山陰旅4・米子で回転寿司

03 21, 2018
山陰うろうろ旅2日目のつづき。京都→浜坂(兵庫)→鳥取…と移動を続け、本日のゴール地=米子に向かっているところから。青春18切符を利用。

3月19日。
17時34分。米子駅(鳥取県)に到着。

今日はここに泊まるんだー

米子に来るのはお正月以来。意外と米子づいている私たちである。

しかし風と雨がすごいよ・・・

風に煽られ、折り畳み傘を何度もひっくり返しながら、駅前の東横インにチェックイン。

ふー・・・やっと雨風をしのげる・・・

雨だけならまだしも風もものすごく強いので、外を歩くのはためらわれるけど、だがしかし我々はこれから夜ごはんを食べねばならぬのだ。今日は回転寿司を食べると決めているのだ。

というわけで、19時過ぎ、ホテルから歩いて20分くらいのところにある地元の回転寿司屋さん『すし弁慶』へ行く。
びしょ濡れでお寿司屋さんに到着した後は、もうひたすら食べるのみ。

浜坂産ほたるいか(180円)。プリプリしてる。美味しすぎて後で追加注文した。

他にも主に地元産のものを中心にどんどん取っていく。



新鮮で、しかも安い。180円~280円のお皿が充実している。かなり食べたけどお会計は全部で3千円くらいだった。

大満足でお店を出たら、外はますます大嵐・・・タクシー嫌いのなおやんも、さすがに「タクシーで帰るか・・・」と言い始めた。

とりあえずどこかタクシーが来てくれそうな場所を探すため、周辺をウロウロしていたら、「ケーキ」という文字を発見してしまった。

リビドー洋菓子店、というらしい。
もちろん入り、ケーキを2個購入。

その後、ケーキ屋さんのお向かいにあるスーパーからタクシーに乗り、21時過ぎにホテルに帰還。

さっそくお茶を入れて、夜のケーキタイムスタート!

一日のシメだよ

ちなみに、スーパーで地元っぽいものも買ってみた。

白バラ牛乳シフォンと、白バラ牛乳シュークリーム。シュークリームの方はケーキの後になおやんがすぐに食べた。少しもらったところ、クリームが割とこってりタイプで私はちょっと苦手だった・・・。シフォンの方は次の日に食べてみたけど、好きな味だった。というわけで、私はシフォン派。なおやんはシュークリーム派らしい。まぁどうでもいいけど。

・・・これにて2日目、終了。
次の日は米子から江津(島根県)に向かい、そこから念願の三江線に乗りますよ・・・

山陰旅3・鳥取でお昼ごはん

03 20, 2018
山陰うろうろ旅2日目のつづき。京都から兵庫県の浜坂駅へ移動し、浜坂駅から今度は鳥取駅に向かっているところから。青春18切符を利用。

3月19日。
12時46分。鳥取駅に到着。

砂丘に行きたいよー

鳥取砂丘には私は昔一度だけ行ったことがあるけど、思っていた以上に一面砂で、すごく感動した記憶があるので、ぜひなおやんにも味わってもらいたいと思ったんだけど・・・あいにくの雨。

「雨の鳥取砂丘・・・足がズボズボ埋まりそう」
「濡れてる砂を見ると砂団子をこしらえたくなるけど、まぁ砂丘は晴れている時に行った方がいいかもね」
「ところで鳥取砂丘ってどうやってできたんだろう」
「さぁ・・・誰かが少しずつ持ってきたんじゃないの、砂を」
「そっかー」

などと適当なことを話しつつ、とりあえずお昼ごはんを食べに行く。
駅から徒歩5分のところにある料亭『花のれん』。

リュック&スニーカー姿で入っていいものかドギマギしたけど、お昼だからか、普通に迎え入れてくださった。

頼んだのは花かご定食(1550円)。

あれ、想像以上のボリューム!と驚く。料亭のご飯だからきっと量も上品なんだろうね・・・と話していたのに、いい意味で期待を裏切られた。

見た目も綺麗で、味も美味しい。

両家の顔合わせの食事会とかにぴったりだな・・・と思いながら、ゆっくり味わった。これで1550円はお得!

食後、今度はこちらの珈琲店へ移動。

すなば珈琲。

以前、日本で唯一スタバがない県として有名だった鳥取県・・・(「スタバはないが日本一のスナバはある」by鳥取県知事)
今ではスタバもできたけど、こちらのすなば珈琲も相変わらず人気の模様。

入口前に砂場。

そして入口を入るとマツコ。

なんでも、『月曜から夜ふかし』で鳥取問題を数多く取り上げてくれたおかげで、このすなば珈琲がオープンしたらしい。よかったね・・・

普段はあまりコーヒーものは飲まない私も、今回はカフェオレを注文してみた。

ただし飲むのが遅いので、私の分はテイクアウト用のカップに入れてもらった。持ち帰れるように。

テイクアウト用カップの蓋についている、あの小さな口が怖いので(中が見えなくて、いつ口の中に熱い液体が入ってくるかわからないので怖い)飲むときはわざわざ蓋を外す。

ふぅ・・・これで安心・・・ミルクたっぷりで飲みやすい。

飲むだけじゃ物足りないので、チーズケーキも。

お皿にニッコリさん発見

その後鳥取駅に戻り、14時51分発の米子行きに乗車。

米子まで2時間40分・・・

つづく。

山陰旅2・京都から浜坂まで

03 19, 2018
山陰うろうろ旅2日目の朝。京都駅直結の近鉄ホテルに宿泊中。

3月19日。
朝5時15分、起床。
・・・実は昨日寝たのは1時過ぎなので、かなり眠い。なぜ1時まで起きていたのかというと、せっかくのトレインビューのお部屋なので、上りのサンライズ出雲が京都駅を通過するのを見たくて・・・(なおやんは最初寝てたけど、私が窓際でゴソゴソとサンライズを待っていたら起きてきた。で、一緒に見た。サンライズは1時過ぎに通過していった)←なんか私の方がやる気満々みたいだけど、実際、私の方が満々だった・・・

起きて身支度を整えた後、早めの朝ごはん。

昨日の夜、志津屋で買っておいたサンドイッチ。このタマゴサンド、無性に食べたくなる・・・

あと、復刻パンもいくつか買ってみた。

黒糖風味のロールパンにカスタードホイップがサンドされているやつと、プリン風のパン。これらは後で車内で食べたけど、どちらともくどくなくて美味しかった。志津屋にハズレなし。

6時15分、ホテルチェックアウト。
青春18切符で京都駅改札に入り、6時37分発の山陰本線(嵯峨野線)福知山行きに乗車。
6時台だけど、通勤客で席は全て埋まっていた。

8時38分、福知山駅に到着。
そこから8時54分発の豊岡行きに乗り換え。

18切符の旅はまだ始まったばかり。

10時09分、兵庫県の豊岡駅に到着。
降りてすぐ、10時11分発の浜坂行きに乗り換え。
・・・当初は浜坂まで乗り通さずに城崎温泉駅で途中下車する予定だったけど、まだお腹は全然減っていないし、雨が降っているので歩くと濡れるよね・・・ということで途中下車はパス。予定を変更して浜坂まで乗り通すことにする。

豊岡から浜坂までは約1時間・・・車窓から日本海の景色を楽しむ。

↑駅のホームの向こうに広がる海(鎧駅)。

余部鉄橋も渡るよ。

「昔、余部鉄橋から列車が転落する事故があったんだよね・・・」
となおやんから聞き(←なぜ今言う・・・)一気に神妙な気持ちになる。回送列車で乗客は乗っていなかったけど、車掌さんや、鉄橋の下にいた方々、計6名が亡くなられたらしい。心の中で合掌するとともに、こういった事故の一つ一つが未来の技術への教訓となっていくんだな・・・と静かに思う。

11時18分、浜坂駅に到着。

ここでちょっと休憩しよ

浜坂はここ。

兵庫県の日本海側。

なかなかに渋い駅・・・

初めて降りる駅って、無性にワクワクする・・・

次の列車まで約40分ほど時間があるので、とりあえず駅を出てみる。

へー温泉があるんだね

しかし温泉に行く時間はないので、駅舎に併設されているこちらへ行ってみる。

鉄道グッズ館『鉄子の部屋』・・・

中に入ると、たしかに鉄道グッズが並んでいた。


・・・これを見て思ったのは、「うちにある大量の鉄道部品や飛行機模型もこうやって飾ればいいのでは?」ということ。もうなおやんのコレクションがカオス過ぎて普通のインテリア本では太刀打ちできないので、いっそ博物館とかに視察に行った方がよっぽどインテリアの参考になるのでは?と。そんな風に思う、某主婦なのでした・・・

ところで鉄子の部屋に、こんなのがあった。

「指の運動に
いかがですか。
クルミです」
・・・なんか、キュンとした。鉄道グッズとは全く関係ないけど、このクルミが私の中では一等賞。

鉄子の部屋を出て、駅ロータリーをぶらぶら。

足湯もあるよ(入らなかったけど)

最後、米田茶店というお店で少しだけお土産を買い、浜坂駅に戻って12時01分発の鳥取行きに乗車。

お昼ごはんは鳥取に着いてから食べる予定。

ちなみに米田茶店で買ったのはこちら。

浜坂名産の鯛ちくわと瓦煎餅。
鯛ちくわはすぐに食べたけど、カマンベールチーズが入っていて甘みがあって、小腹を満たすにはピッタリだった。

つづく。

山陰旅1・今夜は京都まで

03 18, 2018
二人揃って連休が取れたので、山陰方面へ行くことにした。

なおやんは今日は午前中仕事で、家に帰ってきたのが14時なので、今回はのんびりと夕方出発で。
品川駅16時17分発の『のぞみ47号』に乗車。

今日は京都まですすむよ!

・・・そう、一気に山陰まで行こうと思ったら、山陰行きの飛行機はどこも高くて。
せっかく18切符も使える時期なので、明日は18切符を使って京都からノロノロと鳥取県~島根県あたりまで移動する予定。

二人ともお昼ごはんをほとんど食べずに出てきたのでお腹が減ってたけど、お弁当とかは特に買わずに乗り込んだ。京都で食べたいし。
かわりに、車内販売でアイスを購入。

スジャータのアイス、かなりおいしい・・・

18時25分、京都駅に到着。
改札を出て、駅構内のお店が並ぶエリアを歩いていたら、どこからかお香の匂いがしてきた。いかにも京都っぽい良い香り。
・・・と、私がウットリする横で、
「おや、だれか死んだのかな・・・」
と手を合わせるなおやん。お香の香りを全部線香だと思っているらしい。

まずは本日の宿にチェックイン。
京都駅直結の『ホテル近鉄京都駅』。

改札からすぐだから便利だよ

トレインビューのお部屋。

「ネットで予約する時、リクエスト欄に『妻が、電車が見えるお部屋を希望しています』って書いといたんだ~」
と言われ、なんで私なんだよ?!と怒る。(あとで問い詰めたら、「妻が」というのは本当は書いてないよ!と言われたけど・・・どうだか)

19時20分。夜ごはんを食べるお店を探すため、京都駅周辺をぶらぶらすることに。

和洋中でいえば、二人とも和が食べたい気分・・・

そこでまずは伊勢丹地下に行き、京都の老舗『三味洪庵』の穴子寿司と鯖寿司を購入(閉店間際で半額になっていた)。
しかしお寿司だけじゃなんだか物足りないので、ホテルに戻る前にポルタの中に入っている『冨士屋』へ入る。

大阪と京都に店舗がある関西のお蕎麦屋さん。

私はきつねそば。

この薄めの色!関西風のそばつゆだ。
なんとなく、うどんは西、蕎麦は東・・・というイメージが個人的にあるんだけど、関西風の蕎麦は普段なかなか食べないので新鮮で、すごく美味しく感じた。

なおやんは鴨つけ蕎麦。

こちらも鴨の風味が効いていて美味。
ぷらっと入ったお店だったけど、正解だった。

その後ホテルに戻り、今度はお寿司タイム。

ありがとう、半額・・・(鯖寿司は定価だと2千円近くはする)

いっただっきまーす

身が分厚く、ご飯もふっくらしていて美味しい。


・・・で、これを書いている今は23時15分。なおやんはもう寝てしまった。
明日も早起き&一日中乗りっぱなしなので、私もそろそろシャワー浴びて寝ます。
おやすみなさいませ・・・

劣等感と購買欲

03 18, 2018
昨日、用事があって神保町と新宿をハシゴしたんだけど、この2つの街の空気の違いを昨日は嫌というほど味わった。

古書の街・神保町はいつも通り、おじさん(もしくはおじいさん)的な空気感が漂っていて、私も本屋をハシゴしながら静かに楽しんでいたんだけど、その後新宿に移動し、あの東口の人混みを見た途端、なんだか心がざわついて、「見栄」「劣等感」「孤独」「焦り」と言ったキーワードがどんどん頭に浮かんできた。それは外側から入ってくるものというより、その場の空気に共鳴して私の中から出てくるものなんだけど・・・。

試しに耳をすまして東口あたりを一人でゆっくり歩いてみたら、聞こえてくるのは「ギャハハハ!」という不思議なテンションの笑い声と舌打ち声、男女の駆け引き、女子同士の服の褒め合い、などだった。

その後久々にルミネの中を歩いてみたら、若い女の子たちみんなが真っ赤な口紅を塗っていて、おばさん驚いちゃった・・・本当に、見事に、向こうから歩いて来る人たち全員が真っ赤な口紅だったんだよ。SFのようだよ。
少し前だと「えー赤い口紅?!今井美樹かよ!」って言われてたのに・・・

なんかここにいると「服を買わないといけない」「ダサい服だと恥ずかしい」という気分になってくるなぁと思い(そしてそういう劣等感こそが強力な購買欲に繋がるのだな・・・)気分を変えたくてルミネからユニクロに避難したところ、今度は外国人観光客だらけだった。でもルミネより、なんか落ち着く・・・

で、思い出した。学生時代のことを。
いつもものすごくオシャレで高そうな服を着ている子がいたんだけど、なぜかその子からは「わーオシャレさんだなぁ!」というより、「焦り」というか、「バカにされたくない」みたいな力み?をずっと感じていた。
たくさん買ってるからショップの店員さんと仲良くなったんだー、とか言ってたな・・・。

しかしその後、彼女があちこちから借金をしていることが判明。友達や先輩からチマチマ借りていた(貸す方も貸す方だが・・・)。
そりゃ大学1、2年からそんなにバカスカ服を買ってたらお金は無くなるよ・・・。

でも、昨日ルミネを歩いていて、彼女の気持ちがなんとなくわかった気がした。
「服」が欲しいんじゃなくて、「他人からの承認」が欲しいんだよね。純粋にオシャレが好きな人と、他人からの評価が欲しくて服を買い込む人とでは、やっぱり伝わってくるものが全然違うけど、でも、バカにされるのも怖いし、早く東京に馴染みたいし(その子は某地方からの上京組だった)孤独だし、「そのファッションはもう古い!次はこのファッション!」とどんどん流行は変わるし、そりゃ服、買っちゃうよね・・・と、今さらながら彼女に共感した。

でももし彼女の行動エリアが新宿とかではなく神保町だったら、そうはならなかったかも。みんな、人の服のことより本に夢中だし。人の服を見ている人はほとんどいないのでは・・・。


ちなみに今も昔もオシャレの才能ゼロの私は、やっぱりオシャレ成分の多い街に行くと劣等感が刺激されちゃうけど、劣等感を埋めるために服を買うくらいならその同じお金を何か他のことに(主に食べることに)使いたいと思っちゃうので、服は増えないけど体重が増えるわけです。

——

・・・これを書いている今は東海道新幹線の中。今日は急遽京都に泊まることにしたよ・・・
0 CommentsPosted in 日記

日帰り松本3・あつあつスパゲティグラタン

03 17, 2018
日帰り松本旅のつづき。スーパーあずさで松本へ→水舎で蕎麦ランチ→珈琲まるもでプリンとお茶→…

3月16日。
13時40分。珈琲まるもを出て、再びお散歩開始。

寒いけど雨は止んだよ

そういえば昨年秋に松本にイオンモールがオープンしたんだよね・・・という話になり、なんとなく、行ってみることに。
松本駅から徒歩15分くらいのところにあるイオン。さすができたてほやほや、新しくて綺麗でお客さんもたくさんいた。
食料品フロアをぷらっと眺め、松本山賊焼(下味のしっかりついたビッグサイズの唐揚げ)が1パック198円になっていたので、家でつまむ用に購入。
その後、なおやんとしばし別れる。私は古本屋さんへ、なおやんはこのままイオンのフードコートに残り、次の旅の計画を立てることに(出発が次の次の日だというのに何も決めてなくてそろそろ決めていかないとヤバイよね…という話になり。最終目的地は山陰、ということしか決まっていない)。

というわけで、私だけイオンを出発。
・・・そこから歩くこと10分で、目的地に到着。

古本屋兼喫茶店の『想雲堂』さん。
中に入ると、そこにはまさに「本好きが落ち着く空間」が広がっていた。重厚な木の本棚に名著がぎっしり。
喫茶店も兼ねているので、本を読みながら珈琲をゆったりと飲んでいるお客さんも何人かいた。皆さん自分の世界に集中している模様・・・いいなぁこういう空間。私もお腹に余裕があったらここでゆっくり過ごしたかった・・・

沖縄に関する本がたくさんあったので興味深くパラパラ眺めていたんだけど、それよりももっと気になる本を発見。

『禅とオートバイ修理技術 上・下巻』
ロバート・M・パーシグ 著。
禅とオートバイ修理技術・・・ヤバイ、この言葉の組み合わせだけで、もう私、トリコになってしまった。息子と一緒にオートバイ旅をしながら哲学する著者・・・こういうの、大好物です。上下巻まとめて購入。

16時。なおやんと合流し、最後のごはんタイム。

やっぱり行っちゃうでしょ、翁堂駅前喫茶室。

少し早い夜ごはんということで、なおやんはチキンカレー。

ごはんもかなりたっぷりめ。

私はもう、家を出る時から気持ちは決まっていた。
そう、冬の翁堂といえばスパゲティグラタンだよ!

グツグツグツグツいってる・・・見るからにアッツアツ。

これが好き過ぎて、夢に出てくる勢い。

冬しか食べられないのがまた切ない。
パスタの、焼かれてちょっとかたくなった部分がまた美味しくて。冬には必ず食べたい一品。

・・・ふぅ。お腹いっぱいになったね~
と言いつつ、もちのろん、ケーキは食べる。

イチゴのショートケーキと、たぬきケーキ。

たぬきケーキ、可愛くて可愛くて、食べるのがもったいない!

(・・・とか言って結局食べるんだよね・・・ヒソヒソ)

気がついたらこの翁堂で1時間40分も過ごしていた。次の旅の計画をああだこうだと話し合っていたら、いつのまにか時間が経っていた。

この後松本駅へ向かい、18時35分発のスーパーあずさ32号に乗車。

E351系のスーパーあずさはこれが乗り納め。
行きは寝てたから大丈夫だったけど、帰りは例によって酔った。振り子式車両の揺れはやっぱりオエッとなる・・・最後まで酔わせてくれてありがとう・・・

21時過ぎに新宿に到着してからはそのまま家に帰り、イオンで買った山賊焼をつまんだ。ニンニクの風味が効いていて美味しかった。

——

そんなわけで、明日からは西日本へ向かうわけだけど、いまだに泊まるところが(ホテルではなく、街自体が)決まっていない。とりあえずあちこち経由しながら島根県の江津あたりまで行く予定・・・

日帰り松本2・蕎麦と喫茶でほっこり

03 16, 2018
日帰り松本旅のつづき。新宿から松本行きのスーパーあずさに乗車したところから。

3月16日。
10時38分。松本駅に到着。

ブルブルブル・・・さむーい

・・・いやほんと、寒くて参った。最近暑い日が続いていたので油断していた。
「あとでどこかで防寒着買おうかな・・・」
「ホッカイロも買おう・・・」
と早くも軟弱なことを言い出す弱い大人たち。

11時。寒い寒い言いながら駅から歩くこと8分・・・こちらのお店に到着。

『石碾き蕎麦 水舎』。お昼はここでお蕎麦を食べるのだ。

ランチの蕎麦御膳を注文。

日替わり蕎麦(今日は八割蕎麦)、サラダ、天ぷら3種、おまかせ一品(たけのこの煮物)、お漬物、がセットになって1000円。お得お得。

蕎麦はまず、麺のみで味わってから、つゆにつけて食べる。

ワサビや薬味はつゆに入れず、蕎麦にのせて食べる。
・・・などと形だけは蕎麦ツウぶってみるけど、正直なんでも美味しく感じる私たちなので、どうやって食べたって美味しいものは美味しい。
ちなみに天ぷらは海老、ナス、舞茸だった。なおやんはナスが食べられないので、私の舞茸と交換してあげた。なおやんといると私はいつだってナスを倍食べることになるけど、その分何かが減っているので(今回は舞茸)なんかちょっと腑に落ちない。まぁ、ナス、好きだけどさぁ・・・

12時。お店を出て、ぶらぶら散歩する。

パラパラ雨が降っているけど、もうすぐ止みそう。
それにしても寒いので、この後パルコに寄って、GUと無印良品で寒さ対策になりそうな服を物色してみた。しかし、店内は暖房が効いていてかなり暖かいため、なんか感覚が鈍ってきて、「やっぱりそんなに寒くないから買わなくていいね」と判断←その後外に出て「やっぱさむー!」と震えるという・・・なんのこっちゃ。

12時30分。『珈琲まるも』という喫茶店へ。

蔵造りのシックな外観。

店内も雰囲気があって素敵。

窓際のボックス席に座らせてもらう。

プリンを1つと、なおやんは珈琲、私はレモンティーを注文。

うふふ・・・至福のひととき・・・

生クリームののった手作りプリンを二人でつつく。

かためのしっかりタイプのプリン。一人一つずつでも良かったかな・・・と思ったけど、この先もいろいろ食べたいので、ここは控えめに。次の旅の計画をああだこうだと話し合いながら食べた。

つづく。

日帰り松本1・スーパーあずさに乗って

03 16, 2018
3月16日。つまり今日。
E351系スーパーあずさがラストランを迎えるということで、朝から新宿へ。

8時発のスーパーあずさで松本まで行き、夕方、松本から上りのスーパーあずさ(←上りはこれがラストラン)に乗って帰る、という行程らしい。

新宿駅のホームにはE351系ラストランのポスターが。

キン肉マンのキャラクターにいそうな顔・・・という印象。

今日がラスト、ということもあり、ホームには鉄道ファンの皆さんがたくさん集まっていた。ものすごく長いレンズのカメラを持っている人も多数・・・宇宙でも撮るのかな?というくらいの。

そんな、ハッブル宇宙望遠鏡の海をくぐり抜け、iPhoneという小さな箱しか持っていないニワカな私も一枚だけ撮らせてもらった。車両前面のLED幕はあずさになってなかったけど、まぁいい。そこまでのこだわりはないので・・・

さっそく乗車。

正直スーパーあずさの振り子走行は苦手なんだけど(←オエッとなる)でも寝ちゃえば酔うこともないので、松本まで寝よう寝よう!と心に決める。

8時。新宿駅を発車。
なおやんは売店で買った駅弁をすぐに開け始めた。朝ごはんとして食べるらしい。

掛け紙商法・・・

中はこんな感じ。

右上の白い羊羹に『E351』の焼印あり。

私は家から持ってきたマドレーヌを食べる。

なおやんが昨日高崎のお店で買ってきたもの。高崎までいったい何をしに行ったのかは謎だけど(多分鉄道絡み)、このマドレーヌはすこぶる美味しい。

あとはもう、ボーッと過ごす。

振り子系列車では読書は無理・・・

八王子を過ぎたあたりでいつの間にか爆睡してしまった。なおやんも寝ていた。
グーグー寝ている私たちを乗せて、スーパーあずさは松本へ向かって走り続けるのであった。

つづく。

生活音がうるさいと言われ

03 15, 2018
星占いを見ていたら、「射手座は生活音がうるさい」という言葉が出てきたので、なおやんに
「私って生活音うるさいかね?」
と聞いたところ
「そりゃもう、すごくうるさいよ」
と言われ、そうか・・・と思った。

まず、私の体内から出てくる咳やクシャミがそもそもうるさい。もちろん私なりに抑えて出しているわけだけど、それでも音量が大きくなってしまう。
あと、お皿洗いの音もうるさい気がする。
あと、掃除の音もうるさい。
あと、ひとりごとも相当うるさい。鼻歌もうるさいような。たまに不意にやってしまうリズム打ちも(膝をパンパン叩いて一人でドラムごっこしてる)。
歩くペースもしずしずというよりはスタスタ!って感じだし、洗濯物を干す時もパンパン!ってやってる・・・←それはいいか?

この「その人独自の生活音」って、ある意味その人の気質が表れるというか、その人のエネルギーの形がそのまま出ている感じがして面白い。
静かかうるさいかだけでなく、横向きの音か、縦向きの音か、とか。まろやかか、トゲがあるか、とか。シュッとまっすぐな音か、それとも湿気を帯びた音か、とか。
佇まいが静かな人でも、気質がもともと静かな人もいれば、外に出すのが怖くて静かにしている人もいるし。

ちなみに今なおやんに、「私が出す音のイメージってどんな感じ?」と聞いてみたところ、
「なんというか、『ットーーン!』って感じだよね」
と言われた。なるほど。

逆に、なおやんが出す音の形をイメージで言うと・・・『スコッ』って感じ。

つまり我が家は『ットーーン!』と『スコッ』が一緒に生活しているわけだよ。
トーンさんと、スコくん、か・・・悪くない。これでいくか。

—-

明日はちょっくら松本まで行ってきます。日帰りで。
何食べようかなぁ。馬刺し?山賊焼き?蕎麦?それともスパゲティグラタン(翁堂の)?
松本は食べたいものがたくさんあるから胃が足りないよ。
2 CommentsPosted in 日記

北海道旅12・最後は比布でしめる

03 15, 2018
北海道旅3日目のつづき。旭川の仏蘭西亭でビーフシチューランチを堪能したところから。

2月14日。
旭川駅前のイオンで買い込んだお土産と大きなリュックを全部コインロッカーに押し込み、身軽になったところで、最後のお出かけスタート。

14時50分、旭川発名寄行きに乗車。
・・・せっかく塩狩から旭川に戻ってきたというのに、また塩狩方面へ向かうというわけがわからない我々・・・オーケー、いつものことだ。

15時11分。比布駅で降りる。

もう毎年のお約束だけど、この比布駅近くの踏切でラッセル車を撮影するわけで。もちろん発案者はなおやん、私は付き添い。・・・別にそんなにラッセル車には興味がないのに付き添う私って、相当心が広いか、相当な物好きなのではなかろうか・・・と自分で自分が心配になる。

でも、この比布の真っ白な感じ、好きなんだよね・・・

・・・しかし、この雪の中を歩いている途中、なぜか些細な口喧嘩が始まってしまった。原因は忘れたけど、なおやんの何かに私が腹を立てたかたち。

「もういい、私はついていかない!ここにいる」
「えええ」
「もうここからうごかない」
「死ぬよ?!」
「(・・・それもそうだな・・・)じゃあなおやん、謝ってよ」
「・・・ごめんなさい・・・?」
「何が「ごめんなさい」なのか言ってごらん」
「わかんない」
「キーー!」

・・・しかし、喧嘩してても寒いだけなので、早々に仲直りした。寒さに迫られると喧嘩もすぐに収まるのだな、と学んだ。

踏切に到着。

今年は誰もいない。昨年はたしかここに何人か撮り鉄紳士がいた気がするけど・・・

数分後、赤いラッセルがズンズンやってきた。

きたきた!たのもしいアイツ・・・!

雪の中を走るラッセル車・・・関東では見られない光景。

雪国の鉄道にはなくてはならない存在。

今年も見られてよかった・・・

これからも頑張って北海道の鉄道を守ってくださいね!とエールを送る。

無事ラッセルを撮影できたところで、比布駅に戻る。

さ、あとは旭川駅に戻るだけだね・・・と思っていたら!なんと、乗ろうとしていた列車が運休になってしまった。あわわわ・・・

さすがにそろそろ旭川に戻らないとヤバイので、急いで駅を出て今度は路線バスの乗り場へ向かう。でも、バスも全く来ない。ものすごく遅れている模様・・・あわわあわわ(さすがのなおやんもちょっと焦っていた)

30分くらい待ったところでなんとか旭川行きのバスが来たので、無事乗車。ふー・・・焦った。雪国をなめてはいけないな。

旭川駅に着いたのは17時15分。
本当はラーメンでも食べて帰ろうと思っていたけど、そんな時間は無くなったので、駅構内にあるこちらの売店で焼きそばを買って行くことに。

『駅ナカ食堂なの花』。以前は旭川西武の中に入っていたお店。西武の閉店とともにお店もなくなったのかと思っていたけど、こちらに移転したと聞いてホッとした。

焼きそばを持ち帰り用に包んでもらい、急いで空港行きのバスに乗る。

18時半。旭川空港に到着。
荷物検査を通る前に、まずはベンチでご飯タイム。

焼きそば、まだほんのり温かい・・・しみじみ美味しい・・・

さらに、なおやんが売店でソフトクリームを買ってきた。

2階ロビーの一番奥にあるミルクスタンドのソフト。なかなか美味しい。

勢いづいてきたので、旭川イオンで買ったこのスイーツも食べる。

柳月のノワール・シュクレ。冬季限定のチョコシューなんだけど、これがもう、ドンピシャに私好み!!柳月さん、どうかこのシューを一年中食べられるようにしてください・・・


ギリギリまで旭川の味覚を堪能し身も心も満足したところで、19時35分発のエアドゥに乗り、羽田へ帰還しましたとさ。

たのしかったねぇ!

(ちなみに帰りも相変わらず風邪っぴきで鼻が詰まっていた私・・・。行きは気圧の変化で耳が激痛だったので、帰りは耳痛を抑えるために、ゴクンと飲み込む用の唾をたくさん生成しようと思い、葡萄味のグミを一袋持参した。グミが一番唾が出ると思う・・・おかげで耳の激痛は抑えられた。飛行機の耳痛にはグミ。ただし虫歯には注意)


途中更新が止まってしまって遅くなったけど、これにて冬の北海道旅日記、おわりです。はー書き終わってスッキリ!
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム