静かなる情熱ーエミリ・ディキンスン

08 19, 2017
なんだか最近旅日記が続いているので(そして今も18きっぷ旅の真っ最中で、愛知県の豊橋にいるという・・・現在なおやんとは別行動中で、一人でカフェにいるところ)久々に他のことを書くことにする。

先日『静かなる情熱ーエミリ・ディキンスン』を観に行った。神保町岩波ホール。

生前わずか10篇の詩を発表し、無名のまま生涯を終え、没後発見された1800篇近い作品により“アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられる女性詩人エミリ・ディキンスン。
全世界より熱狂的なファンを持つディキンスンの生涯を、20篇近い詩を織り交ぜ描く伝記的作品。
(公式サイトより)

エミリ・ディキンスンのことは全然知らなかったけど、彼女のような「無名のまま生涯を終えた芸術家、詩人、作家」の人生にはものすごく興味があるので(ゴッホとか宮沢賢治とか・・・本人が死んでから作品が高く評価されるって、なんだか複雑・・・)ワクワクしながら観に行った。

題名には「静かなる情熱」とあるけど、少なくともこの映画の中のエミリは、そんなに「静か」ではなかった。結構、主張していた。

(以下、ネタバレあり)

女学校時代、厳格なキリスト教への信仰が強要される中、他の生徒たちが素直に従うのにエミリだけは頑として抵抗したり。牧師との祈りの時にエミリだけひざまずかなかったり。信仰に従うことは安全だけれど、でも、わたしの魂はわたしのもの、と言えるエミリがなんだか眩しかった。

その時代の大多数の意見や常識に賛成すれば「正常」、抵抗すれば「異質」、と見られるのは今でもそうだけれど、このエミリの時代は特にそれが強かったのかもしれない。キリスト教を信仰するのが当たり前、女性の仕事は男性に劣る、とか、そういう「常識」に大多数の人は疑問を持たずに縛られるわけだけど、エミリ・ディキンスンは違った。牧師さまのお祈りの時間にひざまずく、という「当たり前のこと」にも疑問を持つ。

映画の中で、エミリに信仰心が足りないことを父親がものすごく怒るシーンがあるんだけど、その場面を見て、
「無意識の中で縛られている人は、その縛りを、自分以外の人にも強要するのだな・・・」
と思った。

同じ信仰(常識、価値観)でも、「信仰に縛られる」のと、「信仰で自由になる」のとでは、多分全然違う。前者は他人にも強要しがちだけど、後者の場合は他人がどうあれ、他人のありのままを尊重できる気がする。
ってことは、他人が自分の信仰(考え方とか価値観とか)を否定して腹がたつ場合は前者、他人が否定しようがなんだろうが、それすらも受け入れられるのは後者・・・って感じかな。わからないけど・・・

・・・と、詩とはまた別のところでもいろいろ感じたこの映画。

映画の中には彼女の詩がたくさん出てきたんだけど、どれも思索的で、どこか哲学的・・・そして実は、彼女が一番深く、キリスト教の真髄がわかっていた人なのではないかと感じた。真髄まで行っちゃうと、もう何教とか関係なくなるかもしれないけど。

しかしストーリー後半はエミリの辛い面が浮き彫りにされ、病や劣等感に苦しむ姿がこれでもか、これでもか、と出てくるので、ちょっと苦しかった。
あと、エミリ役を『Sex and the City』のミランダ役でおなじみのシンシア・ニクソンがやっているもんだから、エミリがキツい皮肉を言うシーンなんかは、もう、ミランダそのものっていうか・・・エミリを通してミランダが見えてしまって、ちょっと脳が混乱した。『Sex and the City』、DVDを持っているくらい好きなので。

この映画をきっかけに、エミリ・ディキンスンの詩集を読んでみようと思った。今度図書館で借りる予定。

----

さて、これを書いている今は13時20分。
これから豊橋から飯田線に乗ってきます。
なおやんとは飯田線の途中、平岡駅で合流する予定。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム