだった。
私は別に鉄道部品には興味がないので、なおやんが部品に勤しんでいる間、私は駅ビルの本屋で待つことに。
草間彌生さんの本を手に取ってパラパラ眺めていたら、
『水玉はひとつの生命であり、月や太陽や星も、数億粒の水玉のひとつなのです。』
というような言葉が出てきた。彼女の水玉の芸術は宇宙そのもの。

11時半、なおやんから「おわったー」と連絡があったので、駅ビルを出てなおやんと合流。
そして、なおやんから「せっかくだからスタンプラリーやろうぜ?!」と誘われる。
↓これ・・・

・・・こどもか?

でもまぁ、やる。
できあがった。

わぁい

そしてこの用紙を、係員のお兄さんお姉さん(と言ってもあきらかに私たちより年下)のところへ持っていき、抽選をさせてもらう。
そして当たったのがこれ。

アルクマくんクリップと、鉄道マスキングテープ。わぁい・・・


さて、これから大糸線に乗って穂高駅まで行くことにした。安曇野だ安曇野だ!生ワサビだ生ワサビだ!

つづく。

日帰り松本4・穂高の蕎麦と古本市

10 15, 2016
ひとつ前のつづき。松本駅から大糸線に乗るところから。

12時11分、大糸線に乗車。

これで安曇野の玄関口・穂高駅まで向かうのだ。

ほんと、今日は全国的に晴れていて行楽日和ですねぇ

雲ひとつないブルー。

12時36分、穂高駅に到着。

はやくワサビをあじわいたいの

穂高といえば、大王ワサビ農場。
昨夜ふと「なんか生ワサビが食べたいかも」と思いつき、穂高行きを計画したのであった。
しかし、ワサビは食べたいけど、ワサビソフトとかワサビジュースとかワサビクッキーとかの変わりダネには全く興味がない。というか、むしろそういうのは苦手・・・(ワサビは蕎麦とお寿司でしか食べない派。わりと古風な女なもんで)。

というわけで、生ワサビをじっくり味わうために、お蕎麦屋さんへ入る。

『麺元 田舎家』。

わさび山かけ蕎麦を注文。

とろろ・卵黄・生わさびがどっしりのっている。

おろしたての穂高産生わさび・・・

ふわっと鼻に通る爽やかな香り。
食べてみたら、ツン!ときた。このツン!はクセになる。
ワサビだけでなく、もちろん信州産の手打ち蕎麦も美味しかった。信州蕎麦と生わさび・・・お互いがお互いを輝かせる関係。

お店を出ると、なおやんが
「あれ、なんかあそこに『古本市』って書かれたのぼりが出てるよ?」
とナイスな発見をしてくれる。

どうやら今日は一箱古本市の日らしい。ラッキー!

一箱古本市は、すこぅしずつ持ち寄るのがいいのだ。


お値段は1冊30円~100円くらい。
あれこれ見て回って楽しむ。けど、今月は神保町の古本まつりもあるので、今回は購入はなし。先週買った本もまだ読みおわってないしね。

穂高神社の境内でも、なにやらマーケット的なものが開かれていた。


皆さん、手作りのものをいろいろ売ってらっしゃる。

ここで、手作りのジャムをサンドしてくれるクレープ屋さんで、クレープを1つ購入。

中はクリームとりんごジャムのハーモニー。ふたりで半分こ。食後のいいデザートになった。

さて、これからレンタサイクルをキコキコ漕いで、大王わさび農場へ向かいます。

つづく。

日帰り松本5・本わさび丼でツン体験

10 15, 2016
ひとつ前のつづき。穂高駅前でお蕎麦を食べたところから。

13時半。駅前のレンタサイクル屋さんで自転車を借り(1時間200円)、大王わさび農場へ向けて出発。

自転車に乗るの、久しぶり・・・
ちなみになおやんはハンドルがまっすぐのタイプの自転車を選んだけど、私はハンドルが曲がったママチャリタイプにした。やっぱりママチャリが落ち着く。ダサかろうがなんだろうが。

田園風景の中をひたすら走る。

本当に気持ちいい。空気も綺麗だし、風も心地良い。深呼吸しながらキコキコ漕ぐ。

小川の水も透き通っている。

こりゃ美味しいわさびができるわけだ。
わさびに選ばれた地、安曇野。

駅から自転車で走ること15分。大王わさび農場に到着。
園内をまわる前に、まずは入口にあるレストランへ入る。

レストラン大王。
・・・さっき駅前でお蕎麦を食べたのは、あれは、お昼ごはん第一弾ってことで。これから第二弾へ突入だ。

なおやんがどうしてもここで食べたかったもの、それは、

本わさび丼。

自分でわさびをすりおろすらしい。

で、そのすりおろした生わさびを、おかかやネギが散らされたほかほかご飯にのせて、お醤油をチョチョっとかけて食べると。


ツーンとしそうだねぇ

さっそく一丼を半分こして食べる。おろしたての生わさびの香りは新鮮そのもの。ツーン!ツンツン!が心地いい。わさびっておかか丼に合うんだねぇ。

いよいよお腹いっぱいになったところで、大王わさび農場の園内を散策する。

つづく。

日帰り松本6・大王わさび農場

10 16, 2016
タイトルが「日帰り松本」だけど、安曇野(穂高)まで足を伸ばしちゃった旅日記のつづき。大王わさび農場のレストランで本わさび丼を食べたところから。

14時半。大王わさび農場内を散策してみる。

綺麗な水の中にわさびがズラリ。
この場の気持ち良さ・・・なんと表現したらいいものか・・・


空気と水が綺麗だから気持ちがいいのは言うまでもなく、その上さらに、わさびたちの放っているスーーッした爽やかな気が、邪をことごとく浄化してくれているような・・・そんな空気感。わさびの殺菌作用が心にも影響している感じ。

水は全て、ここのわさび畑の中から湧き出す北アルプスの雪解け水らしい。


わさびさんたちもきもちよさそうね

水に触れられるエリアがあったので、さっそく手を入れてみる。

ぴゃっ!とした。冷たくて気持ちいい。

来てよかった、わさび農場・・・

美味しいわさびも味わえたし、ぜひまた来たい。
(ちなみにここで1本500円の生わさびを買って帰った。家ですりおろして、鉄火丼やお蕎麦にそえて食べる予定)

つづく。

プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (39)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (28)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (646)
2017年08月 豊橋・飯田線 (0)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎・東京湾フェリー (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総乗りつくし旅 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠・仙台七夕祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系ラストラン (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・フェリー・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム