都内デート~喫茶店と絵本

01 15, 2018
一昨日。行ってみたい絵本の原画展があったので、なおやんと一緒に出かける。いそいそ。

原画展の前にまずは腹ごしらえ。
日比谷にある『珈琲館 紅鹿舎』へ。


ずっと気になっていた喫茶店・・・レトロな空気感がたまらない。「ピザトースト元祖の店」ときたもんだ。

中に入りさっそく注文。
なおやんが頼んだのは基本のピザトースト。

こんがりチーズ!
・・・たしかに美味しそうだけど、ピザトーストってシンプルなものだし、他のお店のとそんなに変わらないのでは・・・?と思いつつ私も少しもらって食べてみたところ、これが本当に美味しくてびっくり。他の喫茶店のピザトーストとは何かが違う。そう、何かが。

私が頼んだのは「パエリア風野菜カレーのオーブン焼(シーフード入り)」。

クツクツいってる・・・!
これがまた私好みのドンピシャの味で、「ヤバイ!美味しい!」とずっと言いながら食べていた。カレーとチーズのハーモニーがたまらない。オーブン料理って最高だよね・・・特に冬は・・・

これらを食べながら
「明後日どこ行く?」
「2連休だから、一泊旅行だね」
「山形の肘折温泉か、金沢に行きたい気分」
「あ!私も北陸行きたい気分」
「雪の兼六園、見れるかなぁ」
と旅の計画をああだこうだと話し合う。

そうこうしているうちに、隣のテーブルにカップルがやってきた。オシャレで今風のイケてるカップル・・・スタイリッシュで、二人ともトーンが落ち着いている感じ。そして、二人とも、細い。鼻の穴をどこまで広げられるか競い合うような私たちとは正反対の空気感・・・

「隣のテーブル」と言っても、テーブル間はちょっとした仕切りで仕切られているだけなので(間に通路とかもない)どうしても会話がお互い丸聞こえになってしまう。
なので、別に意識的に聞いていたわけではないんだけど、隣のカップルの会話(うちと同様、旅行計画について話し合っていた)が聞こえてきたので、思わず耳をすます。

「軽井沢はどうかな?」
「そうだねぇ。・・・京都もよくない?」
「京都かぁ。京都だったら早く新幹線取らないと。すぐ満席になっちゃうよ」

とか話している。
へー!彼女たちはいつ行くのかしら?と黙って聞いていたら、どうやらゴールデンウィークの旅の計画らしい。
・・・って、今からゴールデンウィークの計画?!えーー!!!と心底驚く。こちとら明後日の旅の計画を今やっと始めたところだというのに・・・

なんか、時間の感覚がグラッとした。
私はゴールデンウィークのことなんてまだまだ考えられないけど(何が起こるかわからないし、その時の自分がどんな状態になっているのか、何に興味があるのか、どこへ行きたい気持ちになっているか、全然わからないので・・・)でも彼女たちはいとも簡単に、サラッと、数ヶ月先のゴールデンウィークの計画を当たり前のように話していた。もしかしたらお休みを取りづらいお仕事なのかな。
そういえば、いつからか、「ずっと先の予定を決める」ということがものすごく苦手になってきた。昔は「先のことも早く決めておきたい」と思っていた気がするけど・・・私の中で何が変わったんだろう。・・・まぁいいや。この考察を書いていたら長くなりそうなのでここでやめとく。

食後はミルクティー。なおやんはコーヒー。

なおやんは最近急にコーヒーに目覚めたわけだけど、やたら飲み過ぎて、「コーヒーを飲み過ぎて胃が痛くなってきた」と言い出した。なのに飲むのをやめない。・・・ま、全て自己責任ということで・・・

あと、チョコレートパフェを二人でつつく。

生クリームの量がすごい。なおやんがほとんど平らげた。

夕方。日比谷から根津に移動。
根津駅から歩いて5分のところにある『ひるねこBOOKS』へ。

かわいらしい本屋さん。

今回、もとやすけいじさんの『つばめこうくう』と『ぽっぽこうくう』の原画展がこちらのお店で開催されるということで、二人してワクワクしながらお店にお邪魔した。

鳥好き&飛行機好きにはたまらない絵本。
つばめさんやハトさんが飛行機をリュックみたいに背負って、その中にカエルの親子や虫たちが乗って、空の旅を楽しむ、というお話し。
もう、もとやすさんの描く鳥たちがかわいくてかわいくて・・・二人ともファンになってしまった。

今回、もとやすさんもお店に来られていたので、サインを書いてもらいながら少しお話しさせていただいたら、ホッコリした優しそうな方で、ますますファンになってしまった。もともとつばめがお好きだったらしい。たしかに、もとやすさんの絵からは鳥愛が感じられる・・・

会ってみたかった絵本作家さんにも会えたし、絵本の原画も素晴らしかったし、有意義な都内デートができた。


—-

で、これを書いている今(1月15日、朝6時50分現在)は北陸新幹線に乗っているところでして。金沢に向かい中。

本の街に通う女 最終話

11 08, 2017
神田古本まつり&ブックフェスティバルに通う女シリーズも今回で(やっと)最後・・・


その1(日~月曜日)
その2(火~木曜日)
その3(金曜日)
その4(土曜日)

----

日曜日。古本まつり&ブックフェスティバル最終日。
12時に神保町に到着。


最終日は一人でゆっくりまわる。

一週間続いたお祭りもこれで最後・・・そう、祭りはいつかは終わるものなのよYUKA・・・



わかってはいるけれど、さみしい・・・お名残惜しい・・・でもまた来年のお祭りを楽しみにこの一年を生きていこうって、そう思うことにする・・・

と、大げさにおセンチな気分になりつつも、腹ごしらえは忘れない。
どこかお店にでも入ろうかなぁと思っていたけど、すずらん通りにたくさん露店が出ているので、あれこれ買い食いすることに。
まずはやっぱり、ろしあ亭のピロシキ。

これは毎年食べている。揚げたてアツアツ。

お飲み物は、ティーハウスタカノの濃厚ミルクティー。

「砂糖を入れると味が締まって美味しいわよぉ!」とお店の方に言われたので、一袋入れてみた。たしかに入れた方が美味しい。普段は砂糖なしで飲むけど、ここまで濃厚なミルクティーだと、砂糖なしでは味がボヤけるかも。入れて正解。

ミルクティーを飲んでぶらぶらしていたら何やら陽気な音楽が聞こえてきたので、音のする方へ行ってみる。

キューバ音楽の生演奏!みんなノリノリで聴いている。踊っている人もチラホラ(と言ってもここは渋谷や新宿ではなく神保町・・・踊っているのは年配の方ばかり)。マンボ的な曲では、バンドの方が「ウーーーー・・・♪」と言ったので、客である我々は続いて「マンボー!!!」と言えばいいのかな?!と思い、みんな各々「・・・マ・・・」と用意したけど、フライングした人、多数・・・(私の隣に立っていた人が一人で早めに「マンボ!」と言ってしまった時は、なぜか私が赤面した)。しかしそのフライングすら愛おしく感じる神保町マジック・・・

その後、インド料理屋の露店でチーズナンとタンドリーチキンを購入。

よし、これでもうお昼ごはんは十分だな!

・・・と思ったけど、人が牛串を食べているのを見て私も欲しくなり。

牛ハラミ、柔らかくてミディアムレアで美味しい!これは来年も食べよう。

食べ過ぎたのでカロリーを消費するために、靖国通り沿いをひたすら歩く。気持ち、腿高めで。

・・・神保町古書店街、ずっとなくならないでほしいな・・・そのためにも、私はこれからも神保町で積極的にお金を落とすとする。自分も楽しみながら応援していくのが一番。

最後、文房堂カフェへ。

2階の窓際席がお気に入り。

窓からすずらん通りのブックフェスティバルが見渡せる。

最後の最後まで大賑わい。

お茶を飲みながら、ブックフェスティバルで購入した本(全部新品本。定価の半額だった)を広げる。

熊谷守一画文集『ひとりたのしむ』

もう、熊谷守一の生き方、作品、瞳の優しさ、つまり全てが好き・・・。

「『獨楽』 人にはわからないことを、独りでみつけて遊ぶのが、わたしの楽しみです。」

熊谷守一の「ひとりたのしむ」をひとりたのしむ私・・・と思いながらニマニマする。

あとは、晶文社のワゴンで買ったこちら。

『紙の空から』柴田元幸 編訳
『猫座の女の生活と意見』浅生ハルミン

『紙の空から』は<旅>がテーマの海外翻訳短編集。今話題のカズオ・イシグロの作品も収録されている。読むのが楽しみ。

『猫座の~』の方はよく見かけてはいたけど、ちゃんと読むのは初めて。
著者が子供の頃習っていた(習わされていた)ピアノについて、ある時突然「はっ!私はなぜピアノを習っているのだろう」とそのふしぎさに気づき、われにかえり、やめた、というエピソード。これ、わかるわぁ・・・と思った。この、「はっ!」っていうのが特に。私も高校生の頃、英語の塾に行っている時にこの「はっ!!」を経験し、その場で「辞めます」と先生に言って、先生にも親にもめちゃくちゃ怒られた、ということがある。イヤっていうより、その場にいることがふしぎに思えてしまうんだよね・・・
と、ちょいちょい共感しつつ、読み進めているところ。


・・・この後、なおやんへのお土産にチーズナンを買って帰宅。
今年も楽しかったなぁー古本まつり&ブックフェスティバル!

本当に楽しかった。本当に本当に本当に・・・(伝わるでしょうか、この気持ち・・・)

本の街に通う女 その4

11 08, 2017
飽きもせず、今日も神保町日記。
古本まつり期間中は暇さえあれば神保町へ行くということを毎年自分に課していて、今回もわりと本当にそれを実行したので、記録しておく。

その1(日~月曜日)
その2(火~木曜日)
その3(金曜日)

----

土曜日。14時半、神保町。

なおやんと一緒にすずらん通りのブックフェスティバルを見てまわる。

それぞれの出版社のワゴンの前にたくさんの人だかりができている。

皆さん、表情は静かだけど本を選ぶ目が超真剣。男性はリュック、女性はトートバッグに戦利品を入れている人が多い。

そして私は、そんな風に本をあれこれと選んでいる人たちを眺めるのがなぜか無性に好き・・・

見た目のテンションは決して高くはないけど、皆さん静かにワクワクしているんだよね・・・
ちなみになおやんはレインボー通商(北朝鮮グッズ専門店)のワゴンの前でじっとしていた。何かを買いそうだったけど、結局何も買わなかった模様。
私は筑摩書房のワゴンでトートバッグを購入。

たくさん本が入りそう。

そういえばお昼ごはんがまだだったので、すずらん通りにあるインド料理屋さんに入り、バターチキンカレーをナンで食べる。
(写真撮り忘れの為、メニュー写真にて)

「ナンのふわふわ部分とカリカリ部分、どっちが好き?」と聞かれたので「ふわふわ部分」と答えると「あっ僕もー」とのこと。

お店を出てからは、靖国通り沿いに並ぶ古本をひたすら見てまわる。

なおやんは昭和の鉄道雑誌を主に見ていた。私はまぁ、また明日も来ることだし・・・と、軽く見るだけにしておく。ていうかこの一週間通い詰めているので、もはやどこにどんな本があるか頭に入っているので、「あ、あの本なくなってる・・・誰かに買われたか」とか、そんな見方をしてひっそり楽しむ。

16時半。歩き疲れたのでグッドモーニングカフェで休憩。

オシャレ系空間。店員さんたちもみんなイケている。そんな中、こんな我々がズンズン入ってきてすみません・・・という気持ちにほんのりなりつつ・・・

でもここのケーキがまたなかなか美味しくて。

しかも、大きい。
シフォンケーキだけど、よくある「すぐにシュンとなるシフォン」ではなく、わりとドシッとした感じなので、ものすごく食べ応えがある。インドカレーを食べた後でお腹がそんなに空いていなかったので、さすがのなおやんも「これは攻めがいがあるぜ・・・」と言いながら食べていた。

食後、店内の本棚から絵本を持ってきたなおやん。

ぐりとぐらシリーズはいつ読んでもいいもんだ。ぐりとぐらが作ったサンドイッチの絵を眺めながら「サンドイッチ、美味しそうだね・・・」と二人、ゴクリと呟く。

この後は神保町から九段下まで歩き、スタバへ(神保町のスタバはいつの間にか閉店していた・・・)。毎年恒例、ホリデーベアリスタをお迎えする。
面接の結果、この子たちに決定。

ども!ぼくたちです!

・・・我が家のクマーズ、また増えるの巻。

家に帰ってからは、すずらん通りの屋台で買ってきた中華を夜ごはんにつまむ。

最後の最後まで神保町にお世話になる一日。


・・・この神保町古本まつりシリーズも次の記事がやっと最後。

本の街に通う女 その3

11 07, 2017
神保町で食べたり買ったり読んだりした一週間の記録。

その1(日~月曜日)
その2(火~木曜日)

金曜日。神保町に着いたのは17時50分。

この日から3日間(金~日)、すずらん通りでは『ブックフェスティバル』が開催される。隣の靖国通り沿いでは古本まつりも開催中だけど、ブックフェスティバルの方は古本ではなく新品の本が半額になっていたりするので、かなりお得なのだ。古本が生理的に苦手な人でも楽しめる。

全国から集まった出版社が、それぞれのワゴンで割安セールをしている。

掘り出し物がワンサカワンサカ・・・

・・・でもまぁ、ブックフェスティバルの方はまた土日にゆっくり見てまわることにして、とりあえず靖国通り沿いの古本をチェックしに行く。

本好きが集まっているのがなんとも心地良い。一人で黙々と本を物色している人(特におじさん)多数。皆さん顔は無表情に見えるけど、心の中では各々信じられないくらいのテンションになっていること、私知ってる・・・

軽く一冊購入後、夜ごはんを食べに行く。なおやんもいない日だし、次の日はお休みなので、思う存分夜遊びするぞー!という気分。私にとっての夜遊びとは、夜遅くまで喫茶店で本を読むこと・・・

まず向かったのは『カフェ・ヒナタヤ』。大好きなチキンカレーが食べたくて。

超レトロなビルの4階に入っているんだけど・・・行ってみたらもう閉まっていた。あれぇ。

では、と、今度は最近オープンした『馬子禄 牛肉面』という中国発のラーメン屋さんに行ってみる。いつもお店の前に大行列ができていて気になっていたのだ。
中に入り、さっそく「蘭州牛肉面」を注文。ラー油とパクチーの量はどうしますか?と聞かれたので「普通で」とお願いする。

きた。

アッサリ色のスープに真っ赤なラー油と緑のパクチーがどっさり。

どれどれ・・・

思っていた以上にシンプルな味。ラー油とパクチーがないとアッサリし過ぎちゃうかも・・・。周りを見ると中国人のお客さんが多かったので、もしかしたら中国の方々にとっては「懐かしい味」なのかもしれない。私はもうちょっとパンチがあった方が好きかな・・・

ラー油の辛さで汗だくになったところで、今度はタムタムに移動。

パンプキンタルト、いきます

お茶を飲みながら買った本を読む。

『10人のパリジェンヌ』山本ゆりこ・アトランさやか

32歳の映画監督から79歳のバレエ講師まで、生き生きと人生を歩んでいる10人のパリジェンヌの話。生い立ち、仕事、家庭、暮らし模様・・・十人十色で面白い。

「私はもう、結婚にもパックス(いわゆる事実婚)にも興味はないの。愛は契約するものじゃない。約束は毎日繰り返すものだと思う。」

「「私は私の60代の女性を構築したい」と考え、ほかの人の意見は聞かないことにしたのよ。」

「仕事で成功する人もいれば、愛情面で成功する人もいます。大事なのは、心の底で幸せと感じること。」


結婚や離婚、出産、育児、仕事・・・と、この本の中に出てくる女性たちの人生もいろいろだけど、皆さんキリッとしていて、強いなぁ・・・という印象。彼女たちの部屋の様子やバッグの中身の写真も素敵だった。パリ・・・おお、憧れのパリ・・・


神保町一週間日記、まだつづきます。

本の街に通う女 その2

11 06, 2017
その1のつづき。
古本まつりが開催されたこの一週間の間に
神保町で食べたり買ったり読んだりした記録を淡々と。

火曜日。18時、神保町。
本の回廊を眺めながら、靖国通り沿いをぷらぷら歩く。棚の内容が数日前と変わってなにやら豪華になっているのを見て、「おっ!大将も本気出してきましたねぇ!」と、店主の肩をポンッと叩く。心の中で。
いつどのタイミングで店主が勝負本を表に出してくるのか・・・それをドキドキしながら見守るのが私の密かな楽しみ・・・まぁ私が買うのはいつだって数百円の安い本なんだけど、本気の古本マニアの方々は数万円の本もサクッと買うんだろうな。

夜は、三幸園で炒飯と餃子と野菜炒めを買って帰り、なおやんと食べた。

----

水曜日。18時半、神保町。
本を見てまわった後、夜ごはんを食べにいく。なおやんはいない日なので、気兼ねなく外ごはんだ。
前から気になっていたカレー屋さん、『ビストロべっぴん舎』へ。
赤のべっぴん薬膳カレー、を注文。

カルダモンとジンジャーのいい香りがする。

見た目はスープカレー風。

薬膳、とあるけど、クセはない。むしろ私はもっとスパイスが効いててもいいくらい。(でも、食べているとだんだん汗が出てきたので、やはりいろいろ効いていたらしい)
美味しかった・・・けど、やっぱり私は神保町でカレーといったら『カフェ・ヒナタヤ』に行っちゃうかな。

----

木曜日。19時、神保町。
時間的に本の回廊はもう終わってたけど、三省堂書店はまだやっているので、ぷらっと立ち読みしに行く。
その後、すずらん通りをぷらぷら歩きながら、家にいるなおやんに「夜なに食べたい?今目の前に天丼のお店と新潟タレカツ丼のお店があるけど」と電話で聞いたところ、「新潟タレカツ丼、いってみようぜ?!」というので、お弁当を2つ購入。
家に帰ってさっそく食べる。

わぁー新潟だ新潟だ!
駒ケ根や会津のソースカツ丼もいいけど、新潟のタレカツ丼もたまに無性に食べたくなる。醤油ベースのタレでごはんが進む。


・・・私の神保町一週間、まだつづきます・・・

怒涛の神保町ごはん

01 07, 2017
世間では3連休らしいけど、私たちは今日(土曜日)は仕事だったので2連休。
でも、2日もお休みがあったら北陸行けるよね?!ということで、明日から北陸方面へ行くことにした。ちなみにまだチケットは取っていない。新幹線で行くか飛行機で行くか悩むところ・・・(例によって、私が「新幹線がいいんじゃない?」と言うと「そうだねぇ。でも飛行機もいいよね?」と言われ、「じゃ、飛行機にしようか」と言うと「うーん・・・でも新幹線もいいよねぇ」と言われる。なおやんとの不毛な会話集)


北陸に行ったらまた旅日記シリーズになるので、その前に、この1ヶ月の間に神保町で食べたものの記録を書いておく。相変わらず神保町に貢ぎまくってますから。

近い順から。まずは今日(ていうかついさっき)食べたもの。
仕事帰りになおやんと待ち合わせて、すずらん通りにある『はちまき』で天丼を食べた。今日の夜ごはん。

創業昭和6年の老舗だけど、夜でも千円で天丼が食べられるという庶民の味方的名店。江戸川乱歩や井伏鱒二など、たくさんの文豪もこのお店に通っていたらしい。萌える。


次。タイ料理の『メナムのほとり』。


カオマンガイにもヌードルにもナンプラーをかけまくって食べる。お店の人から「コップンカー!」(ありがとうございましたー!)と言われると、なにやら幸せな気持ちになる。


『武膳』のごぼう天うどん。

福岡風のごぼう天がサクサクでたまらない。やはりうどんは西日本の透き通ったスープがいいね。


『タムタム』のピザトースト。

ぶあつい。ポテチが付いているのが嬉しい。


店名忘れたけど、ローストビーフ丼。

これはまぁ普通だったような・・・ローストビーフ丼って流行っているけど、どうもどんぴしゃのローストビーフに出会えていないような。私はローストビーフにこだわりのある女・・・


『カフェひなたや』のチキンカレー。

チーズトッピングは必須。


神保町・・・つくづく落ち着く街だな。古書店街の中に美味しいお店がいっぱいあるなんて、ここは天国か。


そして現在21時。なおやんはまだ明日の行き方で悩んでいる。新幹線でも飛行機でもどっちでもいい気がするけど・・・いったい何をそんなに悩むのか謎・・・
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム