横浜おでかけ1・夜景の見えるホテル

12 24, 2017
先週の話。
急に「クリスマスっぽいことがしたい」と思い立ち、夜景の見えるホテルを検索したところ、ちょうど横浜桜木町にあるニューオータニが空いていたので、すかさず当日予約。で、すぐに行く。

近場なのにこの非日常感・・・
「私たち、貧乏でよかったね」
「もしお金持ちだったらこういうのも日常になっちゃうものね」
と(負け惜しみを)話す。こういうバブリーなことはたまにやるからこそ特別感が出るってなもんだ。
ちなみに言うまでもなく、かなりお得なプランな上にさらにポイントを使ったりしたので、私たちが出したお金は一人たったの◯千円・・・ぬかりはなくてよ。

横浜の景色・・・ムーディーだよねぇ

デートにぴったり。みなとみらいにいる人たちってなんかみんな恋愛しているように見える・・・偏見だけど・・・
とりあえず、バックミュージックとしてジョージ・マイケルの「ケアレス・ウィスパー」をiPhoneでずっと流しといた。私たちのバブルごっこのテーマ曲。

クマーズたちもおめかしさん。

一張羅を着てまいりました


(うふふ・・・今夜カレから告白されるのかしら・・・ドキドキ・・・)

↑というシチュエーションが似合う横浜ベイエリア。

なおやんは恋愛よりもたまたま停泊していたクルーズ船・飛鳥IIに夢中。

ちょうど出航するタイミング。良い船旅を・・・

ところでこの日は二人ともご飯をちゃんと食べずにここまで来たので、もうお腹がペコペコで具合が悪くなりそうなレベルだったので、桜木町駅からバスに乗って急いで中華街へ行く。

ハァハァ・・・ごはん・・・北京ダック・・・小籠包・・・

中華街に来るのは久々。


もうこうなったらオーダー式食べ放題のお店に入って食べまくろう!とやる気を出す。

この後怒涛の料理写真(胸焼け注意)。

つづく・・・

横浜おでかけ2・中華食べ放題

12 24, 2017
横浜おでかけ1日目のつづき。中華街にやってきたところから。

17時40分。中華料理がオーダー式で食べ放題(平日1980円で時間無制限)というこちらのお店へ行ってみる。

鵬天閣。
・・・やるぞ・・・やってやるぞ・・・という謎の闘志を燃やしながらいざ店内へ。

席に着き、さっそくメニューを見ながらあれこれ注文していく。
以下、食べたもの・・・

海老のマヨネーズ和えと北京ダック。


豚肉小籠包と海老餃子。


蒸し鶏の冷菜。


エビチリ。


ワンタン特製ソース掛け。


牛肉のXOソース炒め。


チャーシュー炒飯、海老と玉子の炒め、チャーシュー。


豚肉小籠包(2回目)と角煮。


よだれどり。


カスタード揚げまんじゅうとカステラ。

・・・写真はないけれどこの他に冷たいデザートもいろいろ食べた。杏仁豆腐とか愛玉とか。冷たいデザートは冷蔵庫から自由に取ってオッケーなので、それをいいことに、なおやんはマンゴープリンを何度も何度も取りに行っていた。おそるべしマンゴーへの執着心・・・

約2時間かけて、頼んだもの全部二人で完食。
「私たち、残さずに食べるからエライよね」
と自画自賛しながらお店を出る。

その後、なんだかお茶で体内を洗い流したい気分になったので、「同發」で中国茶葉を購入。

プーアル茶と東方美人。

胃が疲れてきたのでそろそろホテルに戻り、お湯を沸かしてプーアル茶を飲むとする。

つづく・・・

横浜おでかけ3・ホテルの夜と朝

12 25, 2017
横浜おでかけ1日目のつづき。中華街でたらふく食べた後、ホテル(ニューオータニイン横浜)に戻ったところから。

21時過ぎ。部屋の窓から夜景を眺める。

観覧車がラブ色。若いカップルたちが乗っているのかな・・・と想像して勝手に甘酸っぱい気分になる。

若いカップルではない私たちだって夜景に浸りたい!というわけで、グラスにシャンパンを注ぎ、夜景を眺めながら乾杯・・・といきたいところだけど、そんなものはないので、とりあえずプーアル茶を入れて飲む。

ズズーッ・・・ズズーッ・・・と温かいお茶を飲みながら、「いやぁ、いい夜景ですなぁ婆さん」「そうですねぇお爺さん」と縁側の老夫婦のようにまったりする。

クマーズたちはラブラブ。

うふふ・・・ロマンティックがとまらないね・・・

その後、なおやんはすぐに爆睡。
私はなんだか興奮してなかなか眠れなくて、4時前にやっと就寝・・・。4時前って、もうほぼ朝・・・

——

横浜2日目の朝。

6時半。なんとなく目が覚める。
空が明るくなってきた。

・・・このまま日の出まで空を眺めていたい気もしたけど、なんせ4時寝なので、まだ眠い。というわけで寝直す。

8時半、再び起床。今度こそ本当に起きる。
身支度を整え、朝食会場へ。


・・・昨夜は中華の食べ放題で胃を酷使してしまったけど、プーアル茶のおかげで胃もたれはしなかった。さすがプーアル茶、最強だな・・・おかげさまで朝食ビュッフェも新鮮な気持ちで臨むことができる。

ま、こんな感じで。

目の前で焼いてくれるオムレツは外せない。チーズが入っていてトロトロだった。

あとはパンケーキとか。

お昼は抜くので、その分ここでたくさん食べていいよね・・・と、自分を納得させる。

食後は部屋に戻り、チェックアウトの12時までまったり過ごす。

記念撮影パシャリ


12時にホテルをチェックアウト。
この後は別行動して、各々好きなところへ行くことにする。
なおやんは日本郵船氷川丸、私は神奈川近代文学館へ、それぞれ向かう。

つづく。

横浜おでかけ4・文学館で一人ひたる

12 25, 2017
横浜2日目のつづき。お昼にホテルをチェックアウトしたところから。

12時。各々趣味タイム開始。桜木町からバスに乗って、なおやんは日本郵船氷川丸へ、私は神奈川近代文学館へ、それぞれ向かう。待ち合わせは2時間後。

港の見える丘公園の一画にある神奈川近代文学館。


文学の世界に浸りましょう・・・

入館料は250円。神奈川県ゆかりの文豪の原稿や書簡などがたくさん展示されていて、見ていて楽しい。
原稿用紙に書かれた彼らの字体を見ると、ほんと皆さんそれぞれ個性的で興味深い。

谷崎潤一郎の『痴人の愛』の原稿の字はまるで中学生男子がノートに書くような幼い字体だったんだけど、ひとつひとつのマス目に一文字一文字がキッチリと収まっていた。
大佛次郎は達筆。
夏目漱石は神経質そうな細かい字。
有島武郎はこれまた中学生男子系の字で、 マス目からははみ出ていた。ザーッと速書きした感じ。
芥川龍之介の『一塊の土』の原稿は、マス目の中に字がこじんまりと収まっていた。字、ちっさ!!と思った。

・・・と、字体を見比べるだけでも十分面白いんだけど、知らない作品をここで知ることができたのも収穫だった。中島敦の『かめれおん日記』とか、知らなかった。読んでみたい。

太宰治と三島由紀夫のコーナーは特に充実していて、例えば太宰だと、鎌倉心中事件(本人は未遂、相手の女性は死亡)の遺書とか、芥川賞が欲しくて川端康成あてに懇願する手紙なんかが展示されていた。・・・本人からしたら恥ずかしいだろうな・・・こんなところでみんなに見られるなんて、書いた時は思ってもいなかっただろうに。
三島由紀夫も、作品のプロットが細かく書かれたノートとかあって、『豊饒の海』のプロットを見た時は大興奮してプルプルしてしまった。

ところで三島由紀夫は太宰治のことが大嫌い、と自著の中で書いているけど、でもこの二人、真逆のようでいて、どこか似ているような・・・なんだかそんな気がしてしまう。
『小説家の休暇』の中で、三島由紀夫はこんなことを書いている。

私が太宰治の文学に対して抱いている嫌悪は、一種猛烈なものだ。第一私はこの人の顔がきらいだ。第二にこの人の田舎者のハイカラ趣味がきらいだ。第三にこの人が、自分に適しない役を演じたのがきらいだ。女と心中したりする小説家は、もう少し厳粛な風貌をしていなければならない。

・・・いやもうこれ、好きでしょ・・・嫌いだったらこんなに注目しないよ・・・

とにかくこの二人がこうやって同じ文学館の中で世間に見せるつもりじゃなかったあれやこれやを晒されている、ということに、微笑ましい気持ちになりながら、文学館を後にする。有意義な250円だった。

14時。なおやんがいる氷川丸方面へテクテク歩いていく。
途中、花壇を愛でつつ・・・

「まぁステキ!」


「お花さん、なんてかわいいのかしら・・・まるであたしみたい・・・」

・・・数分後、氷川丸に到着。

ちょうどなおやんが船内から出てきたところだった。船内の見学、なかなか面白かったらしい。

私は氷川丸よりもカモメさんの方が好き・・・

ポケーーー・・・

最後に中華街に寄って帰る。

朝しっかり食べたので、もう食べ物はいいよね・・・と言いつつ、なんやかんや買い食いする。

チャーシューまん。

大きくてふわふわ。チャーシューが甘い。普通の肉まんもいいけど、中華街に来たらやっぱりチャーシューまんだな。

あと、愛玉レモンジュース。

プルンプルンの愛玉がたくさん入っていた。


この後、夕方には帰宅。
お土産に肉まんを買って帰ったので、翌日蒸して食べた。やっぱり中華って、いいよねぇ・・・

——

で、この日記を書いている今は新幹線に乗ってますよ・・・山形行きのつばさ。山形で肉そば食べたい。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム