笑われる勇気

10 08, 2017
金曜日、仕事帰りに神保町の三省堂書店をプラプラしていたら、店内放送で
「本日は雨の日サービスデー。店内で購入した本のレシートを2階のUCCカフェに持参すると、10パーセントオフになります」
という旨の情報が流れた。
ちょうどなおやんもいない日だし、UCCカフェで夜ごはんを食べて帰るか・・・と思い、せっかくなので何か本を買って、そのレシートを持って行こう!と、1階の新刊本コーナーを見てまわった。

大量に並べられた本の中で、真っ先に目に入ってきた本、それは・・・


『笑われる勇気』蛭子能収 著。
平積みの中で、この本が一番インパクトがあった。いろんな意味で。

というわけで、この本を購入。初めて蛭子さんの本を買った・・・。蛭子さんといえば、いつだったか神保町の書泉グランデでサイン会をしているところに出くわしたんだけど、その時は本を買うお金が勿体無くて(失礼)遠巻きに見ていたんだけど、この本にはサインをもらいたかったな・・・サイン会、やらないかな。

とりあえずこれでレシートも手に入ったことだし、カフェで10パーセントオフになるぞ!と心の中でガッツポーズ。
しかし、カフェに入る前にちょっとお金を下ろしておこう・・・と思い、一度三省堂のビルを出て、すずらん通りの郵便局のATMまで行ったところ、三省堂まで戻るのがめんどくさくなって(土砂降りだったし)結局郵便局から近いタムタムへ入ってしまった。何のためにレシートを手に入れたんだろうか・・・(蛭子さんの本と出会うためか)

タムタムではいつものピザトースト。

チーズがトロン

このピザトーストを食べながら、さっそく『笑われる勇気』を読んだ。
蛭子さんのゆるい考え方エッセイと、蛭子さんが超適当に答えている『蛭子能収のゆるゆる人生相談』が満載で、蛭子ワールドにどっぷり浸れた。途中、何度も吹き出しそうになった・・・

蛭子さんは多分、いわゆる「正しくて」「優しくて」「真面目で」「道徳的な」人たちからはヒンシュクを買いまくる人だと思うけど、でも、ある意味とても正直で、そして実は人をズバリと見抜いている人なんだと思う。
その「見抜き」は冷酷に見えるかもしれないし、和と共感を重んじる日本人の中では浮いてしまうかもしれない。でも同時に、蛭子さんの考え方に救われる人もたくさんいるだろうな、と思った。

蛭子さんは人の相談事には興味がないわけだけど(「自分以外の生き物にはあまり興味が湧かない」とのこと。孫の名前も覚えていないらしい)それでも、何気ない言葉がなかなかいいんだよ。

例えば・・・

・仕事や人間関係に疲れた、人生うまくいかない
→「そもそも、人生がうまくいくものだと思っているのが間違い」

・新人なのに仕事で開発チームの一員に。不安・・・
→「たぶん、あなたに求められているのはアイデアではない。チームには仕事ができない人がいると、他の人が「オレが頑張ってやる」となって、逆にうまくいくことがある」

・辛気くさい顔をしているので、やる気があるのに「嫌そうに仕事している」と思われる。どうすればいい?
→「考えすぎ。人はそんなにあなたのことを考えたりしていない。そもそも、人の心の中を推測するなんて無意味なことだし、それが当たっていたとしても、そうじゃなくてもただむなしいだけ。どこかであなたは、いつか誰かが自分をわかってくれる、と思っているけど、そんなことはない。自分は、人から理解されるわけがない、と考えていた方がラク」

・マンションでゴミ捨てなどの決まりを守らない人がいるので叱ってやろうと思う
→「オレの住むマンションでも、古新聞をグチャグチャに出している人がいるけど、ちっとも気にならない。あなたも自分ができるからといって、人も同じようにできると思わない方がいい。叱られても反省しない人もいるから、叱るだけ無駄」

とか。
この最後の「自分ができるからといって、人も同じようにできると思わない方がいい」ってのが好き。

でも、ここに挙げたのは真面目な方で、だいたいは「はっきり言ってどうでもいいですね」とか「いや~暑いですね。こんなに暑いと人の相談なんて聞いていられませんよ」とか「あなたも競艇をした方がいい」とか、まぁそんな感じでゆるく答えていて(答えになってないかもしれないけど)それがまた、なんか、よかったんだよねぇ・・・

「雨の日は、レシートでカフェが10パーセントオフ」の放送があったからこそ手に取った本。一期一会だなぁ。とにかく面白い時間をありがとう蛭子さん・・・という気持ちでいっぱい。

ちなみに最近三島由紀夫のエッセイを読み返したばかりなんだけど、彼は超頭が良くて、何事も深く考え、そしてあの壮絶な最期でしょう・・・

それに比べて蛭子さん。彼にとっての理想の死とは、
「この世を去るなら、もっともお世話になっているボートレース平和島がいいですね。名前も“平和島”で、なんだか穏やかで、安らぎそうだし・・・。大穴を当てて、歓喜の頂点で、ガクッと苦しまずに死んでいく。手には当たった万舟券を握りしめて・・・」
というものらしい。

・・・世の中にはいろんな人がいるもんだ。

車中泊旅11・最後は米沢でビーフカツ

10 08, 2017
初めての車中泊旅3日目のつづき。山形県寒河江SA→チェリーランドさがえ→上山市のHATAKE cafe・・・そして今度は米沢に向かっているところから。

9月27日。
12時半。米沢市のこちらのお店に到着。

扇屋牛肉店・・・の2階にある『ミートピア』というレストラン。

この旅の最後は米沢牛で締めくくるぞ。

ステーキ?すき焼き?焼肉?どれにするか迷う・・・

迷った結果、二人ともこれにした。

ビーフカツ定食。1650円。

米沢牛をカツにしちゃうなんて、ゼータクなことだ。

このお肉のレアな感じ!たまらない・・・
ソースもいいけど、私たちは塩をつけて食べてみた。米沢牛の甘さが引き立って、とろける美味しさ。
店内は地元のお客さんでいっぱいだったんだけど、ほとんどの人がこのビーフカツ定食を頼んでいた。こんな分厚いビーフカツを食べたら、もう他では食べられなくなるよ・・・

とか言っているうちにもういい時間になってきた。さすがにそろそろ米沢を出ないと、19時半までに車を返せなくなる。いっそげ~!

・・・と言いつつ、まだ米沢をブラブラする。買いたいものがあるのだ。

13時半。『べに花庵』というお店へ。

米沢市内を走っていたら、たまたまなおやんが『塩引寿司』という看板を見つけたので、買ってみることにした。

こんなの↓

塩引寿司は米沢の郷土料理らしく、塩紅鮭の赤と酢飯の白で紅白になるので、お正月やお祝いの席でも出されたらしい。

買う時にお店の方から「美味しいですよ~!味自慢です!」と言われ、なんかその言葉だけでも美味しさが百倍増しになった気がする。「味自慢」という響きがいい。
(家に帰ってさっそく食べたら、まさに味自慢の味・・・鮭の塩味がキリッと効いていて、雪国の米沢では昔からこうやってお魚を塩引にしていたんだなぁと思った)

塩引寿司の後は、地元のパン屋さんへ。

ベーカリー中村屋。

ここでまたあれこれパンを買う。

コッペパンの種類が豊富。つぶピーや、温州みかんジャム、お約束の小倉マーガリンなどを買う。


これでもう悔いはない。さぁさぁ本当にもう帰らねば!果たして19時半までに都内のレンタカー屋さんに着くのか・・・首都高は夕方ラッシュで混むだろうし・・・しかも返す前にまずは家に帰って荷物をおろさなければならない・・・ヤバイよヤバイよーー


15時。福島飯坂インターから高速に乗る。

いっそげ~~

・・・でも、休憩も必要。帰りも那須高原SAに寄る。

あわてないあわてない

で、千本松牧場のミルクコーヒーを買い、米沢の中村屋で買ったコッペパンを食べる。

あわてないあわてない(あわてろって)


・・・その後はもう、ひたすら帰るのみ。
渋滞に巻き込まれながらもなんとか19時過ぎに家に到着。急いで毛布やら荷物やらを車から降ろし、レンタカー屋さんに車を返しにいった。ギリギリ間に合った。ふぅ・・・


これにて初めての車中泊旅日記、終了です。お疲れさまでした・・・
準備不足でどうなることやらと思ったけど、想像以上に楽しかった!なんか、鉄道旅よりも冒険感があった気がする。
また機会があったらやってみたいけど、これからの季節、さすがに寒いかな。でも布団とかしっかり持っていったら大丈夫かも?どうだろ・・・

車中泊旅10・フルーツざんまい

10 08, 2017
初めての車中泊旅3日目のつづき。山形県の寒河江SAを出発したところから。

9月27日。
9時40分。道の駅・チェリーランドさがえへ行ってみる。

フルーツ的なものがある予感・・・

かなり広い。

さすがにさくらんぼはもう時期的にないだろうけど、何かフルーツは買って帰りたい。鉄道旅だと持って帰る時に潰れたりしないかとかいろいろ気をつかうけど、その点、車だとなんでも持って帰れるから気がラク。

さっそくフルーツ売り場へ行ってみると・・・

いろいろある・・・ゴクリ・・・

ワケあり商品(といっても「熟れているから早めに食べてね」というくらいで、全く問題ない)の中から巨峰と桃を選び、購入。

巨大な巨峰と、桃をひと山。それぞれ500円也。

・・・ここでなおやんのフルーツパフェスイッチが入ってしまい、「なんかパフェ食べたくなってきた・・・お昼を食べる前にフルーツパフェを食べに行こう!」と言い出す。でたよ・・・

お昼は米沢で食べることは決まっているので、とりあえず、寒河江から米沢に行くまでにどこかフルーツパーラーはないか検索してみる。
すると、ちょうど通り道の上山市に一軒発見してしまった。

行くしか、ないよね・・・


11時。上山市の高橋フルーツランドに到着。

このフルーツ農園にカフェが併設されているとのこと。

車を降りて、さっそく行ってみると・・・

HATAKE cafe 発見!

店内もすてき。

天井にはぶどうの蔦と葉っぱが。なんだかロマンティック・・・

ここでなおやんは念願のフルーツパフェを注文。

うわーいっぱいのってるよ

さすがフルーツ農園、いろんな種類の果物がてんこ盛り。

ぶどうだけでもピオーネ、シャインマスカット、クイーンニーナ、スチューベン、ナイアガラ、マニキュアフィンガー・・・と、もはやどれがどれやらだけど、とにかくたくさんのっている。さらにオーロラ(洋梨)やりんごも。

私は洋梨のジュース。

なんてフルーティー。
やっぱり山形はフルーツ天国だなぁ。

ところで店内の本棚にこんな雑誌があった。

月刊山形『ZERO★23』。山形情報満載の地域雑誌。
この表紙の『アンチダイエット宣言!』ってのがいい。なんか、励まされた。この言葉に。

励まされたところで、お次は米沢に肉を食べに行く。

つづく。(次が最後)

車中泊旅9・寒河江SAの朝

10 08, 2017
初めての車中泊旅3日目の朝。山形県の寒河江SAにて車中泊中。

9月27日。
5時20分。車内の揺れで目が覚める。
グラングラン揺れているので、なおやんが激しく寝返りでも打ったか?と思い、なおやんを確認したところ、微動だにせずスースー静かに寝ている。
じゃ、地震?と思い、iPhoneで調べたところ、ちょうど岩手県沖で震度4の地震があったらしい。私たちがいる寒河江は震度2くらいか。

その直後、なおやんも「むにゃむにゃ・・・ゆかりこ、さっき激しく寝返り打ったでしょ・・・」と起きてきたので、「地震だって」と伝え、とりあえずトイレに行く。

外に出てみると・・・

だれもおらん

夜はトラックが数台いた気がするけど、いつの間にか出て行った模様。みんな朝早くに出発するんだねぇ・・・

トイレを済ませ、車に戻り再び寝る。至福の二度寝。


8時半。予定よりだいぶ遅れて起床。7時過ぎには起きる予定だったのにまた寝坊してしまった・・・車の中って意外なほどよく眠れるんだもの・・・

急いで洗顔と化粧を済ませ、朝ごはんを食べにSA内のフードコートへ行く。

なにたべるなにたべる?!

山形といえば、やっぱりこれでしょ・・・というわけで、なおやんは芋煮。

お芋がトロットロに煮込まれていた。コクがあるお汁も最高。
しかしお芋がトロットロ過ぎて「・・・これ、まさかナスじゃないよね?!」と、なおやん(←ナス恐怖症の人)はビクビクしていた。ナスじゃないよ・・・

私は桃ジュースとパン。

ジュースはストレート果汁100パーセント・無糖。桃そのまんま!
パン屋さんで買った焼きたて(揚げたて?)もちもちドーナツも美味しかった。


9時半。寒河江SAを出発。

夜には都内のレンタカー屋さんに車を返さなければならないので、あまりのんびりとはしていられない。でも、まだまだ食べたいものはある・・・

レンタカーで車中泊だと、最終日だけは「気ままに行こうぜ♪」とはいかないのがなんともね・・・営業時間内に返さないといけないし。でも、借りてでも行きたい車中泊旅だ。まさに、借金して鉄道旅をしていた『阿房列車』の内田百閒先生の気持ち。

『ただ一ついけないのは、借りた金は返さなければならぬと云う事である。それを思うと面白くないけれど、今思い立った旅行に出られると云う楽しみは、まだ先の返すと云う憂鬱よりも感動の度が強い。』
(阿房列車より)


時間は気になるところだけど、まぁ、ギリギリまで山形を楽しむことにする。

つづく。

車中泊旅8・夜は寒河江SAへ

10 06, 2017
初めての車中泊旅2日目のつづき。新潟県村上市の海岸=笹川流れで遊覧船を楽しんだところから。

9月26日。
16時50分。日本海沿いの道を北に向かって走っていたら「道の駅あつみ」が見えたので、ちょっと寄ってみる。

ここはもう山形県の鶴岡市だよ

地図でいうと、こんなところ。

海、すぐそこ。

建物の裏にまわり、日本海を眺める。

ちょうど夕陽の時間・・・
家を出る時は何の計画もしていなかったけど、なんやかんや、いい時間にいい場所に辿り着いている気がする。


風のふくまま、気の向くまま・・・

道の駅を出発してからも、途中で車を止めてまた夕陽を眺めたり。

秋ですなぁ・・・(と黄昏ながらも腕をブンブン動かして肩甲骨ストレッチをすることを忘れない。乗っている間はずっと同じ体勢だから、せめて外に出ている間は積極的に身体を動かそうと思って・・・←ただし私だけ。なおやんはそんなめんどくさいことはしない)


18時。鶴岡駅前にある『フルーツショップ青森屋』に寄る。

山形にあるけど青森屋。

シャインマスカットのタルトを2切れ買って、車の中ですぐに食べる。

パイ生地の上にホワイトチョコクリーム、さらにその上にみずみずしいマスカットがたっぷり。山形はやっぱりフルーツがいいね!

この後は高速に乗って、本日の車中泊場所、寒河江SAまで一気に向かう。


19時40分。寒河江SAに到着。

かなり内陸部まできた。

SA内のフードコートが20時までなので、何はともあれ急いで中に入る。

ここで夜ごはんを食べるよ

フンパツして山形牛ステーキ丼1,480円を注文。

いいね~SA飯!長距離運転した後に食べるステーキ丼、美味しくないわけがない。(私は1ミリも運転していないけど)

この、ナイスな焼き加減・・・

フードコート、あなどれないな・・・


20時20分。寒河江SAから歩いていける日帰り温泉施設『ゆ~チェリー』へ行く。

男女それぞれに浴槽が3つ(内湯2つ・露天風呂1つ)あり、全て泉質の異なる源泉掛け流しの温泉になっている。
そんな豪華な内容なのに、入浴料はたったの350円。安い。

(写真は公式サイトより)

お湯がすごく気持ちよくて旅の疲れもすっかり癒された。しかも掃除も行き届いていて、脱衣所の床も綺麗。なおやんも私もすっかり気に入ってしまった。


22時。車に戻り、車内を寝るモードにセッティングして(←1日目よりはだいぶ手際良くできた気がする)就寝。

車中泊旅3日目(最終日)につづく・・・
プロフィール

YUKA

Author:YUKA
都内在住・夫婦二人暮らし。
多趣味な夫にわりとついていく私のおぼえがき日記です。
旅日記は旅先からのリアルタイム更新を心がけています。
(しかし最近は家に帰ってからノロノロと更新することも増えました…)

リンクフリー。コメント大歓迎。
※本ブログのリンク集は都合により現在非表示にしています





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
はじめまして (1)
日記 (42)
女子の集い (24)
なおやん帖 (13)
読んだり観たり (30)
入院・術後日記 (15)
東京おでかけ帖 (10)
★旅日記★ (688)
2017年10月 長野車中泊 (5)
2017年09月 東北車中泊 (11)
2017年09月 長野・北海道 (21)
2017年08月 豊橋・飯田線 (5)
2017年08月 山形花火大会 (4)
2017年08月 東北まつり旅 (12)
2017年07月 京都 (10)
2017年07月 長野・新潟 (4)
2017年07月 沖縄 (13)
2017年06月 東北うろうろ (18)
2017年06月 沖縄 (14)
2017年05月 観音崎 (3)
2017年05月 四国ふたたび (20)
2017年04月 四国うろうろ (26)
2017年04月 東北ぶらり旅 (15)
2017年04月 中部鉄道旅 (12)
2017年03月 新潟・山形 (12)
2017年02月 盛岡・松川温泉 (14)
2017年02月 北海道・塩狩峠 (17)
2017年01月 中の湯温泉 (8)
2017年01月 房総鉄道旅 (3)
2017年01月 京都 (15)
2017年01月 北陸 (12)
2017年01月 銚子・初日の出号 (5)
2016年12月 新潟 (9)
2016年12月 松本 (3)
2016年12月 香港 (22)
2016年11月 北海道 (10)
2016年11月 茨城 (9)
2016年10月 松本・安曇野 (8)
2016年10月 長野 (12)
2016年09月 郡山・会津若松 (6)
2016年09月 静岡・浜松 (6)
2016年09月 東北うろうろ (16)
2016年08月 南房総 (4)
2016年08月 南房総 (5)
2016年08月 福島 (7)
2016年08月 山形花笠祭り (8)
2016年07月 青森・北海道 (19)
2016年07月 南房総 (9)
2016年06月 沖縄 (15)
2016年06月 東北・国鉄485系 (10)
2016年06月 盛岡 (7)
2016年06月 ELレトロ福島号 (5)
2016年05月 会津若松 (8)
2016年05月 広島帰省 (3)
2016年04月 台湾一周旅 (18)
2016年04月 沼津・三島 (2)
2016年03月 北海道・はまなす (16)
2016年02月 北海道・塩狩峠 (15)
2016年01月 北海道・塩狩峠 (14)
2016年01月 京都 (11)
2016年01月 青森・北海道 (18)
2016年01月 松本・浅間温泉 (8)
2015年12月 北海道 (17)
2015年11月 北海道 (10)
2015年10月 黒川温泉・大分 (12)
2015年09月 大分 (10)
2015年09月 村上・酒田・秋田 (9)
2015年09月 長野 (5)
2015年08月 横川・軽井沢・上田 (7)
2015年07月 台湾一周旅 (20)
2015年07月 沖縄 (16)
月別アーカイブ
検索フォーム