福島旅7・快速あいづで会津若松へ

08 14, 2016
ひとつ前のつづき。郡山から快速あいづに乗って会津若松に向かっているところから。

10時13分に郡山を発車した快速あいづ。
車窓から磐梯山の姿を見て、なごむ。

富士山や羊蹄山のような、くっきりはっきりしている山は、なんだかいろいろ強過ぎてたまに怖くなるけど(←自然巨大物恐怖症)磐梯山は大丈夫。やさしい・・・磐梯山やさしいよ・・・

夏休み期間中とあって、小・中学生も結構多い。

そして、そんな若い鉄ちゃんたちはみんな(本当にみんな、例外なく)立派なカメラを持っている。なんか、長いやつ。レンズが。お小遣い貯めて買ったのかな・・・。
私も小学生の時にお年玉貯めてSHARPの書院(っていうワープロがあったんだよ)をウキウキしながら買ったから、気持ちわかるなぁ。って、小学生の頃からオシャレ道具ではなくワープロ欲しがっている時点で、なんかもう、女子力が絶望的っていう。三つ子の魂なんとやら、だ・・・

11時24分、会津若松に到着。

ここでおひるごはんたべるよ

郡山への折り返しは約4時間後。


行きも帰りも583系。

駅を出て周遊バスに乗り、なんとなく鶴ヶ城方面へ向かう。
鶴ヶ城入口で降りて、まずは腹ごしらえ。
バスから見えたこのお店に入ってみる。

『ハトヤ食堂』。ソースカツ丼がありそうな店構え。(そしてあった)

というわけで、もちろんソースカツ丼を注文。

甘めのソースが美味しい。
正直、お肉は薄めだった(そしてごはんは多めだった)けど、老夫婦が二人で切り盛りしている感じだったので、お肉の薄さは良しとする。おじいちゃんおばあちゃんが昔から営んでいる定食屋やパン屋さんを、無条件に応援している私たちである。

ご飯が山盛りでかなりお腹がパンパンになったので、カロリー消費の為散歩する。
が、暑くてすぐに挫折。
涼しさを求めて、鶴ヶ城会館というお土産屋さんへ入る。

中は、いかにも観光客向けという感じの品揃え。
ま、私たちは会津には来慣れていますし、そんじょそこいらのお土産には反応しませんことよホホホ・・・と上から目線で軽く見てまわっていたら・・・まさかの出会いが!

これ↓

※クマーズじゃなくて、クマーズの足元をごらんください

そう、これだ。

会津柳津名物、あわまんじゅう!

以前、只見線の会津柳津駅に立ち寄った時にあわまんじゅうをぜひ食べたかったんだけど、その時は時間がなくて食べられなったので、今回こうやって出会えて嬉しい。
しかしソースカツ丼を食べたばかりでお腹はパンパンなので、家に持って帰ってから食べようと思っていたんだけど、なんせ蒸したてホヤホヤで、もうたまらん!って感じだったので、その場ですぐに食べた。モッチモチで美味しかった。もっと買えばよかったな・・・

いい加減本当にお腹いっぱい・・・というわけで、ちょっくら鶴ヶ城まで歩くことにする。と言っても大した距離ではないが。
あっという間に到着。

このお城に住んでいた人たち、必死で守っていた人たち、は、こんな日が(=お城には誰も住まなくなり、かわりに観光客がゾクゾクと集まってくる日が)来るなんて、思っていただろうか・・・思っていなかったかな。どうだろう。

私の中で鶴ヶ城といえば、白虎隊(1986年にドラマ化されたバージョン)、そして、そのドラマの主題歌の『愛しき日々』、なわけで。

もう、名曲中の名曲中の名曲。聴いていると、飯盛山で自刃を決行した白虎隊の少年隊士たちの姿が目に浮かぶ。
86年版『白虎隊』、何度も何度も見た・・・もう、マニアかっていうくらい。

ボロボロになりながらも「会津が負けるはずなかろう!」と飯盛山を登っていく白虎隊・・・しかし、高台に出た時に、燃えさかる鶴ヶ城の姿を見てしまう。
「お城が・・・お城が燃えてるー!(泣)」
「お、お城がぁぁ・・・!」
と絶望。
そして、
「・・・今度生まれ変わっても、また会津で会おうな!」
とみんなで約束して、集団自決・・・。
しかし、少年たちが見たその炎は、実は鶴ヶ城周辺の武家屋敷が燃えた炎だった・・・鶴ヶ城はまだ落ちていなかったのであった・・・(ここで『愛しき日々』のインストが流れる、と)

♪かたくなまでの ひとすじの道
♪愚か者だと 笑いますか
♪もう少し時が ゆるやかであったなら

もう、たまりません。

さて、名ドラマの回想はこの辺にして・・・(今の私、ほっとくと白虎隊だけで何記事も書く勢い)

鶴ヶ城を出て、再び周遊バスに乗り、七日町駅に向かう。

おしゃれ風。

駅の中にはカフェが。

その名も『駅cafe』。すがすがしいほどそのまんまのネーミング。

喉が渇いたので、木いちごのジュースを飲む。

ふぅ、ほっこり。木いちご水だなんて、なんだか赤毛のアンの気持ち。会津だけど。

その後、再び会津若松に戻り、15時39分発の快速あいづに乗車。

これで郡山まで戻り、そこからまた普通列車を乗り継いで家まで帰ったと。
帰りは正直ほぼ寝ていたので、あまり記憶がない。写真も、ない。

というわけで、これにておわり。
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (56)
女子の集い (28)
なおやん帖 (15)
読んだり観たり (40)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (15)
★旅日記★ (795)
2018年04月 四国・岡山 (13)
2018年03月 山陰うろうろ (9)
2018年03月 松本 (3)
2018年02月 北海道・塩狩峠 (12)
2018年01月 京都 (11)
2018年01月 石川 (7)
2018年01月 年越しサンライズ (10)
2017年12月 山形 (3)
2017年12月 横浜 (4)
2017年11月 台湾 (18)
2017年11月 福島・山形 (9)
2017年10月 長野・十日町 (4)
2017年10月 長野車中泊 (9)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム