車中泊旅3・初心者たちの夜

09 29, 2017
初めての車中泊旅1日目のつづき。15時に家を出発→首都高から東北道へ→佐野SA→那須高原SA・・・と進み、最後、磐梯山SAを目指しているところから。

9月25日。
21時50分。福島県の磐梯山SAに到着。

初日の夜はここで過ごすことにする。生まれて初めての車中泊・・・ドキドキ・・・

明るくて綺麗な磐梯山SA。

会津って感じのたてものだよ

SA内のお店は閉店間際だったけど、滑り込みでざっと見てまわる。

大きな赤べこさんがいるよ

22時。お店も閉まったので、そろそろ車内を寝るモードにセッティングする。

ちなみに前も書いたけど、今回借りたのは日産セレナ。

2列目3列目は最初からフルフラットにしておいたのでいいとして、問題は窓の目張り。持ってきたアイテム(100均で買ったアルミシートとかスダレとか)で事足りるか謎だけど、とりあえずなんとなく窓を隠していく。

まずは一番後ろの窓。

アルミシートで隠せた。ところどころガムテープで固定。レンタカーなので気を使うけど、セレナの車内の壁は布っぽい(?)のでガムテープはすぐに綺麗に剥がせていい感じ。(しかし裏を返せば剥がれやすいのですぐに取れてしまうということ・・・実際、朝にはプランプラン取れている箇所がたくさんあった)

後部座席の両側の窓は、スダレを利用。

完璧に隠せた・・・とは言い難いけど、まぁ夜なら外からは見えないでしょう、という感じ。
(しかしこの時の私たちはまだ知らなかった・・・単に目隠しをすればいいだけだと思っていたけど、目張りにはもうひとつ、重要な役目があるということを・・・それは防寒。夜中になると窓から冷気がガンガン入ってくるので、やはりアルミシートでしっかり隠した方が良かった・・・←これは次回の課題)

フロントガラスもアルミシートで隠したところで、一度外に出て確認してみる。

前。

オッケー

後ろ。

オッケー

・・・しかし運転席と助手席の窓がまだ隠せていない。どうしよう・・・

と、困った時にはコレだ。

ザ・新聞紙!
なんか一気に不審車両感満載になっちゃったけど、まぁこれで目隠し的には一応オッケーということで・・・美しくないけど・・・インスタ映えしないにも程があるけど・・・でも「お金をかけずに、あるものでやる!」の精神としては、これはこれでベストかも・・・

23時。タオルケットと毛布をセットして、就寝。

おやすみなさい・・・

この後、二人して熟睡。こんなによく眠れるなんて、ちょっと意外だった。
しかし、4時前に寒さで目が覚める。と同時にトイレに行きたくなったので、二人で一緒に行き、車内に戻って一度エンジンをかけて暖房をつけ、暖まったところで再び就寝。

その後は、朝の8時まで爆睡してしまった・・・8時には出発する予定だったのに。気持ち良すぎて寝坊してしまった。

車中泊・・・こんなによく眠れるなんて知らなかった・・・

車中泊旅2日目につづく。

車中泊旅2・東北道を進む

09 28, 2017
初めての車中泊旅1日目のつづき。15時に家を出発し、首都高を抜け、東北道を走っているところから。

9月25日。
17時45分。栃木県の佐野SAで1回目の休憩。

ここで夜ごはん食べる?

佐野といえば・・・

佐野ラーメン、だよね・・・

なんだか無性にラーメンが食べたい気分になってきたけど、運転手のなおやんが
「いや、まだ早い!夜ごはんはもう少し進んでからにしよう!」
と言うので、ここはおとなしくトイレ休憩とストレッチだけにしておく。

山を眺めながら肩甲骨を動かす。

佐野SAを出て、引き続き東北道を進む。

暗いよー暗いよー

19時10分。那須高原SAで2回目の休憩。

大きくて綺麗なSAだよ

小腹が空いたので千本松牧場のミルクコーヒーと、パン屋さんで餃子パンとスイートポテトタルトを購入。フードコートで食べる。

もう、どれも美味しい!!特にスイートポテトタルトが最高。1個しか買わなかったことが悔やまれる。(後で買い直しに行こうと思ったら、もう売り切れていた・・・)

食べながら、この先どこまで行くかを話し合う。国見SA?安達太良SA?磐梯山SA?・・・いろいろ迷った結果、磐梯山SAに決定。なんとなく会津方面に行きたい気分だったので。

寝床が決まったところで、とりあえず夜ごはんタイム。那須高原SAで食べて行くことにする。

フードコートのメニューも豊富。

二人とも、那須の三元豚カツ丼(880円)にしてみた。

まだ車中泊旅は始まったばかり・・・しっかり力をつけておかないとね!(私は助手席に座っているだけだけど・・・)

食べ終わってから、
「磐梯山SAの様子はわからないから、那須高原SAで洗面と歯磨きは済ませておこうよ。ここだとトイレも広くて綺麗だし。磐梯山SAに着いたらすぐに寝られる状態にしておこう!」
と話す。
というわけで、一度車に戻り、歯ブラシと洗面道具を持ってきて、寝る準備を済ませる。(ちなみにシャワーは家を出る直前に浴びてきたので1日目はパス)

那須高原SAは仮眠場所として最適なのか、駐車場にはキャンピングカーや車中泊仕様の車もたくさんいた。
・・・しかし私たちはまだ先に進む。目指すは福島県の磐梯山SA!

※ちなみにここまでのルート

まだまだ進むぞ

つづく。

車中泊旅1・とりあえず出発!

09 28, 2017
唐突に
「明日から車中泊旅、やってみようゼ?!」
「やろーやろー」
と盛り上がったはいいが、そもそもうちには車がない。
しかも二人とも車中泊の経験がないので、何が必要なのかもよくわからない。

・・・という、なんとも心もとない状態で決まった車中泊旅。
とりあえず、何はともあれまずは車だよね・・・というわけで、レンタカーを予約。いつも借りるのよりずっと大きいやつ。2泊、車中で寝るわけだから・・・

持ち物は、毛布やタオルケットやサンダル(クロックスタイプ)や携帯ランタンなど、思いつくものをポンポン紙袋に入れていき、「えっとえっと、あとは何を持っていけばいいんだ?!」「わからない・・・この時期、寝る時って暑いのかな?寒いのかな?」「わからない・・・わからないよぉぉぉ」とオロオロしながらも、なんとなく用意する。
そして、
「なんか今、すごく緊張してる!」
「初めての車中泊旅だからね!緊張する~」
と、自らの緊張感に興奮する。初めてのことってワクワクしちゃう・・・

出発は翌日の15時。それまでになんとか行き先を決めようね・・・と言いつつ就寝。

9月25日。
15時。出発の時間。結局行き先は決まらないまま・・・でもなんとなく、東北方面に行こう!ということだけは決める。この気ままさ、車の旅ならではだね。

借りた車は日産セレナ。
(↓写真は翌朝SAで撮った)

2列目3列目シートがほぼフルフラットになるので、寝るのにちょうどいい。

高速に乗るため、まずは芝公園へ向かう。

わー東京タワーって芝公園らへんにあったんだ・・・(都内の地理がよくわかっていない)

16時7分。芝公園から首都高へ。

この先一気に高速で進むぞ!

・・・と思ったけど、渋滞でなかなか進まない。

じりじり・・・東北道はまだか・・・

16時半。スカイツリー確認。

・・・っていうか、東北道はまだか・・・

しばらくして、やっと流れ始める。

さぁいくよ!(どこへ・・・)

車中泊といえば道の駅もいいけど、私たちは初心者なので、今回は高速のサービスエリアで車中泊することにする。高速SAだとトラックが多くて音はうるさいかもしれないけど、ある意味閉じられた場所なので、防犯上道の駅よりは安心かなと思って。
できれば美味しいものがあるSAがいい。


今日はどこらへんまで行けるかしら

つづく・・・

はじめての車中泊に向けて

09 26, 2017
一昨日の夜、急に「明日車中泊旅に出よう!」と決め、慌ててレンタカーを予約したのが22時過ぎ。
しかし、車中泊をするのは実は初めてなので、何を用意したらいいかわからない。いろいろ調べたいけど、もう夜も遅くて眠くて頭が働かない。

とりあえず寝落ちする前に、最低限のものは用意しておく。

以下、朦朧としながら用意したもの
・毛布2枚
・タオルケット2枚
・タオル類(バスタオル、フェイスタオル等)
・ボックスティッシュ
・携帯用ランタン
・ハンガー4本
・紙コップ
・ゴミ袋

後は、いつもの旅の用意(着替えとか)をリュックに詰める。

気になるのは、夜寝る時用の目張り。どうやって窓を隠すか・・・
ていうか目張り以前に、どこへ向かって走るのか・・・

いろいろ考えないとね・・・と思いつつも、もう眠くて、寝る。

翌朝(つまり出発日)。
なおやんは朝からお休みだけど、私は午前中は出勤。
お昼に仕事が終わり、帰宅する前に100円ショップに寄る。窓の目張りに良さそうなグッズを数点購入。

アルミシートとかスダレみたいなやつとか。
これと、あとは新聞紙を利用してなんとか目張りにしようという作戦。素人なりに一生懸命考えてみた・・・


という感じで始まった私たちの車中泊旅。昨日の15時過ぎに家を出発して、昨夜は福島県の磐梯山SAで過ごし、これを書いている今(9月26日11時現在。旅の2日目)はここを走行中。

なんとなく、新潟県の村上を目指しているところ。

お天気も良く、ドライブ日和。

車の旅もいいもんだねえ

旅の記録はまた後日まとめます。
0 CommentsPosted in 日記

長野と北海道19・最後の買い出し

09 25, 2017
ウロウロ旅5日目のつづき。ナイタイ高原牧場から帯広方面に戻るところから。ここまでのルートは長岡→長野→羽田→札幌→函館→帯広。

9月13日。
16時。帯広空港に向かうがてら、途中見つけたスーパーに入る。

Aコープ士幌店アスポ。地元の美味しいものがたくさんある予感・・・

まずはお約束、パンコーナーへ。パン馬鹿夫婦なもんで。
すると、まさかまさかの出会いが!

『トカトカ』のパンだー!!
『トカトカ』とは上士幌にあるパン屋さんで、昨年ここのパンを買って食べたらすごく美味しくてトリコになったのだけど、この日はちょうどお店は定休日だったので今回は諦めていたのだ。それがまさか、スーパーにも置いてあったなんて!うれしい、うれしすぎる・・・

興奮が止まらず、パンをどんどんカゴに入れていった結果、

トカトカ祭り状態に。
パンの他にも、士幌産のとうもろこしやカボチャまで買ってしまった。重いものばかり・・・(カボチャは翌日、カボチャグラタンに変身した)

16時40分。スーパーを出て、引き続き帯広空港を目指す。
とその時、なおやんが
「あれ?!・・・あそこになんか駅みたいなのがある!」
と気づく。
行ってみると・・・

士幌駅跡地。偶然発見してしまった。本当に偶然。なおやんがたまたま道を間違えて、引き返そうとしたらこの駅を見つけた。士幌線に引き寄せられる私たち・・・

ちょっと車を降りて見学してみる。


貨車と車掌車も保存されている。なおやん大喜び。

車に戻り、この士幌駅跡を眺めながらトカトカのパンを食べる、というイキなことをやる。

このクリームホーンの美味しそうなこと・・・

いただきまーす

・・・この状況、なんだかマニアック・・・士幌駅跡で士幌産のパンを食べる・・・ふふふ・・・


この後、帯広駅前でまたあれこれ買い物をした後、帯広空港へ。
19時10分発羽田行きのエアドゥに乗る。

シートベルトサインが消えたと同時に夜ごはんタイム開始。
私はトカトカのカツサンド。

カツも美味しいけど、なんといってもパンが!美味しいんだなぁ

一方、なおやんのご飯はがっつり豚丼。

『ぶたはげ』の豚丼をテイクアウトしたのだ。

蓋を開けたら、なんともいい香りが。

匂いテロ・・・

食べ終わり、機内誌の日本地図のページを眺めながら
「今度は車で旅をするのもいいかも」
「車中泊とか、ちょっとやってみたいね」
「でもなおやん、車で寝られるかなー。私はともかく、なおやんは神経質だから・・・」
「そんなことないよ!よし、やってみよう!」
と盛り上がる。

まぁ何はともあれ、お疲れ様でした・・・

長旅だったねぇ

-----

・・・やっと書き終わった。
お疲れ様でした&ありがとうございました、読んでくださった方々・・・

で、これを書いている今(9月25日17時半現在)は、もう次の旅に出ているところ。
なんと、初めての車中泊旅!!←まさか本当にやるとは・・・

ちょうど二人のお休みが被ったので、「どこか行こう」「どこいく?」と昨夜くつくつ悩んでたんだけど、もしかして今って車中泊するのにちょうどいい季節なんじゃない?!と思い、やってみることに。

というわけで、急いでレンタカーを予約し、今日の15時過ぎに家を出発してみた。どこにいくかは風まかせ・・・

なんせ車中泊初心者な上、何の予習もしてこなかったので、とりあえず毛布とか、夜の目張り用のグッズ(アルミシートとかガムテープとか)なんかを適当に持ってきてみたんだけど、どうだろう・・・

あと、夜をどこで過ごすかも考えなければ。道の駅とか高速のSAとかだよね・・・ドキドキ・・・

ちなみに今は、埼玉県を走行中。今日はどこまで行けるかな。

長野と北海道18・高原で牛と猫と戯れ

09 25, 2017
ウロウロ旅5日目のつづき。上士幌で美味しいハンバーグを食べたところから。ここまでのルートは長岡→長野→羽田→札幌→函館→帯広

9月13日。
14時。ナイタイ高原を走る。

気持ちいい・・・広い空、広い大地・・・私の中の松山千春が静かに歌い始める・・・♪果てしない~大空と~広い大地のその中で~いつの日か~幸せを~自分の腕でつかむよう♪

ナイタイ高原牧場は日本一広い公共牧場らしい。

牛さんものびのびしている。広くて気持ち良さそう。

車を止めて、しばし牛さんと見つめ合う。

・・・・・・。

私たちが動くと、ついてくる。

「まってぇーー」

しかし、見ているとほんと、みんなよく草を食べている。ムッシャムッシャムッシャムッシャ。ものすごく大食い。(って私たちに言われたくないよって?)

草、おいしそう・・・

牛たちと戯れ後、さらに高原を進む。

こういう景色を見ると自然と呼吸も深くなる。東京砂漠では意識しないと呼吸が浅くなりがち(それどころか止めていることもある。丸の内線の中とかで)だし、家でヨガ的なことをする時はそりゃ意識して深く腹式呼吸することもあるけど、そうじゃなくて、こう、日常的に、自然と呼吸が深くなるといいよね、と思う。

14時30分。ナイタイ高原のレストハウスに到着。


ここで休憩。

レストハウスの中に入り、十勝ホワイトコーヒーと大判焼きみたいなものを味わう。


高原で飲む一杯は最高

外に出ると、猫さんがいた。

首輪をしているからレストハウスの子なのかな?

この子がまたものすごく接待上手で、私たちにベストスポットを教えてくれた。

「ここから見たらいいよ」


「・・・いい眺めでしょ」

・・・とでも言っているかのよう。

高原の芝生の上に直接座り、しばらくボーッとする。

・・・・・・(←ボーッとしている)

のんびり過ごし、身も心も完全にリフレッシュしたところで、「じゃあそろそろ帰るか」と私たちが立ち上がると、

「駐車場まで見送ったげる」

なんと、猫さんが駐車場の入り口まで一緒に来てくれた。(猫さんが先頭で、私たちは後ろをついて歩く方)

そして駐車場に入るところで
「ここから先は車がいて危ないから、もうここまででいいよ」
と私が言うと、

「言われなくてもわかってる」

ってな感じで自らピタッと止まった猫さん。プロか・・・

なんだかものすごく幸せな気持ちになりながら、ナイタイ高原を後にした。

牛さん、いつもありがとう・・・これからも乳製品でお世話になります・・・

もう夕方なので、最後の買い物をしつつ、そろそろ帯広方面に戻る。帰りは帯広空港から帰るのだ。

つづく・・・(次が最後)

長野と北海道17・学校でハンバーグを

09 25, 2017
ウロウロ旅5日目のつづき。糠平のタウシュベツ川橋梁を見に行ったところから。ここまでのルートは長岡→長野→羽田→札幌→函館→帯広。

9月13日。
12時30分。お昼ごはんの時間ということで、お店を探す。
運転手のなおやんが「ハンバーグが食べたい気分」と言うので、ハンバーグが食べられそうなお店を助手席で検索したところ、上士幌に一軒見つけた。
地図を見てさっそくそのお店に行ってみると・・・

・・・え?


モロに小学校だよ

お店の名前は『tobachi』。

廃校になった小学校の校舎を再活用した鉄板焼きレストラン、とのこと。いいね!

さっそく校舎の中へ入ると・・・

うわーなんだか懐かしい感じ。

この、手を洗うところとか。


小学生用の高さなので、大人には低く感じられる。なんか子供返りしそう・・・。そしてなんだかいろいろ思い出してきた、小学生時代のことを。あの頃の私、ものすごく力が入っていた・・・大人たちの反応を気にして。その点、今は誰にも何も言われないから気が楽だ。(言われても気づいていないだけかも)

元々職員室だったところがそのままお店になっているので、さっそく入り、十勝ハーブ牛ハンバーグとサラダとパンを注文。
まず出てきたのはサラダ。

十勝の野菜を積極的に摂取。

そして、ハンバーグ。

ジュージューいってる。付け合わせの野菜やポテトも美味しそう・・・

ビジュアルが最高過ぎて、ヨダレが止まらない。

このハンバーグがまた本当に美味しくて、一口食べるたびに
「ん!!おーいしー」
「ん!!おいしーねー!」
といちいち言い合った。ずっと、食べ終わるまで言い合った。
・・・しかし、先生たちもまさか職員室がハンバーグを食べる場所になる日が来るなんて、思ってもいなかっただろうに。未来がどうなるかなんてわからないものだ。

14時。
次の目的地・ナイタイ高原牧場へ向かう。

まっすぐな道をひたすら進む。

気持ちのいい景色のところでは少し車を止めてみたり。

スーハースーハー深呼吸深呼吸

しばらく進むと高原っぽい景色に変わってきた。

牛さんもいる!

つづく・・・

長野と北海道16・タウシュベツ川橋梁

09 24, 2017
ウロウロ旅5日目の朝。ドーミーイン帯広に宿泊中。ここまでのルートは長岡→長野→羽田→札幌→函館→帯広。

9月13日。
最終日の朝はのんびり8時に起床。チェックアウトは10時なので、この旅で初めて朝ゆっくり過ごせる。これまでずっと朝7時にはもうチェックアウトして移動を開始していたので、最終日くらいはゆったりしたいと思っていた。というわけで、思う存分ダラダラ過ごす。

10時、チェックアウト。
レンタカーに乗ってドライブスタート。

すがすがしいおてんき!

糠平方面に向かって走っていたら、偶然『道の駅ピア21しほろ』という施設を見つけたので、寄ってみる。

しんぴかぴんの建物だよ

今年の4月にリニューアルオープンしたばかりらしく、綺麗で気持ちいい。
中には地元の特産品がたくさん並んでいて、あれもこれも欲しくなる。
とりあえず朝ごはんもまだなので、すぐに食べられるものを買う。
じゃがべこコロッケ280円。1個を半分こ。

ミンチが入っているコロッケなんだけど、ポテトがトロトロで口の中でとけるようだった。

なおやんは個人的にソフトクリームを購入。

砂糖は「北海道産ビート糖」、脱脂粉乳は「よつ葉ローヒートパウダー」、生乳は興部町産のものを使ったサラブレッドのようなソフトクリーム。一口もらったら、どちらかというとあっさりとした風味だった。

私は私で個人的にとうきびを購入。

ゆでたてアツアツ。シャキッとした歯ごたえがたまらない。

無事腹ごしらえが済んだところで、再び糠平を目指して走る。

11時20分。糠平湖周辺まで来た。

今回の目的は糠平湖にあるタウシュベツ川橋梁。旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋で、糠平湖の水位によって見えたり隠れたりする幻の橋。・・・なんだけど、年々崩壊が進んでいるようで、いつまで見られるかわからないとのこと。昨年糠平に来た時にも見に行こうと思ったんだけど、タイミングが合わなくて見に行けなかったので、今回は何としても見ておきたかったのだ。

ちなみに糠平はここらへん。

北海道の真ん中らへん。

車を停め、タウシュベツ川橋梁が見えるという展望広場へ徒歩で向かう。

展望広場といっても、鬱蒼とした森の中を180mほど歩いて行かねばならないので、ちょっとしたアトラクション気分。

誰もいなくてちょっと怖い。

・・・クマ、いるかも・・・


オレンジが映えるぜ!

歩くこと数分・・・やっと展望広場に到着。

タウシュベツ川橋梁が見えたー!


アーチがしっかり見える。こんなにちゃんと見えるなんて・・・美しい・・・
でもかなり崩壊が進んでいるので、今年が見納めかもしれないらしい。それもまた時の流れか。

最後、昔線路が通っていたところをじっと眺めて帰る。

なんだか気動車が走っている姿が見えてきそう・・・時空を超える士幌線・・・

つづく。

長野と北海道15・帯広食い倒れ

09 24, 2017
ウロウロ旅4日目のつづき。長岡→長野→羽田→札幌→函館→帯広。農家レストランでお昼ごはんを食べたところから。

9月12日。
16時50分。この旅最後のホテルにチェックイン。

ドーミーイン帯広。共立メンテナンス系ホテルの安定感といったら・・・

ところで、クマーズが増えている件。

正確にはゴリラと犬もいるが・・・旅のマスコットは私たちにとっては御守りみたいな存在かな。みんなかわいい。

17時45分。六花亭喫茶室へ。

帯広に来たらやっぱりここに来ないと。

クッションが超六花亭。

この柄を見ると、自動的にマルセイバターサンドを食べたくなる。
(このクッションカバーを売店で買おうと思ったら、売り切れなのか、この色はなかった。水色とか黄緑のはあったけど)

プレミアム25と苺ジュースを注文。

プレミアム25は、2.5時間かけてじっくり焼き上げられたアールグレイのチーズケーキ。2時間でも3時間でもなく、2.5時間というところがポイント。

以前あったチョコレートタイプのプレミアム25も美味しかったけど、こちらもなかなか。

2.5時間かけて焼き上げられたケーキを5分で食べる。儚きことよ・・・

その後、またホテルに戻り、ちょっと休憩。
ゴロゴロしながら、夜ごはんを何にするかあれこれ議論する。私の体調もすっかり良くなったので、もうなんでも食べられる。

19時45分。いろいろ悩んだ結果、こちらのお店に決定。

平和園(緑ヶ丘店)。安くて美味しいと評判の地元の焼肉屋さん。

ジンギスカン、カルビ、サガリ、地場産ウィンナーなどなどを注文し、さっそく焼く。

私たちは旅先でしか焼肉を食べないので(都内の焼肉屋さんは全く知らないし、行ったこともない)ここで思う存分食べておく。どのお肉も美味しい・・・

地場産ウィンナーも焼く。

しかしこのウィンナーがまたコロコロ転がって、しょっちゅう焼き台から転がり落ちるもんだから、気が抜けなかった。集中力が必要な焼きであった。でもその分、無事焼き上がった時の喜びはひとしお。北海道のウィンナーはやっぱり美味しい。

かなりお腹がいっぱいになったけど、お会計は3,300円くらい。安い!夜でこの値段・・・帯広焼肉、最高。

大満足でホテルに戻り、お風呂に入って就寝。ドーミーイン名物の夜鳴きそばは、今回はさすがに食べなかった。(でもなおやんは翌朝にはもう「あー夜鳴きそば食べときゃよかった!」とか言い出したが)

ウロウロ旅最終日につづく・・・

長野と北海道14・帯広の農家レストラン

09 24, 2017
ウロウロ旅4日目のつづき。長岡→長野→羽田→札幌→函館→帯広・・・

9月12日。
13時半。帯広駅に到着後、すぐにレンタカーに乗り込む。

雨の日は車移動に限るよ

それにしてもすごい雨。

十勝平野っていうか、雨しか見えない。せっかくなので、しっかり見ておく。雨粒を。

14時。中札内のファームレストラン『野島さんち』に到着。


ここでお野菜たっぷりランチをいただくのだ。

前にも一度だけ来たことがあるんだけど、つい最近来たような感覚でいたけど、よくよく調べたら5年も前のことだった。


前に来た時と変わらず綺麗な店内。
しかし5年も経っていたとは・・・早い、早すぎる。この5年の間に増えたもの→体重。この5年の間に減ったもの→死までの残された時間

・・・と、ちょっぴりしんみりしていたら、ランチセットが運ばれてきた。
まずはセットのドリンク。

オレンジジュース。超、オレンジ。濃厚。

そして、色鮮やかな週替わりプレート。

ここでしっかりお野菜を摂取だ。

新鮮野菜が盛りだくさん。

ひとつひとつがパリッパリで美味しい。バーニャカウダ風のドレッシングで箸がススムススム。

なおやんはポテトグラタンのセット。

十勝のジャガイモ、ホックホク!
やっぱり土がいいからお野菜も美味しいんだろうな。

お野菜をたっぷりいただき、なんだかとても、ヘルシーで正しい生き方をしている人間になったような、そんな良い気分に浸っていたら、なおやんがすかさず
「さ!ソフトクリーム、食べに行くぞ!」
と言い出す。あっという間にスイーツ沼へ逆戻り・・・(だがそれでいいと思ってしまうので、体重は増える一方)

16時。西帯広の広瀬牧場にあるウエモンズハートへ。

ここのアイスが絶品だと聞いて。

私が頼んだのは、かぼちゃのジェラート。

自家製かぼちゃとミルクで作られた新鮮ジェラートは、まろやかさとほっくり感が相まってお口の中が一瞬で十勝平野状態に。夢心地・・・

なおやんはもちろん、ソフトクリーム。

ミルクの香りが鼻に抜ける美味しさ。

しかしなおやんときたら、このソフトクリームと同時に牛乳まで買おうとしていたので、
「まずはソフトクリームをじっくり味わってから牛乳を買ったら?乳製品って意外とお腹が膨れるから、食べ終わって、まだ飲めそうだったら買ったらいいさ~」
と私が何気なく言ったら、
「・・・ゆかりこに否定された。もういい。もう買わない」
とヘソを曲げてしまった。
いやいやいや、そんなに飲みたいなら一緒に買えばいいよ!買ってきな!と私が言っても、
「・・・いい。もうその気が無くなった。もういい。」
と相変わらずブスッとしている。

牛乳瓶一本でこんなに不穏な空気になる夫婦っていったい・・・と思いつつも、「まぁまぁ!」となだめていたら、なおやんも機嫌が直ってきて、結局牛乳も買ってきた。

なんでそんなに牛乳が飲みたいのか・・・前世は子牛か?

無事乳製品を堪能したところで、帯広駅方面へ戻り、本日の宿(ドーミーイン帯広)へ向かう。

つづく。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム