台湾旅17・そして台北へ~帰国

04 28, 2016
台湾旅4日目のつづき。花蓮から自強号に乗り台北に向かっているところから。

12時半。台北駅に到着。

戻ってきたぞー!ただいまーおかえりー

というわけで、環島4周目、無事完了。

今回も楽しかったなぁ。
トロッコ列車に旧型客車にB級グルメに夜の街歩き・・・どれもこれも内容が濃かった。
台湾の空気、というか匂い、が本当に好き。蒸し暑い中あちこちから漂ってくる八角の香り・・・たまらない・・・(しかし八角の匂いが苦手な人にとっては、台湾の印象は我々のとは全く違うものになるのだろうなと想像)

結局今回も、台北101や九份や故宮博物院やマッサージや台湾式シャンプーや文鳥占いには、行かなかった。いまだに全部未経験。るるぶ的な王道観光地をものの見事に外している・・・そしてこの先も行く気が全くしない。

私にとっては、南廻線に揺られながら海の景色を眺めたりするのが、一番楽しかったりする。

心の奥底から湧き上がってくるこの至福感・・・

とまぁ余韻に浸るのはこのくらいにして、とりあえず最後のお昼ごはんを食べに行く。あまり時間がないので近場で探す。

近場といえば、台北駅2階にあるフードコート『台湾夜市』。


ここでサクッと食べることにする。

席を取り、各々好きなお店で好きなものを買う。
私は台南担仔麺と魯肉飯のセット。

麺の上に挽肉、挽肉の上におろしニンニク。ガツンとくる美味しさ。

なおやんは米苔目と魯肉飯のセット。

かつおだしの効いた澄んだスープに、うどんのようなチュルンとした麺。あっさりさん。

お腹が満たされたところでラストスパート。フードコートを出て、私たちが旅先で必ず買うもの=地元パン、を買いに行く。

台北駅のすぐ近くにあるパン屋さん『順成蛋糕』へ。

ここのパン屋さんに寄って、帰国後の翌朝に食べる用のパンを買って帰るのが毎度のお約束。
お惣菜パン2つとモカロール1切れとパイナップルケーキを購入。

14時。台北駅からタクシーに乗り、松山空港へ。
イミグレ通過後、すぐにラウンジへ行く。
さすがに今回はもうお腹いっぱいだよね・・・と言いつつ、いつもの食べ物チェック。


セイロの中はエビシュウマイ、ニラ餃子、黒糖饅頭。
他にも、台湾風焼きそばや煮物、野菜炒め、ケーキなど、いろいろ。
見ると、ほしくなる。

というわけで、私は焼きそばと煮物を一口分だけ、取る。
なおやんはというと・・・

安定のデザートビュッフェ。

16時、搭乗口へ。

帰りもエバー航空。

行きはビジネスクラスだったけど、帰りはさすがにエコノミー。夢から醒める。


機内食は完食ならず。もう本気でお腹いっぱい・・・(←これ何度言ったことやら)

しかしここで思いがけず嬉しいことが。
機内食を運んでくださったCAさんから
「あの・・・もしかして以前もご利用いただいていませんか?私、お二人にお会いしていると思います・・・!覚えていたので、お声をかけさせていただきました!」
と告白(?)される。

さらにその後、そのCAさんがやってきて、直筆メッセージが書かれた絵葉書と、エバー航空のトランプ2つを私たちにくださった。
絵葉書には

「Mr.&Mrs.○○ 謝謝搭乗!
いつもご利用頂いて、誠にありがとうございます♪
嬉しくなり、お声掛けしてしまい申し訳ございません
またお目にかかれますことを、心待ちにしております

と書かれていた。
・・・エバー航空って一年に一度しか乗らないのに、こんなことがあるなんて、不思議・・・。ANAなら、たまに声を掛けられることがあるけど(←マイレージ会員のステータスによるものだと思われる)エバー航空でお手紙とトランプもらっちゃうなんて。う、うれしい・・・飛行機に乗ってトランプもらったの、子供の時以来・・・

なおやんと、
「これはきっと、『また台湾へおいで』というメッセージだね!」
と解釈する。

またすぐに行きたいよ、台湾!

-----

これにて台湾旅日記、終了ー!お疲れ様でした。
今回も超絶楽しかったけど、ひとつ気になるのが、花蓮の地震。
私たちが泊まった日は、震度4は一晩で2回だけだったけど、私たちが帰った次の日(つまり昨日)は、震度4~5が何度も何度も起こったらしい。有感地震が一晩で23回とかなんとか・・・大丈夫かな・・・
被害がないことを祈ります。

さて、次に台湾に行くのはいつになるかな~
すぐにでも、また行きたいよ。

台湾旅16・花蓮での朝ごはん

04 26, 2016
(先ほど台湾から無事帰ってきました。
旅先からのリアルタイム更新ではなくなるけど、まだ旅日記が残り2記事ほど残っているので、ぼちぼちアップしていきます)

----

台湾旅4日目(最終日)。花蓮に宿泊中。

ひとつ前の日記に書いた通り、明け方4時50分頃の地震で目が覚めてしまった私。というわけで、そのまま起床。

7時過ぎ。朝食はホテル1階のフロントで渡します、とチェックイン時に言われたので、フロントに行ってみる。すると、一人ひとつずつ長細い箱が渡された。
部屋に戻り、箱の中には何が入っているのかなぁ~とドキドキしながら開けると・・・

パンだ。
パンが、いろいろ入っている。

全部甘い系。
この中の3つを、二人で分けながら食べる。残りは持って帰ることにする。

クマーズは、パンっていうか、箱が気に入った模様。

♪いい湯だなーアハハン

チェックアウトまでまだ時間があるので、ホテルの目の前にある紅茶屋さんへ行ってみることに。

『黎明紅茶』。
地元の人たちが集っている。

ここでミルクティーとハンバーガーを買い、ホテルに戻ってさっそく食べる。

ハンバーガーが出来たてホカホカ。
お肉はほんのり八角の香りがして中華風。
野菜や目玉焼きもサンドされていて、手が込んでいる。1つを二人で半分こしたけど、一人1つずつでもよかったかも。

9時45分。ホテルチェックアウト。
タクシーで花蓮駅へ向かい、10時13分発の台北方面行きの自強号(普悠瑪)に乗る。


台北までは2時間13分。
もうすぐ台湾一周鉄道旅が終わる・・・

つづく。

台湾旅15・楊子萱招牌愛玉(花蓮)

04 26, 2016
台湾旅3日目の続き。花蓮食べ歩き中。

19時。『周家』と『公正包子』で小籠包の食べ比べをし(ひとつ前の記事参照)、さすがの私たちもお腹いっぱいに。

お腹を落ち着かせるために、ノロノロとお散歩する。

今日は人が少ない。平日の夜だからかな。
だから歩きやすいけど、気を抜くと道にゴキ○リや巨大なカタツムリが現れたりするので、ほどほどに注意しながら歩く。南国の生き物の神出鬼没さよ・・・

お腹も少し落ち着いたので、そろそろアレ、飲みに行きますか?・・・というわけで、『楊子萱招牌愛玉』へ。

ここの愛玉がまたサッパリしていて、真夏の街歩きにピッタリなのだ。

看板メニューの『招牌愛玉』。

新鮮レモンの爽やか果汁がたっぷり。その中にプルンプルンの愛玉が。喉越しさわやか。

この招牌愛玉を片手にぶらぶら歩いていると、『花蓮文化創意産業区 a-zone』という広場に出た。



かつては酒工場だった場所らしい。今では展示会場やレストラン、雑貨ショップなどになっていて、ちょっとしたオシャレスポットというかデートスポットというか、そんな感じの素敵エリアになっている。

広場のステージでは、癒しの歌声のシンガーが出演中。

私たちもベンチに座って、まったりと聴き惚れる。
ベンチからはクリスマスツリーみたいなのが見えて、ちょっとロマンチック。

うっとり・・・(としつつもゴ○ブリへの警戒は忘れない)

20時半、ホテルへ帰還。
寝る準備をするにはまだ早い気もするけど、もう山盛り食べたので悔いはない・・・
というわけで、私はさっさとシャワーを浴びる。一方、なおやんはまだ出かけ足りなかったらしく、私がシャワーを浴びている間に「ちょっと近所の紅茶屋さんへ行ってくる!」と言い残して出かけてしまった。

そして、私がシャワーから出たタイミングで、なおやんも帰還。
『廟口紅茶』というお店でミルクティーとダックワーズを買ってきてくれた。

台湾に来るとミルクティーばかり飲んでしまう。妙に美味しく感じる。

後はもう、「いやー今日は食べ歩いたな~!満腹満腹!」とほっこりしながら、ベッドに寝転がりダラダラ過ごしていたんだけど・・・
いきなり「ドン!!!」という大きな音とともに、部屋がグラグラ揺れ始めた!じ、じしんだぁ~!
震度4だったらしいけど、揺れよりも音が怖かった。

その後、しばらく地震情報を眺めていたんだけど、いつの間にか就寝。
しかし、今度は明け方の5時前に、またまた「ドン!!!」という音とともに震度4の地震がやってきた。直下型だからなのか建物の強度が弱いからなのかは謎だけど、とにかく揺れも音も大きく感じた。ドキドキ・・・

台湾も地震、多いものね。なのに見るからに強度が弱そうな建物ばかりで、大丈夫かしら・・・と心配になる。

結局、この地震で目が覚め、そのまま朝まで過ごしてしまった・・・


台湾旅最終日の日記につづく。

台湾旅14・包子食べ比べ(花蓮)

04 26, 2016
台湾旅3日目のつづき。花蓮食べ歩き中。

18時20分。四八高地で花枝羹と滷肉飯を食べ(ひとつ前の記事参照)小腹は満たされたけど、まだまだイケる!
というわけで、そのままここへなだれ込む。

『周家 小籠包蒸餃店』。
この周家の隣には、同じく小籠包で有名な『公正包子』があるので、どちらのお店に入ろうか迷ったけど、「そうだ!両方入ればいいんだね☆」と二人で頷き合い、とりあえずまずはこの周家の方から攻めてみることにする。

去年も周家の小籠包は食べたけど、あの時は持ち帰りにしたので、今回は店内で食べてみる。
小籠包5個と、蒸餃1籠(10個)を注文。

ほかほかほかほか

花蓮の小籠包は、肉まん風。

これを、ニンニクが効いた特製ダレにつけて食べると、まぁ美味しいこと美味しいこと。お肉もジューシー!
しかし・・・数を5個にしたのは間違いだった。二人で割るには数がハンパ・・・
というわけで、
「最後の1個は二人で半分こね!」
と約束し、まずは、なおやんが半分食べたんだけど・・・なんとなおやん、半分こにすることを忘れて、そのままパクリと一人で食べちゃった。お箸を持って待ち構えていた私、ボー然。「食べられる」と思っていたものが食べられなくなった時の私の執念は、我ながらそりゃもうすごいもので、この後ずっと
「待ってたのに!半分くれるの、待ってたのに!」
と、なおやんを責め続けた。食べ物が絡むと鬼になる自分が怖い。

ちなみに蒸餃の方も、プリンプリンのチュルンでおいしかった。なおやんは「今まで食べた蒸し餃子の中で一番おいしい!」と言っていた。

外へ出ると、日が落ちていた。

夜はこれから。

周家でなおやんに裏切られたことで、小籠包への気持ちが益々高まった私(なおやんはそんな私を見て「ゆかりこ病気だよ!」と言った。たしかにこの執着・・・病気だな)。
今すぐにでも隣の『公正包子』へ入って小籠包を食べたい!と思ったけど、ぶっ続けで食べるのもなんなので、間にタピオカミルクティーを挟むことにする。
ここ。

『鮮茶道』。若者が集まっている。

パンダタピオカミルクティーなるものを購入。

中は見えないけど、たぶんパンダなんだと思う。何かが。味は普通にタピオカミルクティー。

さて、リセットされたところで・・・いざ『公正包子』へ!

こちらも人気店。お客さんがどんどん入っている。

ここでは小籠包を8個注文。

今度は割り切れる数だね

こちらもニンニクが効いた特製ダレをつけていただくと・・・美味しい!周家のと比べると、皮の部分がフカフカしている。その分、ボリューム感がある。

なおやんと「どちらのが好み?」と感想を話し合ったところ・・・二人とも「周家の方が好き」と意見が一致。周家の方が、お肉のジューシーさが強いような気がする。皮を味わいたい時は公正包子、肉を味わいたい時は周家、かな。
でもどちらともおいしかった!そして、安い!小籠包1個5元(20円くらい)、蒸餃1籠10個で30元(120円くらい)。なんという幸せ・・・

口の中がニンニク臭くなったので、お次はサッパリしたものを飲みに行きます。

つづく・・・

台湾旅13・四八高地(花蓮)

04 26, 2016
台湾旅3日目のつづき。台東から花蓮に向かっているところから。

16時半過ぎ、花蓮駅に到着。
駅からタクシーに乗り、ホテルへ向かう。
旅の最終日に泊まるのはこちら。

F Hotel 花蓮忠孝館。
オープンしたてらしく、お部屋も綺麗。

モダンな雰囲気。

17時40分。荷物とクマーズを置いて、街歩き開始。
明るい時間に花蓮に着くのは今回が初めてなので、新鮮。

まだ明るい。うっれし~!
夜の時間が長いと、その分多く食べられる気がするので、なんだか得した気分。

明るい、明るいぞー!
ハシゴ飯するぞー!

まず向かったのは、『四八高地』というお店。花枝羹(イカ団子スープ)が名物らしい。
というわけで、さっそくその花枝羹(50元)を注文。

澄んだスープにイカ団子がゴロゴロ。
スープは、日本のおすましのように優しい味。イカ団子はプリンプリン!ニンニクの風味がアクセントになっていて美味しい。

さらに、滷肉飯(25元)も頼む。

あーもうこれ、絶対おいしいよね、というビジュアル。

見た目よりもあっさりとした味付け。

甘さ控えめで、お醤油の風味が効いている。サラサラいけちゃう。
台湾のご飯は胃にもたれないなぁ。(だから沢山食べてもいいよね、と自己解釈)

お会計を済ませ(全部で350円くらい。安いなぁ)次のお店へゴー!

ハシゴ飯、つづく。

台湾旅12・南廻線からの風景

04 26, 2016
台湾旅3日目のつづき。枋寮から南廻線の旧型客車に乗ったところから。

11時。枋寮駅を発車した台東行きの旧型客車。

台湾の南側をぐるっと走る南廻線の各駅停車。ガタゴトガタゴト揺られながらのんびり周る約2時間の鉄道旅。

枋寮駅を出てすぐに見えるのは、一面に広がる南国フルーツの畑。

もう真夏の色合い。
実際、ものすごく暑い。35度くらい?しかも非冷房車ときたもんだ。水分を積極的に取らないと熱中症になりそう。
でも、窓を全開にしているので、風が入ってきて気持ちがいい。

そしてしばらくすると・・・

海!!!

南廻線から見えるこの海の景色が大好きで、何度乗ってもしみじみ眺めてしまう。

見ていると、なんだか胸の奥がギュンってなる。癒されるというより、どちらかというと興奮してくる感じ。ワクワクしてしまう。・・・オラ、ワクワクしてきたぞ!by孫悟空、という感じ。

クマもしみじみ

うみはひろいなぁ・・・

海の後は、里山エリアへ突入。

こちらは懐かしい匂いがする。

対向列車との待ち合わせの為、枋野駅で数分間停車。
停車中、駅舎の方からタッタッタッタッと数匹のワンコがやってきた。

わらわらわらわら

そして私たちのことをじっと観察したり、線路をふんふん言いながらお散歩したりして、きままに動くワンコたち。

フリーダム。

駅舎から駅員さんが出てくると、ワンコはみんな駅員さんの近くへ戻り、足元でペタッとおとなしく座っていたので、駅舎で飼われているのかな?とにかくみんなかわいかった。

しばらくすると、再び海が見えるエリアへ突入。

台湾の東側の海。
ここを通る時、なぜか毎回哲学スイッチが入る私は、今回は
「定義すればするほど、人はその定義に縛られる」
ということをしみじみ考えた。特に、数字の概念。時間とか、年齢とか、大きさとか、数字で区切る概念がない文明だと、なんか自由だろうなぁ~とか思って。あと、言葉に過去形と未来形がなく、現在形しか存在ないアマゾンの少数民族『ピダハン』のことも考え、言葉が「今現在」しかない(過去や未来を語る言葉がない)と、過去を後悔したり未来を心配したりすることもないかもな・・・と思った。言葉って、大きいな。
・・・ということを、海を眺めながら、ぼんやり思った。

13時半頃、台東駅に到着。

台東駅・・・あちこちが工事中で、去年の7月に来た時とは様子が違っていた。
特に「アレ?!」と思ったのは、駅弁を売っていた売店がなくなっていること。セブンイレブンはあるけど、駅弁をいろいろ売っていたお店がなくなっている・・・もしかして、駅の改装が終わったらまたできるのかな?わからない。

しかし、お昼ごはんに駅弁を買おう!と張り切っていた我々は、ちょっとしょんぼり。しょうがないので、セブンイレブンでパンやバナナなどを買う。

14時過ぎ。台東駅から莒光号(急行列車)に乗り、花蓮を目指す。

花蓮までは約2時間半。

ああ、美味しいお米の駅弁を食べたかった・・・台東らへんはお米どころとしても有名だし。
車窓からも水田を確認。

うう・・・駅弁・・・

まぁ、花蓮でまたあれこれ食べるしね。今は胃を休める時なのだ!と頷きながら、車内でバナナを食べる。

このバナナと、パンと、高雄で買ってきたお菓子が、本日のお昼ごはん。

つづく・・・

現在花蓮に宿泊中ですが・・・

04 26, 2016
台湾旅日記の途中ですが・・・

今花蓮に泊まってるんだけど、なんか昨日から地震が多発していて、それに驚いて飛び起きてしまう。
ついさっき(26日の午前5時前)も、下からドシン!!と突き上げられるような地震があって、ヒャアー!と叫びながら飛び起きてしまった。
寝る前にもあったけど、どちらとも震度4くらいらしい。

花蓮には今までも何度か泊まっているけど、一晩で地震がこんなにあったことはなかったので、ちょっとビクビク中。建物の強度もいかにも弱そうだし・・・

しかし、旅先での地震は言葉がわからないから不安度が増すな。テレビをつけても何を言っているのかサッパリだし・・・普通の時はそれが楽しいけど、緊急時は「うぉー言葉がわからん!!」(あたり前だが)となる。


ちなみに、昨夜は花蓮でも例によってモリモリ食べました。あちこちのお店でハシゴ飯をし、さすがの私も胃薬を飲んだ。どれも美味しかったー!!
その日記はまたのちほど。

九州の地震もそうなんだろうけど、下からいきなりドシン!と来る系の地震は、本当に心臓に悪い。ドキドキする・・・興奮してもう寝直せない・・・5時だし、もう起きてようかな。

今日は花蓮から台北に戻り、松山空港から羽田へ帰ります。

台湾旅11・枋寮から旧型客車に乗る

04 25, 2016
台湾旅3日目の続き。高雄から自強号に乗って枋寮へ向かっているところから。

10時半過ぎ。枋寮駅に到着。

暑い!真夏の蒸し暑さ。

駅前の様子。

南国の空気。台北とは色感が全く違う。

25分後には旧型客車に乗るので、トイレを済ませておく。
2年前に枋寮駅に来た時は、トイレらへんは工事中だったけど、今回は完全に出来上がっていて、トイレがすごく綺麗になっていて(←あくまでも台湾比で)感動。台湾の駅のトイレに期待は全くしていないけど、でも、どこのトイレもこの枋寮駅くらい綺麗になればなぁ・・・女子的には嬉しいよ・・・

さて、次に乗るのは台東行きの旧型客車。
もう入線しているので、切符を買って改札内に入る。

ワクワク・・・

いたいた、ブルーの客車。


なんやかんやでこれに乗るのは3回目。ハマっている。

引っ張るのはこちらのディーゼル機関車。

台東までよろしくお願いします。


・・・ゴツいねぇ

さっそく、乗る。

この暑い中、わざわざ非冷房車に乗る変態の我々。
でも、走り始めたら窓から風が入ってきて気持ちいいことを知っている。だから無問題。

乗る人はそんなにいないので、のびのび座れる。

クマーズものびのび

最後尾は例によってもちろん開けっ放し。

この緩さがたまらない。

11時。台東に向けて出発!

つづく・・・

台湾旅10・高雄のホテルで朝食

04 25, 2016
台湾旅3日目。高雄に宿泊中。

おはようございます。
今朝は6時半に起床。
7時半にホテルの朝食会場へ。




・・・昨日の夜ガッツリ食べたということはすっかり忘れて、新鮮な気持ちで朝食バイキングに臨む。

でもまぁ、まずは様子見で、いろいろチマチマ取る感じで。

で、食べてみて、気に入ったものだけを改めてガッツリ取りに行く、というのがプロの技。
いろいろ試した結果、魯肉飯と、切り干し大根みたいなのが入ったパイが美味しかった。

9時にチェックアウトし、高雄駅へ向かう。

今日はまた一段と蒸し暑い。ムシムシムシムシする。

今日はこれからまずは枋寮まで行き、そこから旧型客車に乗って台東へ、その後は花蓮に向かう予定。

ずっと乗ってるか、ずっと食べてるかのどっちかしかしない、我々の台湾旅。

9時35分発の自強号に乗る。

高雄から枋寮までは約1時間。どんどん南下しますよ。

つづく・・・

台湾旅9・芒果好忙でマンゴーかき氷

04 24, 2016
台湾旅2日目の続き。高雄で魯肉飯を食べたところから。

20時半。我々の食べ歩きはまだまだ続く。
三多商圏駅から地下鉄に乗り巨蛋駅へ移動。
駅を出て3分ほど歩いたところにあるこのお店が目的地。

『芒果好忙』。
店名を見ながらなおやんが
「芒果好忙って、芒果(マンゴー)が好き過ぎて忙しい、って意味かな~。まるで僕だね」
とつぶやく。

頼んだのはもちろん、芒果雪花冰(110元)。

どどどどーーん!!どんぶりサイズの器にマンゴー山盛り。
あまぁいマンゴー、ミルキーな雪花冰、それにマンゴーアイス。夢の競演とはまさにこのこと・・・

よかったね、よかったね、なおやん!!

私はなおやんほどマンゴー好きってわけでもないけど、それでも、これはスイスイ口に運んでしまう。止まらないよスプーンが・・・
山盛りマンゴーを食べられて大満足。

22時。ホテルに戻り、今度はホテルの無料夜食を食べに行く。


あーんなんでこんなに豪勢なの!お腹いっぱいなのに!いろいろ食べたくなっちゃうよ!

でもまぁ、お夜食だし、ここは軽く、ネ。

と口では言いつつも・・・


結局だよ!!!

まぁ、ドーミーインの夜鳴きそばも毎回食べ切る私たちだもの。そりゃ食べるよ。
それにしてもここの無料お夜食、レベルが高め。以前泊まった他のカインドネスホテルよりも美味しいし、種類も多い。嬉しい悲鳴。

23時、部屋に戻り、なおやんはすぐに爆睡。私はシャワーを浴びたり、ブログの更新をしたり、明日行く花蓮のグルメを調べたりして過ごす。

明日は高雄から枋寮→台東→花蓮と乗り継いで行きます。

台湾旅3日目に続く・・・
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
たまにタリーズのベアフルやスタバのベアリスタたちと旅してます。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。

リンクフリー。コメント大歓迎。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (36)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (24)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (530)
2017年04月 四国うろうろ (8)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総乗りつくし旅 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠・仙台七夕祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系ラストラン (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・フェリー・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム