入院日記1~病室入り

02 23, 2016
入院1日目。

9時半。母に付き添われ入院。
病室は4人部屋で、うち3名が同期入院。同期同士、軽く挨拶する。けど、お互い深くは踏み込まない。

持ってきた荷物を、ベッドサイドのロッカーや引き出しにしまっていく。この作業、好き・・・なんか新しいお部屋のインテリアを考えているみたいで。
引き出しの奥には守り神が鎮座。

ドウモ、ボクデス

・・・クマーズはわりと大きいので、我が家で一番ちびっこいゴリィくんを連れてきた。さみしくなったらゴリィくんに話しかけるんだぁ・・・涙を拭きながら・・・

10時。入院着に着替える。
そして着替えた途端、まんまと病人気分になる。服に影響されやすい私。
私以外の同期2名へは、それぞれの担当の看護師さんがやってきて、今日の予定や明日の手術のことや備品やその他もろもろについていろいろ細かく説明している。が、私のところにはなかなか来ない。なぜだ。なぜ私だけが待ちぼうけなんだ。私だっていろいろ聞きたい。もしかして私の存在、忘れられてるんじゃ・・・
・・・と、ちょっと焦ったけど、慌てない慌てない。こっちの頭の中のタイムシートと実際のタイムシートがズレると、すぐに焦りを感じてしまう。ここはひとつ、岩になって、待つことにする。岩。私は岩。(と岩の精神になっていたらすぐに来てくれた。焦りほど無駄なものってないな)

11時。麻酔科の先生に呼ばれ、明日の全身麻酔についていろいろ説明を受ける。
しかし、酸素マスクして点滴入れて5秒で寝ちゃうって・・・不思議。今回は夢を見るだろうか。
ちなみに、前も書いたけど、5歳の時にやった全身麻酔では、松本伊代の『太陽がいっぱい』というラテン調の曲がずっと流れている夢を見た。

♪コパカバーナ 危険な香り~
♪コパカバーナ 秘め事みたい~


さすが5歳児、手術中とは思えない陽気なサウンド。
その数年後、まさか自分がコパカバーナ海岸のすぐ近くに住むことになるとは(リオデジャネイロ)。ある意味予知夢・・・

11時半。採血と除毛と臍処置。
除毛はいいとして、臍処置・・・お臍をグリグリやられるのかな・・・とビクビクしていた私。
ここで汚れがたまっていたらなんだか恥ずかしいので、実は昨日、前もって自分でしっかりお臍のお掃除をしておいた。
でも、臍処置前に看護師さんから
「お臍のお掃除ってしたことありますか?」
と聞かれた時には
「いや~・・・そんなにしないですねぇ・・・どうだろう、汚れてるかなぁ・・・」
と答えた。昨日カンペキに掃除したくせに。自分でもよくわからない見栄が出た。

・・・さて、除毛も臍処置もこれでオッケー。もう今日のイベントはこれでほとんど終わったかな・・・わからないけど。

12時。お昼ごはん。

肉野菜炒め、はんぺんのチーズ巻き、きざみ青菜、ごはん、バナナ。
まぁ、こんなもんか。

バナナはゴリィくんにあげる。

バナナたべるーー

この先の予定は、13時半にシャワーを浴びて、15時には下剤飲んで・・・って感じ。
夕方にはなおやんが来てくれるらしい。

つづく・・・

入院前日・・・

02 22, 2016
明日から入院するってよ。
誰がって、私が。

実感なさすぎて、他人事になってきていてヤバい。入院準備もギリギリ今日になってやっとやったところ。
でも、今は病院でパジャマもタオルもレンタルできるからラクチン。荷物が少なくて済む。(と言いつつ、暇つぶし用の漫画として手塚治虫の『ブッダ』全12巻を持っていく私であった。・・・重い・・・ブッダ、重い・・・いろんな意味で・・・)

左卵巣に8センチ大のチョコレート嚢腫が出来ているので、今回ちょっくら取ってもらうことにしたんだけど、開腹ではなく腹腔鏡手術の予定なので、入院はたったの5日間でいいらしい。ちょっと旅行に行くくらいの日数。
とは言っても、お腹の中を見て癒着が酷ければ、途中で開腹手術に切り替える可能性もあるらしいけど。どちらにせよ、まな板の上の鯉だ。流れに任せる。

明日は入院するだけだけど、手術準備としていろいろやることがあるらしい。
病院からもらってきた旅程表・・・じゃなくて(←ついうっかり旅行気分)予定表を見ると、明日は

「採血」
「尿の量をはかる」
「シャワー浴」
「15時 下剤」
「除毛・臍処置」

というイベントが待っている模様。・・・「臍処置」って、なんだ。ちょっとこわい。想像できなくて。


明日の朝は父の車で病院に連れて行ってもらうので(なおやんは仕事でいない)、さっき実家に帰ってきたところ。大量のブッダを持参して。もう読んじゃおうかな~ブッダ・・・

では、明日から入院、行ってきます!

北海道旅13~比布駅に行ってみる

02 21, 2016
北海道3日目の続き。旭川でお昼ごはんを食べたところから。

14時20分。旭川駅から宗谷本線幌延行きに乗車。

これに乗って、比布(ぴっぷ)駅まで行ってみる。

14時46分。比布駅に到着。


静かな駅だけど、旭川駅まで30分以内で行ける通勤通学圏内だから、乗降客は意外と多い。私たちが乗ってきた列車からも、学生さんが5~6名降りていた。

とりあえず、比布駅のまわりを散策。

・・・しーーん

誰もいなくて、ちょっと怖くなる。
晴れ間は見えているけど、風が強くて超絶寒い。この旅一番の寒さ。寒すぎて、口が凍ってうまく動かない。「ぴっぷえき(比布駅)」と言おうとして「ぴっぷぺぴ」になってしまった。

踏切を渡る。

線路をひとりじめ。

とここで、なおやんが
「・・・そろそろくるよ、アレが!」
と呟いたので、踏切から出て、少し離れたところにて待機。

そして数分後。

キッターーーー!

そう、見たかったのはラッセル車。
ラッセル車が通る時間を調べて、比布駅の踏切からなら見られそうだと踏んで、ここまで来た私たちなのであった。どんだけ雪かき車好きなんだよ・・・

どんどん近づいてくるラッセル車。

ドキドキ・・・


ドキドキドキドキ・・・!

そしてとうとうMAXで近づいてきたその時!
私としたことが、興奮し過ぎてズッコケてしまったぁぁぁバカバカわたしのバカ

↓それでも執念でシャッターを押した結果

・・・・・・。

私はダメだったけど、なおやんはデジカメでしっかり撮れたみたいなので、まぁ、よかったね。(だけどその完璧に撮れた写真とやらをPCに取り込んでここにアップする元気はない)

写真はアレだったけど、生ラッセルを見られたので、満足満足。
その後、ぴっぷぺぴ・・・じゃなくて比布駅に戻り、15時54分発の旭川行きに乗る。



さらば、比布。さらば、宗谷本線。また乗る日まで・・・

旭川駅に着いてからは、お弁当を買って、空港バスで旭川空港へ行き、19時35分発羽田行きのエアドゥに搭乗。

LCCではない飛行機に乗るの、ものすごく久しぶり・・・シートピッチが広くて快適。(というかこれが普通で、LCCの方が狭過ぎるって話なんだが)

23時頃、帰宅。
帰ってすぐ、なおやんが
「あ~。なんか北海道行きたくなってきた!」
と言い出す。帰ってきたばかりなのに。

おわり。

-----

ふー!なんとか入院前に北海道日記を書き終えたぞ。
明後日から入院なんだけど、まだ何の準備もしていないので、これからちょっくら買い物に行ってきます。スリッパとかパンツとか買いに行かねば。

北海道旅12~旭川で寿司ランチ

02 19, 2016
北海道旅3日目のつづき。塩狩を出るところから。

9時45分、チェックアウト。
今回は塩狩ヒュッテに2泊したわけだけど、連泊にして大正解だった。のんびり過ごせた。といっても、早朝4時半に起きて駅までラッセル車を見に行ったりもしたので、のんびりなのかアクティブなのかよくわからないけど、とにかく、私たちのやりたいこと(=基本のんびり過ごして、列車がやってきたら窓からすかさず見る)は全部できた。

9時58分、塩狩から旭川行きの列車に乗る。

さよーならー塩狩ー

10時28分。旭川駅に到着。

クマ記念撮影1


クマ記念撮影2

まだランチには早いので、とりあえず旭川駅直結のイオンのフードコートに行き、椅子に座ってこの先の行程を話し合う。
今回の帰りは、新千歳ではなく旭川空港からだから、ものすごくラク。しかも夜の便なので、まだまだ時間はたっぷりある。
となると、ここはやはり・・・
「また宗谷本線、乗りに行っか?!」
ってことになるわけで。さっき塩狩から宗谷本線に乗って旭川までやってきたばかりなのに、またその宗谷本線に乗って塩狩方面に戻るという、謎の試み。『秘技・行ったり来たり』。
といっても、次は塩狩まで戻るのではなく、途中の「比布駅」というところで降りてみることにする。

ハイ、この先の行程決まり。

しかし、北海道は大きいな。
旭川・稚内間なんて、地図で見ると近くに見えるけど、本州で言うと、東京から静岡県の浜松くらいの距離はあるらしい。距離感が麻痺する地、北海道。

12時になったので、宗谷本線に乗る前にまずは旭川駅前でお昼ごはん。
駅を出る。

晴れてはいるけれど、風がものすごく強い。地吹雪注意。

歩いて数分で、お目当てのお店に到着。

『寿司処みうら』。
今回の旅ではまだ海鮮を食べていなかったので、最後になんとしてもお寿司が食べたかった。

頼んだのは1080円のランチ。

綺麗に並ぶにぎりたち。
にしんが美味しかった。エビ汁も。

会計の時、おかみさんから「ご旅行ですか?」と話しかけられたので、「はい、塩狩に泊まってたんです」と答えたら、おかみさんだけではなく、大将や他のお客さんたちも振り返って
「し、塩狩?!」
「何もないところだよね?!」
「あそこは・・・地元の人でもなかなか行かないよぉ?」
と一斉に驚かれて、笑った。ええ、何もないから行くんです・・・何もないのがいいんです・・・

寿司処みうら、お寿司も美味しいし、何よりも大将とおかみさんのお人柄が気さくで、お店の雰囲気がいいので、気に入ってしまった。旭川でお寿司を食べたくなったらまたここに来よう。

次に乗る列車までまだ少し時間があるので、タリーズに入り、北海道・東北・北信越エリア限定発売の「タリーズスノーマンラテ」を頼んでみる。

かわゆい・・・ふわふわ・・・

そしてここで、なおやんが「ゴリーズがいる!あとエプロンのベアフルも!」と見つけてしまう。
見つけたからには・・・

連れて帰るしかないじゃないか・・・

さっそくクマーズ(と、ゴリィが1匹)でミーティング。

わーわーハジメマシテよろしくねワイワイガヤガヤ

まぁみんな、仲良くやってくれたまへ。

この後、再び宗谷本線に乗り、比布駅へ向かいます。

つづく・・・(次が最後)

北海道旅11~早朝のラッセル

02 18, 2016
北海道旅3日目。塩狩のユースホステルにて。

とうとう最終日。
最終日の朝くらいのんびり寝てようや・・・と思いきや、二人して早朝4時半に起床。
5時過ぎにラッセル車が塩狩駅を通過するという情報を入手したので、はりきって起きてしまった。ラッセルでハッスルする二人。

4時50分。塩狩駅へ行ってみる。


今、私たち、冬の早朝の塩狩駅に立っている!わー!と、興奮する。
なんでこんなに塩狩駅が好きなのか、自分でもわからない。わからないけど、なんか好きなんだ!

こんな早朝の秘境駅にいるのは私たち二人くらい・・・と言いたいところだけど、実はそうではない。

(この写真では見づらいけど)除雪員の方々がすでに作業されている。朝早くからお疲れ様です・・・

除雪員の方がホームに上がって来られたので、「おはようございます!」「お疲れ様です!」と体育会系風にご挨拶させていただいたら、
「君たちも早いねぇ!ラッセルはもうすぐ来るよ」
と教えてくださった。すみません、朝から変な二人が来ちゃって・・・

そして待つこと数分。
なんか、キタ。

ピカー

私たちの前をゆっくり通り過ぎて行くアゴ勇・・・じゃなくてラッセル車。



・・・そして暗闇の中に消えていった。

こういう風景は、雪国に住んでいる人たちから見たら当たり前のものなんだろうけれど、私たちにとってはものすごく非日常的なものなので、なんというか・・・感動した!!!(by小泉純一郎)

ホクホクしながら宿に向かって歩いていくと、宿の近くでキタキツネの足跡を発見。

足跡を追うと、宿の周りをウロウロしているようだった。昨夜のジンギスカンの匂いに誘われたか。

その後部屋に戻り、再び寝る。
7時、2回目の起床。
窓から外を眺めると、ちょうど雪雲が切れていて、いいお天気に。


すがすがしい朝・・・

7時半。朝ごはん。

今日はパン!本当にこのお宿のごはんは美味しい。やさしい味。

部屋に戻ると、さっきまで晴れていたお天気が一気に雪模様になっていた。

↓食事前


↓食事後

一気に真っ白。


・・・この後、塩狩から旭川に向かいます。
つづく。

北海道旅10~ラッセルとジンギスカン

02 17, 2016
北海道旅2日目のつづき。
お昼に士別へおでかけし、塩狩に戻るところから。

15時。バスに乗って塩狩の宿まで帰還。
部屋に戻り、私は寝転がって読書。
本は、談話室の本棚から拝借。

『北海道の地名 謎解き散歩』。
北海道の地名はアイヌ語がそのまま使われている(漢字に音訳されている)ものが多く、もともとの意味を知るのが面白い。

一方なおやんは、「もうすぐ塩狩にラッセルが来るから、駅まで行ってくる!」と言って、カメラを持ってスタコラと外に出て行った。
15時半頃、駅に何かが入ってきた音が聞こえてきたので、窓を開けて確認。

いるいる、赤くてゴツいのが。なおやんはこれを撮りに行ったんだな。
このゴツいラッセルが雪を豪快に吹き飛ばしながら走っていく姿を想像すると・・・「かっこよくて萌える」と「迫力ありすぎてこわい」の中間な気持ちになる。

約30分後、発車の警笛が聞こえてきたので、再び窓を開けてラッセルを見送る。



・・・部屋の窓からの光景とは思えない。暖かいお部屋でぬくぬくしながら、雪かき車を眺められるなんて。

数分後、なおやんが部屋に戻ってきた。
駅のホームから撮ったラッセルの写真を見せてもらう。

なんだろう・・・何かに似ている・・・と思ったら、あれだ、あご勇だ。


18時半。夕食タイム。
今夜はジンギスカン。

和寒の金子精肉店というお店のジンギスカンらしい。

ピリ辛のタレに漬け込まれたお肉をジュージュー焼いていく。

これがもう、美味しくて美味しくて。
しかも、かなりボリューミー。お肉もお野菜もたっぷり。

お腹ぱんぱんで部屋に戻った時には、二人ともしっかりジンギスカン臭くなっていた。
特に髪の毛にがっつり匂いがついたかな・・・と思ったので、なおやんに
「ちょっと私の髪、嗅いでみて。ジンギスカンの匂い、する?」
と聞いてみた。
するとなおやんは「くんくん、くんくん・・・」と嗅いだ後、神妙な顔で
「・・・なんか、スティックのりの匂いがするよ、ゆかりこの髪の毛」
と言ってきた。・・・スティックのり・・・スティックのりって・・・文房具じゃない!素直にジンギスカンの匂いがする方がよかった。文房具の匂いがする髪の毛なんて・・・そんな・・・斬新すぎる・・・

その後、シャワーを浴びて、後はベッドでダラダラ。
そうしているうちに、いつの間にか寝てしまった。


北海道旅最終日につづく・・・

北海道旅9~士別へおでかけ

02 16, 2016
(北海道から帰ってきましたので、旅日記の続きを書きます)
北海道旅8のつづき。
北海道旅2日目。塩狩のユースホステルで朝ごはんを食べたところから。

今回は塩狩に2泊するので、あたたかくて居心地がいい塩狩ヒュッテのお部屋でずっとのんびり、ダラダラゴロゴロ過ごしていてもいいんだけど、せっかくここまで来ているので、ちょっくら士別駅付近まで出かけることにする。

11時3分、塩狩から路線バスに乗る。

塩狩から士別までは約1時間。
この日は変な天気で、雪ではなく氷の粒みたいなのがバンバン降っていて、その氷がバスの窓に張り付いて、凍っていた。
途中、運転手さんが
「フロントガラスがしばれますんで、一旦停車します」
とアナウンスし、バスを止め、外に出てフロントガラスの氷をホウキではたいていた。・・・「しばれる」(=「凍る・冷える」)という響きに、なぜかキュンとする。極寒の地、という感じ。

12時10分、士別駅に到着。
そこから循環バスに乗り、士別市役所前で下車。
市民でもないのになぜ市役所で降りたのかというと、市役所の隣の文化センターでこんなイベントが行われていたから。

『真冬のスロウCAFE』。
道北のカフェやパン屋さんや雑貨店が出店していて、全体的にナチュラルでオーガニックな雰囲気。天然生活的な。
道北を盛り上げているお店を一度に知ることができてよかった。

休憩スペースもあって、ブースで買ったものをその場で食べられるようになっていたので、さっそく買う。これが本日のお昼ごはん。

『名寄市・食工房おると』のベーコンポテトのホットサンドと、『中川町・森のはちみつ』のレモンスカッシュ。・・・うん、北の味がする。ような気がする。
どちらともその場で作ってくれたので、できたてでおいしい。

その後、会場を出て、士別駅方面に向かってテクテク歩く。

気温はマイナス4度。でも、そんなに寒く感じない。千葉でマイナス4度と聞くと「もうダメだ・・・氷の世界だ・・・」と絶望的な気持ちになるけど、北海道のマイナス4度は「なんだマイナス4度か、意外と暖かいねぇ」という感じ。環境に左右されやすい私の五感。

なおやんが前を歩いていたんだけど、突然ピタッと止まったので、何かと思ったら、

『パフェのみせ』
って書いてある・・・
さらに黒板には
『さむ~い冬でも パフェたべよ~』
って。なおやんのためにあるようなお言葉。

お店の名前は、

『芽夢』。
なおやんのウキウキが止められないので、とりあえず入る。

私は全くお腹は減っていないので、ホットカルピスだけ頼む。

カルピスって、しみじみおいしいなぁ。何からできているのか知らないけど。

そして、なおやんさん。

やっぱりパフェいきよった!
なおやんはモリモリ食べていた。私は、リンゴのところだけ、もらった。

14時10分。士別駅前から路線バスに乗り、塩狩へ戻る。
バスの窓からは、凍った川が見えた。



つづく。

【速報】ゴリラ仲間入り

02 15, 2016
旅日記は中断中ですが、まだ北海道にいます。
今いるのは旭川駅前のタリーズ。
そしてこのタリーズで、ゴリーズに出会ってしまった。

よろしくウホ

せんぱいクマーズに囲まれて、固まるゴリーズ。

あ、あの・・・やさしくしてください・・・

他にも、コーヒーアドバイザーベアフルちゃんも仲間入り。

大所帯だな・・・

さて、これからですが、また少しだけ宗谷本線をウロウロして、夜の便で帰ります。
帰ってから塩狩日記を書くのが楽しみ。

ちょっとタイム(塩狩峠にて)

02 14, 2016
只今塩狩峠のユースホステルにて絶賛まったり中。

基本、寝て過ごす。

そして、線路に何かやって来たら、窓から見る。

ラッセル車もいた。すごいなここ。

とりあえず、リアルタイム旅日記はお休みして、帰ってからちまちま書くとします。

塩狩峠・・・なんだか異次元みたい。時間の流れ方がここだけ違う。

北海道旅8~塩狩の朝とクマ

02 14, 2016
北海道旅2日目。

おはようございます。
今朝は6時に起床。
身支度を整え、朝ごはんの時間まで窓から外をぼんやり眺めて過ごす。

今日も塩狩。明日も塩狩。うれしい。連泊にしてよかった。

クマも外を眺める。

「うわぁ・・・ステキだなぁ」

・・・目がキラキラしてる。心が綺麗な証拠だ。

キラキラキラキラ

クマーズは2段ベッドのハシゴがお気に入り。

みんなで記念撮影。

7時半。朝食。

あたたかいごはん。おいしい。ごはんが進む。
食後お茶を飲みながら、一人旅中の男性のお客さんと話が弾む。こんなマニアックなところに来る人は、やはり旅好きの方が多く、旅のよもやま話を聞くのが面白い。

部屋に戻り、再びまったりタイム。
9時39分。スーパー宗谷が塩狩を通過するので、部屋の窓から見る。




・・・最高。
部屋からこんな景色が見られるって、すごいな。

しかし、このままここでずっとこうしていたら廃人まっしぐらな気もするので、これからちょっくら士別に出かけてきます。

つづく。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム